• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

生ごみバイオガス化事業

施設概要
事業の効果
施設の稼働状況
施設の視察申込
施設からのお願い
これまでの取り組み
EVご利用時間
長岡バイオキューブ

 平成25年7月に生ごみバイオガス発電センターが本格稼働、平成16年から市民協働でごみの分別に取り組み、地域性に適した生ごみバイオガス化による資源化と有効活用により、様々なメリットが生まれています。
 1日65トンの生ごみを処理することができ、全国の自治体では最大規模の生ごみバイオガス発電センターは、今後の廃棄物系バイオマス利活用の導入システムの一例として、国内だけでなく海外からも注目されている環境にやさしい再生可能エネルギーの拠点施設です。
 ※主な事業契約の内容はこちら

施設の概要

施設名称 生ごみバイオガス発電センター
所在地 長岡市寿3丁目6番1号
「長岡市環境衛生センター」敷地内
構成 工場棟:地下1F、1F、2Fコンクリート構造
その他、水槽、発酵槽、ガスホルダー
処理能力 65トン/日(発酵対象55トン/日)
処理方式 湿式メタン発酵設備+バイオガス発電設備(560kW)
長岡市生ごみバイオガス化施設

【配置図】

生ごみバイオガス発電センターの稼動状況
発酵槽
※1 発酵槽
発酵槽でバイオガスを発生
ガスエンジン発電機
※2 ガスエンジン発電機
発生したバイオガスを発電に利用
FIT設備
※3 FIT設備
発電した電気の余剰分を
電力会社に送電
電気自動車用急速充電器
※4 電気自動車用急速充電器
発電した電気をEV・PHVに利用
(利用開始:平成28年3月1日)

事業の効果

1. 燃やすごみ量の減少

⇒平成24年度と比較すると平成27年度の燃やすごみ量が約2割減少

燃やすごみ量の減少

※グラフ中の( )内は、平成24年度を基準年として、生ごみの分別収集開始前と開始後の各年度を比較したものです。
※生ごみに含まれる紙おむつやポリ袋等の発酵に向かない不適物は、燃やすごみに加算しています。

2. ごみ焼却施設の統廃合、燃やした後の焼却灰を埋め立てる最終処分場の延命

⇒栃尾クリーンセンターのごみ焼却施設を平成25年10月末に停止し、焼却施設を3から2へ統廃合
 燃やすごみの削減により、燃やした後の焼却灰が約1割減少

3. 二酸化炭素排出量の削減

⇒平成27年度は756トンの二酸化炭素を削減(一般家庭の約160世帯分)

4. 発生したバイオガスの発電利用

⇒平成27年度は268万キロワットアワーを発電(一般家庭の約650世帯分)

5. 「生ごみから生まれた電気」を電力会社へ送電

⇒「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、余剰電力を電力会社へ送電
 平成27年度は234万キロワットアワーを送電(一般家庭の約570世帯分)

6. 電気自動車(EV・PHV)用急速充電器の設置

⇒施設内に「生ごみから生まれた電気」を使い、電気自動車(EV・PHV)用急速充電器を設置

【平成28年の利用状況】

期間 充電量
(kwh)
利用数
(台)
内訳
市内 県内 県外 その他
3~H29.2月 10,531 1,006 748 208 41 9

※利用申込書の記載がないものは、その他としています。
電気自動車(EV・PHV)用急速充電器のご利用についてはこちら

7. 発酵残渣の有効利用

⇒平成27年度は381トンを民間のセメント工場などの燃料として売却

8. 環境教育の場の創出

⇒最先端施設として、子どもたちの見学を受け入れ

【平成28年度の施設の見学者数】

期間 市内 県内 県外 合計
4月~H19.2月
(団体数)
2,274
(53)
203
(12)
574
(67)
3,051
(132)

施設の稼働状況

【平成28年度】

稼動月 生ごみ処理量
(t)
発酵不適物
(t)
バイオガス
発生量
(N㎥)
発電電力
(kWh)
送電電力
(kWh)
4月 1,147 279 177,414 207,100 188,620
5月 1,155 269 196,673 231,290 192,900
6月 1,055 248 184,532 218,900 188,770
7月 1,356 319 205,064 240,650 208,640
8月 1,515 366 224,630 243,330 211,210
9月 1,251 284 212,377 240,860 206,200
10月 1,185 280 202,112 246,520 217,650
11月 1,159 284 182,490 235,440 209,590
12月 1,215 302 183,054 229,780 203,810
1月 1,091 269 145,288 129,000 115,960
2月 1,020 264 168,908 219,770 195,610
合計 13,149 3,164 2,082,542 2,442,640 2,138,960
施設の稼動状況

※平成25年度は、9か月間(平成25年7月~平成26年3月)の実績です。
※生ごみ処理量は出雲崎町を合わせた処理量です。この中には、紙おむつ類やポリ袋等の発酵に向かない不適物が含まれており、施設で機械分別したあと、発酵不適物を寿ごみ焼却施設に運んで焼却します。グラフ中の平成28年度の( )内は、計画量です。
※生ごみ1t当たりのバイオガス発生量150N㎥(メタン濃度50%)を基準にしています。
※平成26年7月から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用し、余剰電力を電力会社へ送電しています。

施設の視察申込

 生ごみバイオガス発電センターの見学を希望される方は、環境施設課(電話:0258-24-2838)までお問い合わせください。
 視察・見学の日程については、ご希望に添えない場合がございます。
 申込書のほか、依頼文の提出もお願いいたします。
 申込内容に変更が生じた場合やキャンセルされる場合は、環境施設課まで、ご連絡をお願いいたします。

 ※視察申込書のダウンロードはこちら EXCELファイルEXCELファイル (EXCEL 31KB)

サウジアラビアからの視察の様子
▲サウジアラビアからの視察の様子
韓国からの視察の様子
▲韓国からの視察の様子

施設からのお願い

 生ごみバイオガス発電センターで処理できない不適物(衣類、新聞、チラシ、雑誌、びん・缶、石など)が生ごみと一緒に出されたため、機械が破損する事故が相次いでいます。生ごみ分別にご協力をお願いいたします。
 生ごみの日には、「生ごみと紙おむつ類」以外は出さないでください!

入れてはいけないもの

衣類
▲衣類

古着・古布の日に出しましょう
詳細はこちら
※汚れや破れがあるものは、燃やすごみの日に出しましょう
詳細はこちら

毛布
▲毛布

古着・古布の日に出しましょう
詳細はこちら
※汚れや破れがあるものは、50cm四方に切って、燃やすごみの日に出しましょう。
詳細はこちら
※切れない場合は、粗大ごみに申し込みましょう。
詳細はこちら

新聞、チラシ
▲新聞、チラシ

新聞、雑誌・チラシ、段ボールの日に出しましょう
詳細はこちら

雑誌
▲雑誌

新聞、雑誌・チラシ、段ボールの日に出しましょう
詳細はこちら

びん・缶
▲びん・缶

水で洗って、びん・缶・ペットボトルの日に出しましょう
詳細はこちら

石
▲石

出せません!許可業者に収集を依頼しましょう
詳細はこちら

このページの担当

環境施設課
TEL:0258-24-2838  FAX:0258-24-6553
メール:kankyosi@city.nagaoka.lg.jp