• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

【米百俵プレイス(仮称)】人づくり・学び・交流エリアの整備

大手通坂之上町地区市街地再開発事業で「米百俵プレイス(仮称)人づくり・学び・交流エリアを整備します。
市街地再開発事業の概要はこちら

トピックス

施設空間イメージ

VR動画【再生(YouTubeが開きます)】 模型動画【再生(YouTubeが開きます)】
「VR動画」の画像
▲エリアの施設内部を歩いているような体験
ができるVR(ヴァーチャルリアリティ)
アニメーション
「模型動画」の画像
▲3階まちなか図書館エリアの模型写真で
動画を作成しました

※ 現在のイメージであり、施設内の配置やエリア、部屋の名称は今後変更されることがあります。

人づくり・学び・交流エリアについて

 人づくり・産業振興を総がかりで支える地方創生の拠点として、「人づくり・学び・交流エリア」を整備します。
 まちなか図書館や子どもラボ、若者ラボなど多様なアクティビティを促進する機能や、産業人の育成や産業基盤の強化・新技術の開発に資する機能の導入を図ります。
 平成30年度に基本計画を含む基本設計を実施し、令和元年度から令和2年度にかけて、内装の実施設計を実施しました。

「人づくり・学び・交流エリア3階のイメージ図」の画像
▲人づくり・学び・交流エリア3階のイメージ図

基本方針・コンセプト

「人づくり と 産業振興」 を 総がかりで支える地方創生の拠点
未来へつなぐ新しい米百俵
- 長岡の歴史や文化、まちづくりの精神で新たな価値を創造する

「基本方針・コンセプト」の画像

※米百俵プレイス(仮称)「人づくり・学び・交流エリア」の目指すコンセプト(PDF
※市政だよりでもお知らせしています。(PDF版HTML版

施設配置

「施設配置」の画像1
「施設配置」の画像2

策定済みの計画等

主な導入機能

■ 人づくり・学び 新しいスタイルの図書館
まちなか図書館、子どもラボ、若者ラボ、歴史人物史展示
・まちなか(中心市街地)に相応しい、新しい図書館
・子どもラボ、若者ラボなど将来を考えるきっかけとなるプログラムを実施
詳しい平面図・機能はこちら

■ 産業振興 産業人の育成と産業基盤の強化の拠点
経営相談・起業支援機能、教室・階段ライブラリー、ファブラボ、オープンイノベーションエリア、サロン、ギャラリーラボなど
・大学や産業界との交流・連携を促進することで、産業人の育成や商品・サービスの開発を促す
・学生や若者が起業しやすい環境を提供することで新しいビジネスの創出を促す
詳しい平面図・機能はこちら

■ にぎわい 回遊性を高めるにぎわいを創出
米百俵スクエア(仮称)、グランパッサージュ、バンクホール、屋上庭園など
・まちなか(中心市街地)のにぎわいを創出する活発な交流が生まれる付加機能
詳しい平面図・機能はこちら

長岡の歴史と文化を継承し、新たな価値を付加して未来へ

米百俵プレイス(仮称)を整備する地区は、「米百俵の精神」から生まれた国漢学校の跡地という歴史的な場所です。またこの施設には、互尊文庫(市立図書館)が移転します。大正7年(1918)に開館した初代互尊文庫は、産業人の修養の場として長岡の産業の発展に寄与しました。人づくり・学び・交流エリアでは、こういった歴史と文化を継承し、新たな人づくり・産業振興の拠点として整備します。
※ 市政だよりでもお知らせしています。(PDF版HTML版

「息づく歴史」のボタン
「未来へ継承」のボタン

かつて先人は未来を⾒据え、⻑岡のまちの礎を築きました。そして今も同じ志を持って活躍する人がいます。次代を担う若者たちへその想いを伝え、未来へとつなぐ「米百俵プレイス(仮称)」への期待の声と魅力を紹介します。

「市政だより2020年8月号」の画像
「市政だより2020年9月号」の画像
「市政だより2020年10月号」の画像
「市政だより2020年11月号」の画像
「市政だより2020年12月号」の画像
「市政だより2021年1月号」の画像
「市政だより2021年2月号」の画像
「市政だより2021年3月号」の画像
イラスト:恩田周子

これまでの経緯

このページの担当

中心市街地整備室
TEL:0258-39-2807  FAX:0258-39-2827
メール:shigaichi-seibi@city.nagaoka.lg.jp