• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > Nagaoka Air Raid

トップ > Nagaoka Air Raid

Nagaoka Air Raid -長岡空襲-

Last Update 2014.9.5

  • 日本語
  • English
  • 中文

Translation

「Nagaoka Air Raid」image1

The target of an American air raid on August 1st, 1945, Nagaoka is the only city in Niigata prefecture to have directly experienced the destruction of World War Ⅱ. Approximately 163,500 incendiary bombs were dropped, burning out about 80% of the urban area and killing some 1,480 residents, including about 300 school children. As part of efforts to not allow that experience to fade away, the city declared itself a "Non-Nuclear Peace City," the first in the Prefecture, and opened the Nagaoka War Damage Exhibit Hall.
長岡は1945年8月1日にアメリカ空軍の爆撃を受けた、新潟県内唯一の戦災都市です。約16万3,500発の焼夷弾が投下され、市街地の約80%が焼け野原となり、学童約300人を含む1,480余人の尊い生命が失われました。この体験を遠い過去のものとして風化させないよう、県内で最初に「非核平和都市」を宣言し、長岡戦災資料館を開館しました。
「Nagaoka Air Raid」image2
▲The Citizens’ Rally Declaring Nagaoka a Non-Nuclear Peace City
「Nagaoka Air Raid」image3
▲The Downtown Area Reduced to Rubble because of Air Raid over Nagaoka
「Nagaoka Air Raid」image4
▲The Nagaoka War Damage Exhibit Hall

This website is managed by:

Nagaoka City International Affairs Center
(Chikyû Hiroba).
Phone: 0258-39-2714  Fax: 0258-39-2715
E-mail: kouryu-c@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。