• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症予防・食品衛生 > 新型コロナウイルス感染症について

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症予防・食品衛生 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

最終更新日 2020年6月30日

新型コロナウイルス感染症については、3月11日にWHOによりパンデミック(世界的な流行)が表明され、感染拡大が続いています。
国内でも複数地域で、感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、一部地域には小規模の患者クラスター(集団)が把握されている状態になっています。
市民の皆さまには、市や県が発信する情報をもとに、落ち着いて行動していただくとともに、これまでどおり、人混みを避けるなど不要不急の外出を控え、咳エチケットや手洗いなどの感染予防と健康維持に努めていただきますよう、ご協力をお願いします。

「密を避けて外出しましょう!」の画像

ご高齢の方、持病がある方は特にご注意ください。

長岡市内で、新型コロナウイルス感染症の発生がありました。
ご高齢の方、持病のある方は、新型コロナウイルス感染症に感染すると重症化しやすいため、不要不急の外出はお控えください。

医療機関を受診する際の注意点

発熱等の風邪症状などで医療機関を受診する際は、必ず事前に医療機関に電話相談したうえで受診してください。

感染症対策

風邪やインフルエンザと同様に、咳エチケットや手洗いなど、下記のとおり感染症予防に努めてください。

  1. こまめに手洗い
    外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
    衛生的な手洗い(厚生労働省)
  2. 咳エチケット
    せきなどの症状がある方で、せきやくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性があります。咳・くしゃみをする前に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻を押さえる咳エチケットを行いましょう。
  3. できるだけ人混みを避ける
    持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  4. 風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休む
    発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。また、毎日体温を測定して記録してください。
「【動画】新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために」の画像
「【動画】新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために」の画像

関連情報

相談窓口

1. 感染症の疑いがある場合や医療機関の受診に関する相談窓口

■ 新潟県「帰国者・接触者相談センター」

  • 開設時間:午前8時30分~午後5時15分(毎日)
  • 電話番号:
    【平日】
     0258-33-4932(長岡地域振興局健康福祉環境部医薬予防課)
     025-280-5200(新潟県福祉保健部健康対策課)
    【土・日・祝】
     0258-38-2501(長岡地域振興局警備員室)
     025-285-5511(新潟県庁代表)
    ※土日祝は警備員室につながります。電話番号をお伝えいただき、担当から折り返しご連絡します。
    ※【夜間(上記以外の緊急連絡先)】
     025-256-8275(新潟県福祉保健部健康対策課)
    十分な準備の下、帰国者・接触者外来医療機関で診察を受けて頂くため、できるだけ平日午前8時30分から午後5時15分までの早めの時間にご相談ください。

【帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安(2020年5月8日現在)】

少なくとも以下のいずれかに該当する場合にはすぐに御相談ください。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方(※1)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに御相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
※1 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
※2 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。
※3 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

なお上記は、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

2. 感染症の予防や、不安ストレスへの対処方法に関する相談窓口

■ 市民健康相談窓口 長岡市健康課

  • 開設時間:午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
  • 電話番号:0258-39-7508

未知の見えないウイルスへの不安や、外出自粛等による生活様式の変化のためストレスを感じている方は、「こころの健康相談会」をご利用ください。

■ 厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

  • 受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日も実施)
  • 電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。
人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。

国の基本方針

このページの担当

健康課
TEL:0258-39-7508  FAX:0258-39-5222
メール:kenkou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。