ようこそ「米百俵」のまち長岡へ

  • 「消雪パイプ」発祥の地

    『「消雪パイプ」発祥の地』の画像

    地下水を使って雪を溶かす消雪パイプは、昭和36年に全国で初めて道路に設置。発明者は米菓「柿の種」で知られる浪花屋製菓の創業者・今井與三郎さんです。

  • “火焔土器”は長岡だけ

    『“火焔土器”は長岡だけ』の画像

    全国に火焔型土器は数あれど火焔土器の名称は昭和11年に馬高遺跡で発掘された1つの土器のみ(国指定重要文化財)。馬高縄文館で展示しています。

  • 「錦鯉」発祥の地

    『「錦鯉」発祥の地』の画像

    山古志・川口地域などの一帯が発祥の地で、その歴史は約200年以上。品種は研究・改良で100種にも及びます。海外でも人気が高く、輸出先は50カ国超。

  • 約2kmの復興祈願花火
    フェニックス

    『約2kmの復興祈願花火フェニックス』の画像

    平成16年の中越大震災からの復興への祈りを込めて、翌年の長岡まつり大花火大会で誕生しました。平原綾香さんの「Jupiter」にのせ、開花幅約2kmの花火絵巻は圧巻。

  • アオーレの設計者は
    あの隈研吾さん

    『アオーレの設計者はあの隈研吾さん』の画像

    日本建築学会賞などを受賞する「アオーレ長岡」の設計者は、東京2020五輪・パラリンピックのメインスタジアム“国立競技場”の設計に携わった隈研吾さんです。

  • ご当地ラーメンは
    生姜醤油

    『ご当地ラーメンは生姜醤油』の画像

    ラーメン激戦区の長岡で古くから根付いている味。醤油味のスープに生姜の風味が利いていて、寒い日は体が温まります。近年は東京への進出も。

  • 赤飯は茶色!?

    『赤飯は茶色!?』の画像

    赤飯は一般的にピンク色ですが、長岡では醤油で味付けした茶色のおこわが主流です。理由は、醤油造りが盛んだったなど、諸説あり。

  • 「柿の種」

    『「柿の種」』の画像

    今では数多くのメーカーから発売されている米菓「柿の種」。考案したのは、長岡の企業・浪花屋製菓です。1924年、今から90年以上も前のこと。

  • 全国屈指の酒蔵数

    『全国屈指の酒蔵数』の画像

    日本酒の酒蔵数日本一の新潟県で最多の16酒蔵。平成26年、新潟県内初の「長岡市日本酒で乾杯を推進する条例」を制定しました。

  • 大河ドラマ「天地人」
    直江兼続ここにあり

    『大河ドラマ「天地人」直江兼続ここにあり』の画像

    平成21年のNHK大河ドラマの主人公となった兼続は、長岡(与板)の戦国武将。代名詞「愛の前立て」の甲冑(複製)は与板歴史民俗資料館で展示しています。

  • ビール会社を創立、
    発展させる

    『ビール会社を創立、発展させる』の画像

    アサヒビールの前身・大阪麦酒会社を創立した外山脩造、ドイツでビール醸造技術を修めた初の日本人で、サッポロビールの前身・北海道開拓使麦酒醸造所の開業に尽力した中川清兵衛、キリンビールの会長を務めた佐藤保三郎。いずれも長岡出身です。

  • 日本トップクラス、
    おいしいお米

    『日本トップクラス、おいしいお米』の画像

    米の農業産出額全国3位を誇る米どころ。化学肥料や農薬を減らした有機・特別栽培で生産された安全安心なお米は、全国コンテストで最優秀賞を受賞する日本一のおいしさです。

  • 27万人都市に、
    基幹病院が3つ

    『27万人都市に、基幹病院が3つ』の画像

    生活の安心につながる「医療の確保」。3つの基幹病院が連携し、救急時の病院への搬送は連絡1回目で92%、2回目でほぼ100%で「たらい回しゼロ」です。

  • 大坂なおみ選手も愛用
    長岡産ラケット

    『大坂なおみ選手も愛用 長岡産ラケット』の画像

    '18・'20全米、'19・'21全豪を制覇した大坂選手が使用するラケットは、長岡で創業した世界的企業「ヨネックス」が市内で製造。偉業の陰には、長岡の技術力がありました。

  • 1,000年の伝統
    牛の角突き

    『1,000年の伝統牛の角突き』の画像

    その勇壮さが滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」にも登場するなど、およそ1,000年の歴史を持つと言われています。戦いが最高潮に達した時に「引き分け」るのが特徴です。

  • 日本一の長さの
    手掘りトンネル

    『日本一の長さの手掘りトンネル』の画像

    昭和初期に掘られた「中山隧道」は長さ877m、日本一長い手掘りトンネル。今もつるはしの痕跡が残ります。平成18年、土木学会選奨土木遺産に選ばれました。

  • 世界大会も開催する、
    枝豆の一大産地

    『世界大会も開催する、枝豆の一大産地』の画像

    枝豆の作付面積全国1位の新潟県。中でも長岡は、“越一寸”や“肴豆”など多彩な品種の栽培に加え、「世界えだまめ早食い選手権」を開催するなど官民一体で盛り上がる産地です。

  • 長岡の魅力を
    もっと知りたい人は
    ウェブメディア
    「な!ナガオカ」

    『ウェブメディア「な!ナガオカ」』の画像