• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > The Spirit of Kome Hyappyo

トップ > The Spirit of Kome Hyappyo

The Spirit of Kome Hyappyo -米百俵の精神-

Last Update 2014.9.5

  • 日本語
  • English
  • 中文

Translation

There is an expression popular with the people of Nagaoka - Kome Hyappyô ("one hundred sacks of rice") - referring to an incident at the end of the Edo Era, just prior to the Meiji Restoration. Nagaoka was defeated in the Boshin Civil War and the Nagaoka Han (feudal domain) was devastated. One hundred sacks of much-needed rice arrived as emergency relief. Rather than distribute the rice, Torasaburo Kobayashi, the Grand Councilor of the Han, sold it and used the money to establish a school, believing that only education could ultimately restore the area to prosperity and make the lives of the people better. Kome Hyappyô signifies the wisdom to invest in human resources.
Since the Meiji Era, schools in Nagaoka, beneficiaries of the Kome Hyappyô spirit, have graduated countless outstanding individuals who have made and continue to make important contributions to modern Japan. In the same spirit, Nagaoka is working to rebuild itself following the Niigata - Chuetsu Earthquake.
明治まで後わずかの江戸時代末期に起きたある故事から、長岡の有名な物語「米百俵」は生まれました。北越戊辰戦争に敗れ困窮した長岡藩に、見舞いとして送られてきた百俵の米。長岡藩大参事の小林虎三郎は「教育こそが最終的には地域を繁栄させ、人々の生活をよくする」という信念のもと、この米を藩士らに分配せずに売却し、国漢学校設立資金の一部に充てました。「米百俵」とは「教養を広めて人材を育する」ことを表しています。
明治時代には、米百俵の精神の恩恵をうける長岡の学校からは、近代日本の発展に貢献した人材が数多く輩出されました。今回の震災復興にあたっても、この米百俵の精神を大切にしながら取り組んでいきます。

「The Spirit of Kome Hyappyo」image
Statues of Kome Hyappyô built at Senshugahara Furusato no Mori (Home Town Forest)

This website is managed by:

Nagaoka City International Affairs Center
(Chikyû Hiroba).
Phone: 0258-39-2714  Fax: 0258-39-2715
E-mail: kouryu-c@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。