• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

生ごみバイオガス化事業

施設概要
施設の稼働状況
事業の概要
事業の効果
施設の見学等
施設からのお願い
これまでの取り組み
長岡バイオキューブ
EV充電スタンド
EV充電スタンド

 平成25年7月から本格的に動きだした「生ごみバイオガス発電センター」の稼働状況をお知らせします。
 この施設は、燃やすごみの量を大幅に削減することを目的として、生ごみをバイオ処理により資源化することで、低炭素化社会の構築や再生可能エネルギーの利用促進も図られることから、今後のエネルギー対策のモデルとして国内だけでなく、アジア各国からも注目されています。
 また、平成26年7月から施設で発電した電気は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、余剰電力を電力会社へ送電しています。

施設の概要

施設名称 生ごみバイオガス発電センター
所在地 長岡市寿3丁目6番1号
「長岡市環境衛生センター」敷地内
構成 工場棟:地下1F、1F、2Fコンクリート構造
その他、水槽、発酵槽、ガスホルダー
処理能力 65トン/日(発酵対象55トン/日)
処理方式 湿式メタン発酵設備+バイオガス発電設備(560kW)
長岡市生ごみバイオガス化施設
生ごみバイオガス発電センターの稼動状況
発酵槽
※1 発酵槽
発酵槽でバイオガスを発生
ガスエンジン発電機
※2 ガスエンジン発電機
発生したバイオガスを発電に利用
FIT設備
※3 FIT設備
発電した電気の余剰分を
電力会社に送電
電気自動車用急速充電器
※4 電気自動車用急速充電器
発電した電気をEV・PHVに利用
(利用開始:平成28年3月1日)

施設の稼動状況

 生ごみの分別収集に対する皆様のご協力により、生ごみバイオガス発電センターは、順調に稼動しています。

生ごみ収集開始に伴う「燃やすごみ」・「生ごみ」の年度比較

「燃やすごみ」・「生ごみ」の年度比較

※グラフ中の( )内は、平成24年度を基準年として、生ごみの分別収集開始前と開始後の各年度を比較したものです。
※生ごみに含まれる紙おむつやポリ袋等の発酵に向かない不適物は、燃やすごみに加算しています。

施設の稼動状況

【平成28年度】

稼動月 生ごみ処理量
(t)
発酵不適物
(t)
バイオガス
発生量
(N㎥)
発電電力
(kWh)
送電電力
(kWh)
4月 1,147 279 177,414 207,100 188,620
5月 1,155 269 196,673 231,290 192,900
合計 2,302 548 374,087 438,390 381,520
施設の稼動状況

※平成25年度は、9か月間(平成25年7月~平成26年3月)の実績です。
※生ごみ処理量は出雲崎町を合わせた処理量です。この中には、紙おむつやポリ袋等の発酵に向かない不適物が含まれており、施設で機械分別したあと、発酵不適物を寿ごみ焼却施設に運んで焼却します。グラフ中の平成28年度の( )内は、計画量です。
※平成26年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、余剰電力を電力会社へ送電しています。

事業の概要

 従来のごみ焼却、燃やした後の焼却灰の埋め立てといった処理方式を資源化に転換。
 生ごみを微生物の働きで発酵・分解し、発生するバイオガスを発電に利用。また、ガスだけでなく、発酵残さ(残りかす)も民間のセメント工場などの燃料として売却するので、生ごみを無駄なく100%利用。
 1日65トンの生ごみを処理でき、この処理量は全国の自治体では最大規模!

事業の効果

  1. 燃やすごみ量の減少
    ⇒平成24年度と比較すると平成27年度の燃やすごみ量が約2割減少
  2. ごみ焼却施設の統廃合、燃やした後の焼却灰を埋め立てる最終処分場の延命
    ⇒15年間で約35億円の削減
  3. 二酸化炭素排出量の削減
    ⇒平成27年度は756トンの二酸化炭素を削減(一般家庭の約160世帯分)
  4. 発生したバイオガスの発電利用
    ⇒平成27年度は268万キロワットアワーを発電(一般家庭の約650世帯分)
  5. 環境教育の場の創出
    ⇒最先端施設として、子どもたちの見学を受け入れ

施設の見学等

 生ごみバイオガス発電センターの見学を希望される方は、環境施設課(電話:24-2838)までお問い合わせください。

【平成28年度】

期間 市内 県内 県外 合計
4月~5月
(団体数)
128
(4)
0
(0)
77
(10)
205
(14)

施設からのお願い

 生ごみバイオガス発電センターで処理できない不適物(衣類、新聞、チラシ、雑誌、ビン・缶、石など)が生ごみと一緒に出されたため、機械が破損する事故が相次いでいます。
 生ごみの日には、「生ごみと紙おむつ」以外は出さないでください!

入れてはいけないもの

衣類
▲衣類
毛布
▲毛布
新聞、チラシ
▲新聞、チラシ
雑誌
▲雑誌
ビン・缶
▲ビン・缶
石
▲石

このページの担当

環境施設課
TEL:0258-24-2838  FAX:0258-24-6553
メール:kankyosi@city.nagaoka.lg.jp