• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 長岡市内の犯罪発生状況

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 長岡市内の犯罪発生状況

令和元年8月末の主要な犯罪発生状況

最終更新日 2019年9月20日

主要な窃盗被害の状況

侵入盗 乗り物盗 車上ねらい
発生件数 61 109 17
無施錠率 86.9% 81.7% 94.1%
  • 市内では、放火・強盗等凶悪事件や暴行・恐喝事件等粗暴事件が、昨年よりも増加傾向です。殴る蹴るだけが暴行事件ではありません。物を投げる、水をかけるなどの行為も暴行罪の可能性があります。自分の行為を振り返ってみましょう。また、飲酒トラブルに注意しましょう。
  • 市内の犯罪被害のうち約7割が窃盗被害です。カギをかけないことが原因です。

窃盗被害防止ポイント~カギをかける習慣を身につけましょう~

  • 現金や鞄などは人目に触れない場所やカギのかかる場所に保管しましょう!
  • 短時間の移動でも必ずカギをかけましょう!

特殊詐欺の発生状況

(被害額:万円)※以下切り捨て数値

R1 H30 増減
件数 被害額 件数 被害額 件数 被害額
特殊詐欺 8 620万円 13 1,139万円 -5 -519万円
 振り込め詐欺 8 620万円 13 1,139万円 -5 -519万円
 振り込め以外 0 0万円 0 0万円 0 0万円
  • 平成30年中、市内の特殊詐欺被害は17件で、その内訳は、身内や警察官になりすました詐欺電話(PDF 600KB)の「オレオレ詐欺」が5件、大手インターネット通販業者を装った詐欺メール等の「架空請求詐欺」が11件と約6割が架空請求詐欺被害でした。「架空請求詐欺」の被害者は、11件中9件が、20代~50代です。
    特殊詐欺は、高齢者だけが被害者になる犯罪ではありません。
  • 市内では、高齢者の自宅に市職員などになりすました詐欺電話があり、「医療費の還付金がある。自宅で手続きできる。」など言われ、その後、自宅を訪れた犯人にキャッシュカードを渡し現金をだまし取られる被害が多発しています。
  • 「オレオレ詐欺」などの詐欺電話の被害増加傾向です。「オレオレ詐欺」の被害者は、100%が65歳以上の高齢者で、自宅の固定電話で犯人からの電話に応答しています。犯人の自分の声を録音されることを嫌います。詐欺電話には、犯人の声を録音する「防犯機能付き電話機」が有効です。
  • 詐欺ハガキ、詐欺メール(特にショートメール)が来た場合、「差し押さえ」「訴訟」というキーワードが出たら注意してください。詐欺の可能性が大きいです。身に覚えのない請求は無視しましょう。

特殊詐欺の被害防止ポイント~家族や警察などに相談!

  • 詐欺電話は、「防犯機能付き電話機」で防げます。
  • キャッシュカードや現金は、家族以外には渡さない!
  • ハガキ・封書やメールに書かれている電話番号には絶対に電話をしない !

~「詐欺電話」には防犯機能付き電話機が有効です。
 「架空請求詐欺」は、犯人に連絡したら思うツボ。連絡せず無視しましょう。

「詐欺メールに注意」の画像

資料提供 新潟県警察本部

このページの担当

市民課 防犯交通係
TEL:0258-39-2206  FAX:0258-39-2258
メール:bouhan@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。