• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

震災がれき焼却関連

最終更新日 2017年4月1日

災害廃棄物の本焼却結果

本焼却実施期間 平成25年2月18日から3月13日まで(実焼却日数13日間)
本焼却量(13日間分) 岩手県大槌町の木質系チップ19.76トン
放射性物質等の検査・測定結果 飛灰の放射性セシウム濃度は、基準値よりも極めて低く、排ガスからも検出されませんでした。また、空間放射線量率についても、通常の範囲内でした。

災害廃棄物焼却日及び焼却量

(単位:トン)

焼却日 2/18 2/19 2/20 2/25 2/26 2/27 3/4
焼却量 1.43 1.45 1.46 1.60 1.57 1.49 1.44
焼却日 3/5 3/6 3/7 3/11 3/12 3/13 合計
焼却量 1.49 1.61 1.63 1.54 1.55 1.50 19.76

放射性セシウム濃度

(単位:ベクレル/㎏)

①飛灰(ばいじん) 15.6~18.5 5市の基準値以下
(100ベクレル/㎏)
②排ガス 不検出

空間放射線量率

(単位:マイクロシーベルト/時間)

①栃尾クリーンセンター敷地境界(5地点) 0.04~0.09 新潟県が定めている
通常の範囲内
(0.016~0.16マイクロシーベルト/時間)
②周辺5地点 0.01~0.06

長岡市災害廃棄物の本焼却に係る測定結果

栃尾クリーンセンター敷地内の測定結果

1. 栃尾クリーンセンター敷地内の測定場所

「栃尾クリーンセンター敷地内の測定場所」の画像
2. 栃尾クリーンセンター敷地内の測定結果

(1)栃尾クリーンセンター敷地境界の放射線量率測定結果

 ・測定機器、形式名: シンチレーションサーベイメーター、日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾クリーンセンター
敷地境界:5地点
H25.2.18 13:04 ①~⑤ 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.2.19 13:30 ①~⑤ 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間
H25.2.20 13:10 ①~⑤ 0.07~0.09マイクロシーベルト/時間
H25.2.25 13:13 ①~⑤ 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 13:10 ①~⑤ 0.04~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.2.27 13:10 ①~⑤ 0.05マイクロシーベルト/時間
H25.3.4 15:38 ①~⑤ 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 13:50 ①~⑤ 0.04~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.6 13:20 ①~⑤ 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.7 13:11 ①~⑤ 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.11 13:30 ①~⑤ 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 13:05 ①~⑤ 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.13 13:48 ①~⑤ 0.05~0.07マイクロシーベルト/時間

※①~⑤地点の測定値

(2)栃尾クリーンセンター敷地内の放射能濃度測定結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器 / Canberra製 GC4020・GC2020
測定容器の名称と形式 / 2L マリネリ
「放射能濃度等測定方法ガイドライン」(平成23年12月第1版、環境省)
「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年改訂、文部科学省)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター

①雨水排水の放射能濃度

測定場所 測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター
敷地内:雨水排水
H25.02.20 敷地内の雨水排水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.59) (0.56)
H25.03.13 敷地内の雨水排水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.60) (0.67)

②側溝汚泥の放射能濃度

測定場所 測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター
敷地内:側溝汚泥
H25.02.20 敷地内の側溝汚泥 1.0 2.3 3.3
(検出下限値:Bq/kg) (0.66) (0.74)
H25.03.13 敷地内の側溝汚泥 不検出 1.1 1.1
(検出下限値:Bq/kg) (0.91) (0.90)

栃尾クリーンセンター周辺環境の測定結果

1. 栃尾クリーンセンター周辺環境の測定場所

「栃尾クリーンセンター周辺環境の測定場所」の画像

2. 栃尾クリーンセンター周辺の測定結果

(1)栃尾クリーンセンター周辺の放射線量率測定結果

 ・測定機器、形式名: シンチレーションサーベイメーター、日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
施設名称 測定日 測定時間 測定結果[μSv/h]
空間線量率
①栃尾クリーンセンター H25.2.19 13:16 0.02マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 15:27 0.01~0.03マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 16:05 0.02~0.03マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 13:34 0.01~0.02マイクロシーベルト/時間
②鴉ケ島浄化センター H25.2.19 14:09 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 15:12 0.03~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 15:50 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 15:12 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間
③楡原地内公園 H25.2.19 14:21 0.02マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 15:02 0.01マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 15:40 0.01~0.02マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 14:30 0.02マイクロシーベルト/時間
④上樫出市道付近 H25.2.19 14:40 0.02マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 14:30 0.01~0.03マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 14:54 0.01マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 15:19 0.01~0.02マイクロシーベルト/時間
⑤栃尾最終処分場 H25.2.19 14:55 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 14:45 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 14:13 0.04~0.05マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 14:50 0.04~0.06マイクロシーベルト/時間
⑥小貫市道付近 H25.2.19 15:45 0.01~0.02マイクロシーベルト/時間
H25.2.26 15:45 0.01~0.03マイクロシーベルト/時間
H25.3.5 16:30 0.01~0.02マイクロシーベルト/時間
H25.3.12 15:40 0.02マイクロシーベルト/時間

※土壌(雪)を採取した雪上で放射線量率を測定

(2)栃尾クリーンセンター周辺の土壌(雪)測定結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器 / Canberra製 GC2020
測定容器の名称と形式 / 2L マリネリ
「放射能濃度等測定方法ガイドライン」(平成23年12月第1版、環境省)
「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年改訂、文部科学省)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
①栃尾クリーンセンター
敷地内:土壌(雪)
H25.02.21 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.79) (0.61)
H25.03.14 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.66) (0.48)
②鴉ケ島浄化センター
周辺:土壌(雪)
H25.02.21 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.73) (0.72)
H25.03.14 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.73) (0.67)
③楡原地内公園
周辺:土壌(雪)
H25.02.21 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.77) (0.72)
H25.03.14 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.75) (0.57)
④上樫出市道付近
周辺:土壌(雪)
H25.02.21 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.94) (0.92)
H25.03.14 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.89) (0.72)
⑤栃尾最終処分場
周辺:土壌(雪)
H25.02.21 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.65) (0.61)
H25.03.14 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.77) (0.74)
⑥小貫市道付近
周辺:土壌(雪)
H25.02.21 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.78) (0.89)
H25.03.14 敷地内の土壌(雪) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.59) (0.57)

栃尾クリーンセンター焼却施設内の測定結果

1. 栃尾クリーンセンター焼却施設内の測定場所

「栃尾クリーンセンター焼却施設内の測定場所」の画像

※平成13,14年度のダイオキシン対策工事に伴い、設備の一部が変更されています。

2. 栃尾クリーンセンター焼却施設内の放射能濃度等測定結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器 / Canberra製 GC4020・GC2020
測定容器の名称と形式 / 2L マリネリ
「放射能濃度等測定方法ガイドライン」(平成23年12月第1版、環境省)
「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年改訂、文部科学省)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター

①災害廃棄物(震災がれき)の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター H25.02.20 災害廃棄物(震災がれき) 1.7 3.1 4.8
(検出下限値:Bq/kg) (0.78) (0.90)
H25.02.26 災害廃棄物(震災がれき) 2.1 3.9 6.0
(検出下限値:Bq/kg) (0.98) (0.90)
H25.03.05 災害廃棄物(震災がれき) 1.3 2.3 3.6
(検出下限値:Bq/kg) (0.99) (0.81)
H25.03.12 災害廃棄物(震災がれき) 1.4 2.1 3.5
(検出下限値:Bq/kg) (0.79) (0.79)

②通常ごみの放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター H25.02.20 通常ごみ 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.97) (0.86)
H25.03.06 通常ごみ 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.91) (0.98)

③冷却水(噴射水)の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター H25.02.20 冷却水(噴射水) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.57) (0.66)
H25.03.13 冷却水(噴射水) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.65) (0.58)

④主灰(焼却灰等燃え殻)の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター H25.02.20 主灰(焼却灰等燃え殻) 不検出 1.3 1.3
(検出下限値:Bq/kg) (0.88) (0.99)
H25.02.27 主灰(焼却灰等燃え殻) 不検出 2.0 2.0
(検出下限値:Bq/kg) (0.90) (0.92)
H25.03.06 主灰(焼却灰等燃え殻) 0.84 1.7 2.54
(検出下限値:Bq/kg) (0.80) (0.65)
H25.03.13 主灰(焼却灰等燃え殻) 0.79 1.8 2.59
(検出下限値:Bq/kg) (0.72) (0.75)

⑤主灰(焼却灰等燃え殻)の重金属類溶出試験

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[mg/l]
主灰の有害物質溶出量 産廃の燃え殻・ばいじんの埋立基準
栃尾クリーンセンター H25.02.19 アルキル水銀化合物 不検出 不検出
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
水銀又はその化合物 0.0005未満 0.005以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
カドミウム又はその化合物 0.005未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.005)
鉛又はその化合物 0.02未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.02)
六価クロム化合物 0.04未満 1.5以下
(定量下限値:mg/l) (0.04)
砒素又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
PCB 0.0005未満 0.003以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
セレン又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
シアン化合物 0.02未満
(定量下限値:mg/l) (0.02)

⑥飛灰(ばいじん)の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター H25.02.20 飛灰(ばいじん) 4.9 11 15.9
(検出下限値:Bq/kg) (0.88) (0.98)
H25.02.27 飛灰(ばいじん) 6.5 12 18.5
(検出下限値:Bq/kg) (0.85) (0.91)
H25.03.06 飛灰(ばいじん) 5.8 12 17.8
(検出下限値:Bq/kg) (0.76) (0.94)
H25.03.13 飛灰(ばいじん) 4.6 11 15.6
(検出下限値:Bq/kg) (0.69) (0.81)

⑦飛灰(ばいじん)の重金属類溶出試験

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[mg/l]
主灰の有害物質溶出量 産廃の燃え殻・ばいじんの埋立基準
栃尾クリーンセンター H25.02.19 アルキル水銀化合物 不検出 不検出
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
水銀又はその化合物 0.0005未満 0.005以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
カドミウム又はその化合物 0.005未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.005)
鉛又はその化合物 0.03 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.02)
六価クロム化合物 0.04未満 1.5以下
(定量下限値:mg/l) (0.04)
砒素又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
PCB 0.0005未満 0.003以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
セレン又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
シアン化合物 0.02未満
(定量下限値:mg/l) (0.02)

⑧飛灰(ばいじん)のダイオキシン類濃度測定

施設名称 測定日 測定対象 測定結果
[ng-TEQ/g]
基準値
栃尾クリーンセンター H25.02.20 ダイオキシン類 1号炉 1
2号炉 2.0

※ダイオキシン類測定は、分析に1ヶ月程度時間を要するため、2号炉のみの測定(1号炉は試験焼却時に測定)

⑨排ガス中の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/m3]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾クリーンセンター H25.02.21 排ガス計 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.54) (0.56)
H25.02.28 排ガス計 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.54) (0.58)
H25.03.08 排ガス計 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.43) (0.36)
H25.03.13 排ガス計 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.60) (0.52)

⑩排ガス中のダイオキシン類濃度測定

施設名称 測定日 測定対象 測定結果
[ng-TEQ/Nm3]
基準値
栃尾クリーンセンター H25.02.20 ダイオキシン類 1号炉 1
2号炉 0.063

※ダイオキシン類測定は、分析に1ヶ月程度時間を要するため、2号炉のみの測定(1号炉は試験焼却時に測定)

栃尾最終処分場内の測定結果

1. 栃尾最終処分場内の測定場所

「栃尾最終処分場内の測定場所」の画像

2. 栃尾最終処分場内の測定結果

(1)栃尾最終処分場 敷地境界放射線量率の測定結果

 ・測定機器、形式名: シンチレーションサーベイメーター、日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾最終処分場
敷地境界:5地点
H25.2.22 16:28 ①~④ 0.03~0.05マイクロシーベルト/時間
16:20 0.05~0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.1 16:05 ①~④ 0.04~0.06マイクロシーベルト/時間
16:00 0.06~0.07マイクロシーベルト/時間
H25.3.8 15:34 ①~④ 0.03~0.05マイクロシーベルト/時間
15:58 0.06マイクロシーベルト/時間
H25.3.14 10:23 ①~④ 0.04~0.06マイクロシーベルト/時間
10:50 0.04~0.06マイクロシーベルト/時間

(2)栃尾最終処分場敷地内の放射能濃度測定結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器 / Canberra製 GC2020
測定容器の名称と形式 / 2L マリネリ
「放射能濃度等測定方法ガイドライン」(平成23年12月第1版、環境省)
「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年改訂、文部科学省)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター

①井戸:上流・下流の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾最終処分場
井戸:上流・下流
H25.02.20 敷地内の井戸水(上流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.86) (0.72)
敷地内の井戸水(下流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.62) (0.56)
H25.02.26 敷地内の井戸水(上流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.83) (0.83)
敷地内の井戸水(下流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.59) (0.69)
H25.03.06 敷地内の井戸水(上流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.86) (0.87)
敷地内の井戸水(下流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.69) (0.69)
H25.03.12 敷地内の井戸水(上流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.80) (0.79)
敷地内の井戸水(下流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (1.0) (0.89)

②浸出水・固形塩・脱水汚泥の放射能濃度

施設名称 測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
栃尾最終処分場
浸出水
H25.02.26 処理施設内の浸出水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.65) (0.54)
H25.03.06 処理施設内の浸出水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.77) (0.85)
栃尾最終処分場
固形塩
H25.02.26 処理施設内の固形塩 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.87) (0.97)
H25.03.06 処理施設内の固形塩 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.81) (0.97)
栃尾最終処分場
脱水汚泥
H25.02.26 処理施設内の脱水汚泥 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (1.0) (1.0)
H25.03.06 処理施設内の脱水汚泥 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.62) (0.84)

東日本大震災による災害廃棄物の本焼却開始について

試験焼却で安全性が確認されため、本日(平成25年2月18日)栃尾地域住民立会いのもと、岩手県大槌町で発生した災害廃棄物の本焼却を開始しましたので、お知らせいたします。

本焼却開始日等

本焼却開始日 本焼却開始時間 本焼却開始日の焼却量(t)
平成25年2月18日 11時00分(16時間焼却) 1.43 t

本焼却の期間

平成25年2月18日(月曜日)から3月末まで

本焼却量等

(1)1日1回につき、約1.5トンの木質系チップを通常の一般ごみ約27トンに混ぜて焼却します。
(2)総量は19.5トンです。(新潟市から搬入した木質系チップ)

放射能等の測定

災害廃棄物の広域処理にかかる放射能等測定を実施します。なお結果については、判明次第公表いたします。

長岡市災害廃棄物本焼却(震災がれき搬入時)の放射線量率測定結果

震災がれき搬入時の放射線量率

(1)栃尾クリーンセンター(焼却施設)及び栃尾リサイクルセンター(災害廃棄物一時保管場所)の位置図

「栃尾クリーンセンター(焼却施設)及び栃尾リサイクルセンター(災害廃棄物一時保管場所)の位置図」の画像

(2)栃尾リサイクルセンター(災害廃棄物一時保管場所)放射線量率の測定位置

「栃尾リサイクルセンター(災害廃棄物一時保管場所)放射線量率の測定位置」の画像

※●は、震災がれき搬入前にプラットホーム中央でバッググランドとして測定した位置

(3)栃尾リサイクルセンター(災害廃棄物一時保管場所)放射線量率の測定結果

 ・測定機器、形式名: 日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
 ・バッググランド: 0.06マイクロシーベルト/時間
(平成25年2月14日(木) 11時15分測定)
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾リサイクルセンター H25.2.14(木) 11時18分 0.05マイクロシーベルト/時間
11時23分 0.05マイクロシーベルト/時間
11時29分 0.05マイクロシーベルト/時間
11時34分 0.06マイクロシーベルト/時間
「栃尾リサイクルセンター一時保管場所への搬入作業」の画像
▲栃尾リサイクルセンター
一時保管場所への搬入作業
「搬入作業完了」の画像
▲搬入作業完了
「搬入作業完了後の放射線量率測定」の画像
▲搬入作業完了後の放射線量率測定

栃尾クリーンセンター敷地境界測定(震災がれき搬入後)

(1)栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定位置

「栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定位置」の画像

(2)栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定結果

 ・測定機器、形式名: 日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾クリーンセンター H25.2.14(木) 11時40分 0.05マイクロシーベルト/時間
11時44分 0.06マイクロシーベルト/時間
11時49分 0.04マイクロシーベルト/時間
11時57分 0.04マイクロシーベルト/時間
12時05分 0.05マイクロシーベルト/時間

長岡市災害廃棄物本焼却の放射線量率測定結果

震災がれき(ごみピット投入前)の放射線量率

(1)栃尾クリーンセンター(プラットホーム内)焼却前放射線量率の測定位置

「栃尾クリーンセンター(プラットホーム内)焼却前放射線量率の測定位置」の画像

※●は、プラットホーム中央でバッググランドとして測定した位置

(2)栃尾クリーンセンター(プラットホーム内)放射線量率の測定結果

 ・測定機器、形式名: 日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
 ・バッググランド: 0.07マイクロシーベルト/時間
(平成25年2月18日(月) 8時00分測定)
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾クリーンセンター H25.2.18(月) 9時25分 0.06マイクロシーベルト/時間
9時28分 0.06マイクロシーベルト/時間
9時32分 0.06マイクロシーベルト/時間
9時36分 0.06マイクロシーベルト/時間
9時39分 0.05マイクロシーベルト/時間
「栃尾クリーンセンタープラットホームでの震災がれき均し作業」の画像
▲栃尾クリーンセンタープラットホームでの
震災がれき均し作業
「震災がれきの放射線量率測定」の画像
▲震災がれきの放射線量率測定
「測定結果の安全を確認後ごみピットに投入」の画像
▲測定結果の安全を確認後
ごみピットに投入

栃尾クリーンセンター敷地境界測定(本焼却中)

(1)栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定位置

 ・震災がれき搬入時の栃尾クリーンセンター敷地境界の測定場所と同様

(2)栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定結果

 ・測定機器、形式名: 日立アロカメディカル TCS-172B
 ・測定者: 長岡市
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾クリーンセンター H25.2.18(月) 13時04分 0.06マイクロシーベルト/時間
13時09分 0.06マイクロシーベルト/時間
13時13分 0.05マイクロシーベルト/時間
13時17分 0.05マイクロシーベルト/時間
13時22分 0.06マイクロシーベルト/時間

試験焼却で受け入れた災害廃棄物の放射性物質等の測定結果

  新潟市が保管している災害廃棄物について、5市連携の立場で何とか協力したいという思いから、新潟市の了解のもと、岩手県及び環境省と協議し、調整が整いましたので、このたび新潟市が保管している大槌町の木質系チップのうち1.5トン程度を本市が引き受け、試験焼却を実施しました。
 なお、大槌町での事前測定は、新潟市が実施した測定結果です。
※ 受け入れる災害廃棄物の放射性物質等については岩手県が測定し、コンテナごとの災害廃棄物の放射性セシウム濃度は、新潟県が測定しました。 

試験焼却の概要

 ・日時 ・平成24年12月19日(水) 新潟市保管場所から長岡市へ移動
・平成24年12月20日(木) 測定等開始 午前9時から
                 焼却開始  正午
 ・場所 栃尾クリーンセンターごみ焼却施設(長岡市楡原2334)
 ・試験焼却の量 木質系チップ 1,440kg

現地での測定(新潟市が公表した測定結果)

1 放射性セシウム濃度

 ・採取日 平成24年11月12日
 ・採取場所 岩手県山田町破砕選別施設
(受け入れた岩手県大槌町の災害廃棄物(木質系チップ)は、山田町の施設で破砕選別されています。)
 ・測定方法 ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー
 ・測定結果
項目 測定結果
セシウム134 1キログラムあたり1.5ベクレル(1.5Bq/kg)
セシウム137 1キログラムあたり3.0ベクレル(3.0Bq/kg)
セシウム合計 1キログラムあたり4.5ベクレル(4.5Bq/kg)

※測定結果は、上記のとおり長岡市の受け入れ基準である1キログラム当たり100ベクレル(100Bq/kg)を大きく下回っています。

2 空間線量率

 ・測定日 平成24年11月12日
 ・測定場所 新潟市が受け入れる災害廃棄物の周囲10ヶ所から1m離れ、高さ1mの地点
 ・測定結果 0.04~0.07マイクロシーベルト/h
(1ヶ所につき、5回測定を行い、その平均が測定結果となります。)
 ・長岡市の受
  け入れ基準
0.16マイクロシーベルト/h以下

3 重金属等の溶出試験結果

 ・採取日 平成24年11月12日
 ・採取場所 岩手県山田町破砕選別施設
 ・測定結果
測定項目 測定結果 基準値(※)
アルキル水銀  不検出(0.0005mg/L未満)  不検出(0.0005mg/L未満)
水銀  0.0005mg/L未満  0.005mg/L以下
カドミウム  0.001mg/L未満  0.3mg/L以下
 0.005mg/L未満  0.3mg/L以下
六価クロム  0.02mg/L未満  1.5mg/L以下
砒素  0.02mg/L未満  0.3mg/L以下
シアン  0.1mg/L未満  1mg/L以下
PCB  0.0005mg/L未満  0.003mg/L以下
セレン  0.001mg/L未満  0.3mg/L以下

※基準値は、「金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令」による。

長岡市の試験焼却に使用する木質チップの測定結果

1 搬出時の空間線量等の測定結果(新潟市が公表した測定結果)

 ・採取日 平成24年11月17日
 ・測定場所 岩手県山田町破砕選別施設
 ・測定結果
コンテナNo. 遮蔽線量率 コンテナ空間線量率 放射性
セシウム濃度
(右側面) (左側面)
バック
グラウンド
(単位)
0.029 0.08 0.08
マイクロシーベルト/時間
UM8A-530
(単位)
0.029 0.07 0.06 5.6
マイクロシーベルト/時間 ベクレル/Kg

※測定結果は、上記のとおり長岡市の受け入れ基準である1キログラム当たり100ベクレル(100Bq/kg)を大きく下回っています。

「新潟市が受け入れた災害廃棄物(木質系チップ)」の画像
▲新潟市が受け入れた災害廃棄物(木質系チップ)
「災害廃棄物を積込んだコンテナ側面の空間線量率測定」の画像
▲災害廃棄物を積込んだコンテナ側面の空間線量率測定

※測定結果及び写真は新潟市より提供

2 新潟市保管場所での測定
(1)新潟市保管場所でのコンテナ積み込み後の空間線量率

 ・積込日 平成24年12月19日
 ・積込場所 新潟市江南区祖父興野160番地1:新潟市信濃川浄水場
 ・測定結果
測定場所 空間線量率
コンテナ空間線量率 右側 0.07マイクロシーベルト/時間
左側 0.07マイクロシーベルト/時間

3 長岡市での測定
(1)長岡市災害廃棄物試験焼却受入基準
 (1)放射性セシウム濃度が100ベクレル/kgを超えないこと。
 (2)空間線量率は0.16マイクロシーベルト/時間を超えないこと。
 (3)遮蔽線量率が0.01マイクロシーベルト/時間を超えないこと。

(2)木質チップの重量

 ・総重量 1,470Kg
 ・フレコンバッグ重量 30Kg
 ・差し引き重量 1,440Kg

(3)栃尾クリーンセンター受入れ時のコンテナ線量率及び遮蔽線量率、プラットホーム内木くず周囲線量率結果

搬入日 平成24年12月19日から20日
測定場所 線量率
搬入前プラットホーム空間線量率 0.07マイクロシーベルト/時間
コンテナ空間線量率 右側 0.05マイクロシーベルト/時間
左側 0.06マイクロシーベルト/時間
プラットホーム内木くず周囲空間線量率 0.06マイクロシーベルト/時間
遮蔽線量率 遮蔽線量箱バックグラウンド a 0.011マイクロシーベルト/時間
木くずを入れた後の線量   b 0.013マイクロシーベルト/時間
木くず自体の遮蔽線量   b-a 0.002マイクロシーベルト/時間
木くずの放射性セシウム濃度 5.6ベクレル/kg

※木くずの放射性セシウム濃度(ベクレル/kg)については、測定結果が分かり次第公表します。
※車両の後から前に向かって左側が、コンテナの左側です。
※空間線量率及び遮蔽線量率は、5回測定した平均値としています。

4 測定結果について
 木くず周囲空間線量率は0.06マイクロシーベルト/時間、遮蔽線量率は0.002マイクロシーベルト/時間であり、いずれの値も受入基準を満たしていました。

「新潟市(信濃川浄水場)での災害廃棄物積込後のコンテナ側面の空間線量率測定」の画像
▲新潟市(信濃川浄水場)での災害廃棄物積込後のコンテナ側面の空間線量率測定
「栃尾クリーンセンタープラットホーム内木くず周囲空間線量率」の画像
▲栃尾クリーンセンタープラットホーム内木くず周囲空間線量率
「遮蔽線量率の測定」の画像
▲遮蔽線量率の測定

長岡市災害廃棄物試験焼却における放射線量率測定結果

栃尾クリーンセンター敷地境界測定

(1)栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定位置

「栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定位置」の画像
▲栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定位置(クリックすると拡大します)

(2)栃尾クリーンセンター敷地境界放射線量率の測定結果

・測定機器、形式名 日立アロカメディカル TCS-172B
・測定者 新潟県環境分析センター
測定場所 測定日時 地点 測定結果
栃尾
クリーンセンター
試験焼却前 H24.12.17(月) 9:13 (1) 0.05マイクロシーベルト/時間
9:24 (2) 0.05マイクロシーベルト/時間
9:35 (3) 0.05マイクロシーベルト/時間
9:46 (4) 0.08マイクロシーベルト/時間
9:53 (5) 0.06マイクロシーベルト/時間
災害廃棄物
受入時
H24.12.19(水) 16:12 (1) ※0.07マイクロシーベルト/時間
16:17 (2) 0.05マイクロシーベルト/時間
16:22 (3) 0.05マイクロシーベルト/時間
16:29 (4) 0.07マイクロシーベルト/時間
16:35 (5) 0.06マイクロシーベルト/時間
(搬入コンテナ側面) 15:36 左側 0.06マイクロシーベルト/時間
15:43 右側 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木)
(1回目)
13:00 (1) ※0.06マイクロシーベルト/時間
13:05 (2) 0.05マイクロシーベルト/時間
13:10 (3) 0.05マイクロシーベルト/時間
13:16 (4) 0.07マイクロシーベルト/時間
13:23 (5) 0.06マイクロシーベルト/時間
H24.12.20(木)
(2回目)
18:03 (1) 0.05マイクロシーベルト/時間
18:07 (2) 0.05マイクロシーベルト/時間
18:12 (3) 0.05マイクロシーベルト/時間
18:17 (4) 0.07マイクロシーベルト/時間
18:22 (5) 0.06マイクロシーベルト/時間
H24.12.20(木)
(3回目)
23:00 (1) 0.05マイクロシーベルト/時間
23:05 (2) 0.05マイクロシーベルト/時間
23:10 (3) 0.05マイクロシーベルト/時間
23:16 (4) 0.07マイクロシーベルト/時間
23:22 (5) 0.06マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 10:17 (1) 0.05マイクロシーベルト/時間
10:21 (2) 0.04マイクロシーベルト/時間
10:26 (3) 0.04マイクロシーベルト/時間
10:33 (4) 0.07マイクロシーベルト/時間
10:38 (5) 0.06マイクロシーベルト/時間

※訂正
 誤記があったため、下記の2箇所について訂正いたします。
 (1) 災害廃棄物受入時の平成24年12月19日(水)16時12分①が0.06から0.07に訂正
 (2) 試験焼却中の平成24年12月20日(木)(2回目)18時03分①が0.05から0.06に訂正

栃尾クリーンセンター周辺測定

(1)栃尾クリーンセンター周辺放射線量率の測定位置

「栃尾クリーンセンター周辺放射線量率の測定位置」の画像
▲栃尾クリーンセンター周辺放射線量率の測定位置(クリックすると拡大します)

(2)栃尾クリーンセンター周辺放射線量率の測定結果

・測定機器、形式名 日立アロカメディカル TCS-172B
・測定者 新潟県環境分析センター
測定場所 測定日時 測定結果
(1)鴉ケ島浄化センター 試験焼却前 H24.12.17(月) 11:03 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 14:00 0.06マイクロシーベルト/時間
18:55 0.05マイクロシーベルト/時間
23:48 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 11:13 0.05マイクロシーベルト/時間
(2)水沢浄化センター 試験焼却前 H24.12.17(月) 10:51 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 13:52 0.05マイクロシーベルト/時間
18:47 0.04マイクロシーベルト/時間
23:40 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 11:05 0.04マイクロシーベルト/時間
(3)楡原地内公園 試験焼却前 H24.12.17(月) 10:40 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 13:43 0.04マイクロシーベルト/時間
18:37 0.04マイクロシーベルト/時間
23:34 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 10:53 0.03マイクロシーベルト/時間
(4)下塩小学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 12:07 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 15:09 0.05マイクロシーベルト/時間
19:45 0.05マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:35 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 12:06 0.04マイクロシーベルト/時間
(5)上樫出市道付近 試験焼却前 H24.12.17(月) 12:15 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 15:00 0.05マイクロシーベルト/時間
19:53 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:44 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 12:14 0.03マイクロシーベルト/時間
(6)刈谷田中学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 13:21 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 15:25 0.04マイクロシーベルト/時間
20:03 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:55 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 12:24 0.03マイクロシーベルト/時間
(7)栃尾東小学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 14:02 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 16:09 0.05マイクロシーベルト/時間
20:37 0.05マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 01:26 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 12:51 0.04マイクロシーベルト/時間
(8)小貫市道付近 試験焼却前 H24.12.17(月) 14:16 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 16:25 0.06マイクロシーベルト/時間
20:50 0.05マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 01:40 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 13:10 0.04マイクロシーベルト/時間
(9)栃尾最終処分場 試験焼却前 H24.12.17(月) 11:41 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 14:27 0.04マイクロシーベルト/時間
19:17 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:10 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 11:37 0.04マイクロシーベルト/時間
(10)栃尾南小学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 13:51 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 15:54 0.05マイクロシーベルト/時間
20:25 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:16 0.03マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 12:45 0.03マイクロシーベルト/時間
(11)秋葉中学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 13:40 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 15:44 0.04マイクロシーベルト/時間
20:18 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 01:09 0.03マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 12:38 0.03マイクロシーベルト/時間
(12)上塩小学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 11:51 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 14:46 0.04マイクロシーベルト/時間
19:33 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:22 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 11:54 0.03マイクロシーベルト/時間
(13)見附市立上北谷小学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 14:26 0.05マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 16:35 0.06マイクロシーベルト/時間
21:00 0.06マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 01:48 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 13:18 0.04マイクロシーベルト/時間
(14)見附市立見附第二小学校 試験焼却前 H24.12.17(月) 11:18 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却中 H24.12.20(木) 14:15 0.04マイクロシーベルト/時間
19:12 0.04マイクロシーベルト/時間
H24.12.21(金) 00:00 0.04マイクロシーベルト/時間
試験焼却後 H24.12.21(金) 11:25 0.04マイクロシーベルト/時間

試験焼却による焼却灰及び排ガス中の放射性セシウム濃度の検査結果

焼却灰の放射性セシウム濃度検査結果

単位:ベクレル/kg

区分 試料No. セシウム134 セシウム137 セシウム合計値
主灰
(燃え殻)
1 0.83 1.6 2.43
2 0.94 1.8 2.74
3 0.98 1.6 2.58
飛灰
(ばいじん)
1 5.1 11 16.1
2 5.6 10 15.6

※検査機関:新潟県

試験焼却中の排ガスの放射性セシウム濃度検査結果

単位:ベクレル/m3

区分 セシウム134 セシウム137 セシウム合計値
試験焼却中 不検出 不検出 不検出
(検出下限値) (0.0014) (0.0010) -

※検査機関:新潟県

災害廃棄物の試験焼却実施経過及び結果報告

[1] 試験焼却実施経過等

1. 受入れる災害廃棄物量と放射性セシウム濃度

回数 受入日 受入時間 受入量 セシウム濃度
1回 H24.12.19 11:00 1.44t 5.6ベクレル/kg
合計 1.44t① 5.6ベクレル/kg

※セシウム濃度(ベクレル/kg)は県が12/20に測定
※受入れ量の測定は12/20に測定

2. 災害廃棄物の混合焼却量

(通常ごみ) 27.28t + (災害廃棄物) 1.44t = 28.72t ②

3. 災害廃棄物の混合率

(災害廃棄物受入量) 1.44t ÷ (混合焼却量) 28.72t = 5.01% ③=①/②

4. 災害廃棄物の混合焼却により発生した副生成物の量

副生成物 発生量 内訳
主灰(焼却灰等燃え殻) 2.03t (フレコンバッグNo.1:0.83t、No.2:0.74t、No.3:0.46t)
飛灰(ばいじん) 1.01t (フレコンバッグNo.1:0.52t、No.2:0.49t)
合計 3.04t④ 10.58%(対焼却量=④/②)

5. 試験焼却運転の経過

日時 経過
H24.12.19 11:00 栃尾クリーンセンターに搬入・保管
H24.12.20 9:00 見学者の説明
9:30 災害廃棄物のサンプリング採取、測定
10:30 遮蔽線量測定
11:30 ごみピットに投入
12:00 混合廃棄物の焼却開始
13:00 周辺環境の測定
H24.12.21 4:00 混合廃棄物の焼却停止
11:00 主灰(焼却灰等燃え殻)のフレコンバッグ詰め作業
13:00 飛灰(ばいじん)フレコンバッグ詰め作業

※焼却後の焼却灰(主灰、飛灰)については、12/21にフレコンバッグ詰め込み作業後、栃尾クリーンセンターで保管

栃尾クリーンセンター焼却施設内測定の結果報告

[2] 栃尾クリーンセンター焼却施設内の検査結果

1. 栃尾クリーンセンター焼却施設での検査箇所

「栃尾クリーンセンター焼却施設での検査箇所」の画像
▲栃尾クリーンセンター焼却施設での検査箇所(クリックすると拡大します)

※平成13,14年度のダイオキシン対策工事に伴い、設備の一部が変更されています。

2. 栃尾クリーンセンター焼却施設での検査結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / マリネリ、ラストロウエア、U-8
 ・測定機関: 新潟県
測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.17 通常ごみ① 0.70 1.3 2.0
(検出下限値:Bq/kg) (0.24) (0.20)
H24.12.17 通常ごみ② 0.54 1.2 1.74
(検出下限値:Bq/kg) (0.16) (0.15)
H24.12.17 通常ごみ③ 0.55 1.1 1.65
(検出下限値:Bq/kg) (0.17) (0.14)
H24.12.17 通常ごみ④ 0.55 0.88 1.43
(検出下限値:Bq/kg) (0.26) (0.21)

※通常ごみは、ごみピット内から4検体を採取
※測定結果[Bq/kg]は、乾燥状態での測定値

②ピット汚水の放射能濃度(測定機関:新潟県)  施設名称:栃尾クリーンセンター

測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.18 ピット汚水 0.11 0.23 0.34
(検出下限値:Bq/l) (0.066) (0.054)
【試験焼却中】
H24.12.21 ピット汚水 0.096 0.24 0.336
(検出下限値:Bq/l) (0.067) (0.054)
測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.19 主灰(焼却灰等燃え殻) 0.89 2.6 3.49
(検出下限値:Bq/kg) (0.75) (0.53)
【試験焼却中】
H24.12.25 主灰(焼却灰等燃え殻)No.1 0.83 1.6 2.43
(検出下限値:Bq/kg) (0.73) (0.50)
H24.12.25 主灰(焼却灰等燃え殻)No.2 0.94 1.8 2.74
(検出下限値:Bq/kg) (0.71) (0.53)
H24.12.25 主灰(焼却灰等燃え殻)No.3 0.98 1.6 2.58
(検出下限値:Bq/kg) (0.75) (0.59)

※焼却後の焼却灰(主灰)については、一時保管のためフレコンバッグに詰め込み作業を行ったため、各フレコンバッグ(3袋)から採取を行い、放射能濃度を測定

 ・測定方式 環境省告示第13号に定める方法による溶出試験
 ・測定機関 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[mg/l]
主灰の
有害物質溶出量
産廃の燃え殻・
ばいじんの埋立基準
【試験焼却前】
H24.12.17 アルキル水銀化合物 不検出 不検出
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
水銀又はその化合物 0.0005未満 0.005以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
カドミウム又はその化合物 0.005未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.005)
鉛又はその化合物 0.02未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.02)
六価クロム化合物 0.04未満 1.5以下
(定量下限値:mg/l) (0.04)
砒素又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
PCB 0.0005未満 0.003以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
セレン又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
シアン化合物 0.02未満
(定量下限値:mg/l) (0.02)
【試験焼却中】
H24.12.21 アルキル水銀化合物 不検出 不検出
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
水銀又はその化合物 0.0005未満 0.005以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
カドミウム又はその化合物 0.005未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.005)
鉛又はその化合物 0.02未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.02)
六価クロム化合物 0.04未満 1.5以下
(定量下限値:mg/l) (0.04)
砒素又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
PCB 0.0005未満 0.003以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
セレン又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
シアン化合物 0.02未満
(定量下限値:mg/l) (0.02)

※一般廃棄物の埋立基準がないため、産業廃棄物の「燃え殻」・「ばいじん」の埋立基準を準用

⑤飛灰(ばいじん)の放射能濃度  施設名称:栃尾クリーンセンター

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / ラストロウエア
 ・測定機関: 新潟県
測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.18 飛灰(ばいじん) 5.8 10 15.8
(検出下限値:Bq/kg) (2.0) (1.6)
【試験焼却中】
H24.12.21 飛灰(ばいじん)No.1 5.1 11 16.1
(検出下限値:Bq/kg) (1.3) (1.3)
H24.12.21 飛灰(ばいじん)No.2 5.6 10 15.6
(検出下限値:Bq/kg) (2.1) (1.5)

※焼却後の焼却灰(飛灰)については、一時保管のためフレコンバッグに詰め込み作業を行ったため、各フレコンバッグ(2袋)から採取を行い、放射能濃度を測定

 ・測定方式 環境省告示第13号に定める方法による溶出試験
 ・測定機関 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[mg/l]
主灰の
有害物質溶出量
産廃の燃え殻・
ばいじんの埋立基準
【試験焼却前】
H24.12.17 アルキル水銀化合物 不検出 不検出
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
水銀又はその化合物 0.0005未満 0.005以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
カドミウム又はその化合物 0.005未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.005)
鉛又はその化合物 0.10 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.02)
六価クロム化合物 0.04未満 1.5以下
(定量下限値:mg/l) (0.04)
砒素又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
PCB 0.0005未満 0.003以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
セレン又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
シアン化合物 0.02未満
(定量下限値:mg/l) (0.02)
【試験焼却中】
H24.12.21 アルキル水銀化合物 不検出 不検出
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
水銀又はその化合物 0.0005未満 0.005以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
カドミウム又はその化合物 0.005未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.005)
鉛又はその化合物 0.02 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.02)
六価クロム化合物 0.04未満 1.5以下
(定量下限値:mg/l) (0.04)
砒素又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
PCB 0.0005未満 0.003以下
(定量下限値:mg/l) (0.0005)
セレン又はその化合物 0.01未満 0.3以下
(定量下限値:mg/l) (0.01)
シアン化合物 0.02未満
(定量下限値:mg/l) (0.02)

※一般廃棄物の埋立基準がないため、産業廃棄物の「燃え殻」・「ばいじん」の埋立基準を準用

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / マリネリ
 ・測定機関: 新潟県
測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.19 冷却水(噴射水) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.052) (0.041)
【試験焼却中】
H24.12.20 冷却水(噴射水) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.048) (0.045)

⑧排ガス中の放射能濃度【バグフィルター前】  施設名称:栃尾クリーンセンター

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / U-8
 ・測定機関: 新潟県
測定日 測定対象 測定結果[Bq/m3]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.27 排ガス計 不検出 0.038 0.038
(検出下限値:Bq/m3 (0.021) (0.022)
【試験焼却中】
H24.12.27 排ガス計 0.022 0.026 0.048
(検出下限値:Bq/m3 (0.015) (0.012)
 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / U-8
 ・測定機関: 新潟県
測定日 測定対象 測定結果[Bq/m3]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【試験焼却前】
H24.12.28 排ガス計 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.0015) (0.0012)
【試験焼却中】
H24.12.28 排ガス計 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.0014) (0.0010)

栃尾クリーンセンター周辺測定の結果報告

[3] 試験焼却に係る栃尾クリーンセンター敷地内測定の結果報告

1. 栃尾クリーンセンター敷地内測定場所

「栃尾クリーンセンター敷地内測定場所」の画像
▲栃尾クリーンセンター敷地内測定場所(クリックすると拡大します)

2. 栃尾クリーンセンター敷地内の測定結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / ラストロウエア、U-8
 ・測定機関: 新潟県

①雨水排水の測定結果(測定機関:新潟県)

測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾クリーンセンター 敷地内 雨水排水
【試験焼却前】
H24.12.13
施設内の雨水排水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.069) (0.068)
【試験焼却後】
H24.12.22
施設内の雨水排水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.068) (0.059)

②側溝汚泥の測定結果(測定機関:新潟県)

測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾クリーンセンター 敷地内 側溝汚泥
【試験焼却前】
H24.12.12
施設内の側溝汚泥 1.8 2.8 4.6
(検出下限値:Bq/kg) (1.1) (0.78)
【試験焼却後】
H24.12.26
施設内の側溝汚泥 2.8 5.0 7.8
(検出下限値:Bq/kg) (1.1) (0.89)

③大気浮遊じんの測定結果(測定機関:新潟県)

測定日 測定対象 測定結果[Bq/m3]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾クリーンセンター 敷地内 大気浮遊じん
【試験焼却前】
H24.12.18
施設内の降下物(風上) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.000036) (0.000027)
施設内の降下物(風下) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.000025) (0.000028)
【試験焼却後】
H24.12.21
施設内の降下物(風上) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.000036) (0.000026)
施設内の降下物(風下) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/m3 (0.000023) (0.000024)

[4] 試験焼却に係る周辺環境測定の結果報告

1. 周辺測定場所

「周辺測定場所」の画像
▲周辺測定場所(クリックすると拡大します)

2. 周辺の雪(土壌)測定結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / ラストロウエア
 ・測定機関: 新潟県
測定日 測定対象 測定結果[Bq/l・kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾クリーンセンター
【試験焼却前】
H24.12.13
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.26) (0.28)
【試験焼却後】
H24.12.26
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.21) (0.23)
【測定場所】①鴉ケ島浄化センター
【試験焼却前】
H24.12.14
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.29) (0.25)
【試験焼却後】
H24.12.25
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.27) (0.25)
【測定場所】②水沢浄化センター
【試験焼却前】
H24.12.14
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.29) (0.32)
【試験焼却後】
H24.12.25
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.30) (0.23)
【測定場所】③楡原地内公園
【試験焼却前】
H24.12.14
公園内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.29) (0.24)
【試験焼却後】
H24.12.25
公園内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.32) (0.28)
【測定場所】④下塩小学校
【試験焼却前】
H24.12.14
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.32) (0.24)
【試験焼却後】
H24.12.25
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.28) (0.29)
【測定場所】⑤上樫出市道付近
【試験焼却前】
H24.12.14
市道付近の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.28) (0.31)
【試験焼却後】
H24.12.25
市道付近の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.28) (0.28)
【測定場所】⑥刈谷田中学校
【試験焼却前】
H24.12.14
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.28) (0.28)
【試験焼却後】
H24.12.27
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.33) (0.28)
【測定場所】⑦栃尾東小学校
【試験焼却前】
H24.12.11
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.36) (0.24)
【試験焼却後】
H24.12.28
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.23) (0.27)
【測定場所】⑧小貫市道付近
【試験焼却前】
H24.12.14
市道付近の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.32) (0.25)
【試験焼却後】
H24.12.21
市道付近の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.26) (0.28)
【測定場所】⑨栃尾最終処分場
【試験焼却前】
H24.12.14
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.29) (0.27)
【試験焼却後】
H24.12.25
施設内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.21) (0.28)
【測定場所】⑩栃尾南小学校
【試験焼却前】
(検出下限値:Bq/l)
【試験焼却後】
(検出下限値:Bq/l)
【測定場所】⑪秋葉中学校
【試験焼却前】
H24.12.14
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.23) (0.30)
【試験焼却後】
H24.12.27
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.31) (0.29)
【測定場所】⑫上塩小学校
【試験焼却前】
H24.12.14
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.31) (0.29)
【試験焼却後】
H24.12.25
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.25) (0.21)
【測定場所】⑬見附市立上北谷小学校
【試験焼却前】
H24.12.13
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.28) (0.28)
【試験焼却後】
H24.12.26
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.30) (0.22)
【測定場所】⑭見附市立見附第二小学校
【試験焼却前】
H24.12.13
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.30) (0.25)
【試験焼却後】
H24.12.25
グラウンド内の雪(土壌) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.27) (0.28)
【測定場所】⑮栃尾幹部交番
【試験焼却前】
H24.12.13
施設周辺の指標生物(松葉) 0.50 0.82 1.32
(検出下限値:Bq/kg) (0.15) (0.12)
【試験焼却後】
H24.12.26
施設周辺の指標生物(松葉) 0.41 0.80 1.21
(検出下限値:Bq/kg) (0.14) (0.10)

※当初は土壌を採取する計画でしたが、降雪のため新潟県と協議を行ない、土壌から雪への採取となったもの。(県と合意)
※⑩栃尾南小学校の雪(土壌)の放射性濃度測定については、栃尾南小学校先の高台に⑪秋葉中学校が隣接しているため、空間線量率のみで雪(土壌)の放射性濃度測定は行っていない。

[5] 試験焼却に係る栃尾最終処分場敷地内測定の結果報告

1. 栃尾最終処分場敷地内測定場所

「栃尾最終処分場敷地内測定場所」の画像
▲栃尾最終処分場敷地内測定場所(クリックすると拡大します)

2. 栃尾最終処分場の空間線量測定結果

 ・測定機器: シンチレーションサーベイメーター / アロカ製 TCS-172B(校正定数1.02)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[μSv/h]
空間線量率
【測定場所】栃尾最終処分場 ① 敷地内 空間線量率
【搬入前】
H24.12.17
地上1m、5回測定の平均値 0.04 ~ 0.06 マイクロシーベルト/時間
【搬入中】
H25.1.21
0.04 ~ 0.05 マイクロシーベルト/時間
【搬入後】
H25.2.5
0.04 ~ 0.06 マイクロシーベルト/時間
【測定場所】栃尾最終処分場 ② 敷地内 空間線量率
【搬入前】
H24.12.17
地上1m、5回測定の平均値 0.03 ~ 0.04 マイクロシーベルト/時間
【搬入中】
H25.1.21
0.02 マイクロシーベルト/時間
【搬入後】
H25.2.5
0.01 ~ 0.02 マイクロシーベルト/時間
【測定場所】栃尾最終処分場 ③ 敷地内 空間線量率
【搬入前】
H24.12.17
地上1m、5回測定の平均値 0.03 ~ 0.04 マイクロシーベルト/時間
【搬入中】
H25.1.21
0.01 ~ 0.02 マイクロシーベルト/時間
【搬入後】
H25.2.5
0.01 ~ 0.02 マイクロシーベルト/時間
【測定場所】栃尾最終処分場 ④ 敷地内 空間線量率
【搬入前】
H24.12.17
地上1m、5回測定の平均値 0.04 ~ 0.05 マイクロシーベルト/時間
【搬入中】
H25.1.21
0.03 マイクロシーベルト/時間
【搬入後】
H25.2.5
0.02 ~ 0.03 マイクロシーベルト/時間
【測定場所】栃尾最終処分場 ⑤ 敷地内 空間線量率
【搬入前】
H24.12.17
地上1m、5回測定の平均値 0.05 ~ 0.06 マイクロシーベルト/時間
【搬入中】
H25.1.21
0.06 ~ 0.07 マイクロシーベルト/時間
【搬入後】
H25.2.5
0.05 ~ 0.06 マイクロシーベルト/時間

3. 栃尾最終処分場敷地内、汚泥測定結果

 ・測定機器: ゲルマニウム半導体検出器 / キャンベラジャパン(株) GC4020
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾最終処分場 敷地内 側溝汚泥
【搬入前】
H24.12.18
施設内の側溝汚泥 30 58 88
(検出下限値:Bq/kg) (0.79) (0.76)
【搬入後】
H25.2.13
施設内の側溝排水 不検出 1.2 1.2(※1)
(検出下限値:Bq/l) (0.77) (0.69)

※1 側溝汚泥が測定必要量確保できなかったため、側溝排水を採取し測定した数値

4. 栃尾最終処分場敷地内、井戸水測定結果

 ・測定機器: ゲルマニウム半導体検出器/ キャンベラジャパン(株)GC4020
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[Bq/l]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾最終処分場 敷地内 井戸水
【搬入前】
H24.12.18
施設内の井戸水(上流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.88) (0.83)
【搬入後】
H25.2.6
施設内の井戸水(上流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.71) (0.60)
【搬入前】
H24.12.18
施設内の井戸水(下流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.75) (0.80)
【搬入後】
H25.2.6
施設内の井戸水(下流) 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.83) (0.93)

5. 栃尾最終処分場敷地内、浸出水・固形塩・脱水汚泥測定結果

 ・測定機器: ゲルマニウム半導体検出器/ キャンベラジャパン(株)GC4020
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[Bq/l・kg]
セシウム
134
セシウム
137
セシウム
合計
【測定場所】栃尾最終処分場 浸出水処理施設内 浸出水
【搬入前】
H24.12.18
施設内の浸出水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.86) (0.83)
【搬入後】
H25.2.6
施設内の浸出水 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/l) (0.86) (0.69)
【測定場所】栃尾最終処分場 浸出水処理施設 固形塩
【搬入前】
H24.12.18
施設内の固形塩 不検出 1.2 1.2
(検出下限値:Bq/kg) (0.77) (0.92)
【搬入後】
H25.2.6
施設内の固形塩 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.87) (0.99)
【測定場所】栃尾最終処分場 浸出水処理施設 脱水汚泥
【搬入前】
H24.12.18
施設内の脱水汚泥 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.67) (0.66)
【搬入後】
H25.2.6
施設内の脱水汚泥 不検出 不検出 不検出
(検出下限値:Bq/kg) (0.89) (0.77)

災害廃棄物の試験焼却実施結果報告(ストロンチウム・プルトニウム等)

[1] 飛灰(ばいじん)のストロンチウム、プルトニウムの検査結果

 ・測定方式: ゲルマニウム半導体検出器形式 / Canberra製GC4518S,GX4018
遮蔽体の厚み(mm) / 110
分解能(Co-60,1332keVに対するFWHM(keV)) / 1.85
相対効率(%) / 45
測定容器の名称と形式 / ラストロウエア
 ・測定機関: 新潟県

①ストロンチウム90

測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
飛灰(ばいじん)
ストロンチウム90
【施設名称】栃尾クリーンセンター
【試験焼却前】
H24.12.18
ストロンチウム90 3.9
(検出下限値:Bq/kg)
【試験焼却中】
H24.12.21
ストロンチウム90 2.7
(検出下限値:Bq/kg)

②プルトニウム238/プルトニウム239+240

測定日 測定対象 測定結果[Bq/kg]
飛灰(ばいじん)
プルトニウム
238
飛灰(ばいじん)
プルトニウム
239+240
飛灰(ばいじん)
プルトニウム
合計
【施設名称】栃尾クリーンセンター
【試験焼却前】
H24.12.18
プルトニウム238/239+240 不検出 0.014 0.014
(検出下限値:Bq/kg) (0.0065)
【試験焼却中】
H24.12.21
プルトニウム238/239+240 不検出 0.015 0.015
(検出下限値:Bq/kg) (0.0089)

※新潟大学工学部 今泉 洋 教授の評価
・ストロンチウム及びプルトニウムについては、試験焼却前の一般ごみ焼却時の飛灰と試験焼却時の木質系チップを混ぜて焼却した飛灰の両方から微量が検出されていますが、ともに過去の核実験等に由来するものであり、福島原発の影響ではないと考えます。
※新潟県の評価
・今回検出された239+240プルトニウムは、238プルトニウムが検出されていないことから、過去の核実験等に由来するものと考えられる。

[2] 飛灰(ばいじん)のダイオキシン類濃度測定結果

 ・測定方法: ①「特別管理一般廃棄物及び特別管理産業廃棄物に係る基準の検定方法別表第一」(平成4年厚生省告示第192号、平成16年環境省告示第31号改正)
②「ダイオキシン類対策特別措置法施行規則第二条第二項第一号の規定に基づき環境大臣が定める方法」(平成16年環境省告示第80号)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[ng-TEQ/g]
【施設名称】栃尾クリーンセンター
【試験焼却中】
H24.12.21
ダイオキシン類 1号炉 1.6 基準値
2号炉    ― ※1 3

※1 試験焼却は、1号炉のみで行なったため、2号炉の測定は行っていないもの。

[3] 排ガス中のダイオキシン類濃度測定結果

 ・測定方法: 「排ガス中のダイオキシン類の測定方法」 JIS k0311(2008)
 ・測定機関: 一般財団法人 新潟県環境分析センター
測定日 測定対象 測定結果[ng-TEQ/Nm3]
【施設名称】栃尾クリーンセンター
【試験焼却中】
H24.12.20
ダイオキシン類 1号炉 0.023 基準値
2号炉    ― ※1 1

※1 試験焼却は、1号炉のみで行なったため、2号炉の測定は行っていないもの。

このページの担当

環境施設課
TEL:0258-24-2838  FAX:0258-24-6553
メール:kankyosi@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。