背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > アルコールと上手につきあいましょう

トップ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > アルコールと上手につきあいましょう

アルコールと上手につきあいましょう

最終更新日 2021年4月1日

適正な飲酒量を知っていますか?

お酒には適量があります。1日のお酒の目安は、純アルコール20gです。
缶チューハイ(5%)に換算するとどれくらいでしょうか?
①1.5缶(約520ml)
②2缶(約700ml)
③3缶(約1050ml)

答えは「うまい」アルコールとの付き合い方をチェック PDFファイル (PDF 609KB)

「新潟県アルコール関連問題啓発ムービー『依存症の大誤解』」の画像

【概ね18~20歳限定100人】アルコール体質パッチテストできます!(無料)

お酒に「強い」「弱い」は、生まれつき持っている酵素の働きによって決まります。
あなたの体質を判定してみませんか?
 受付時間:平日 午前8時30分~午後4時30分
 会場:さいわいプラザ2階健康課または各支所市民生活課
 所要時間:30分(判定20分、解説10分)
 申し込み:さいわいプラザ…不要/各支所…必要(各支所市民生活課に電話)
 ※ご家族の受け取りもできます。お気軽に、健康課窓口(保健師)にお越しください。

アルコールでお困りのご本人・ご家族の方へ

●アルコールは「百薬の長」と呼ばれるように、適量の飲酒は心身ともにプラスに働きます。しかし、不適切な飲酒は様々な健康障害を引き起こします。あなたのお酒の飲み方は問題ありませんか?
AUDIT「オーディット」(Alcohol Use Disorders Identification Test)は、WHO(世界保健機関)の調査研究により作成されたアルコール関連問題のスクリーニングテストです。10個の質問に答えて、この1年間のお酒の飲み方を振り返ってみましょう。

スクリーニングテスト AUDIT PDFファイル (PDF 499KB)

●アルコール依存症とは、適量を超えたお酒を長期間飲み続けることで、自分で飲酒をコントロールできなくなり、身体に様々な影響が出る状態のことです。

依存症について詳しく知りたい方はコチラ → アルコール依存症(みんなのメンタルヘルスHP)

●毎月、精神保健福祉士による「アルコール相談会」を行っています。
こころの健康相談

このページの担当

健康課
TEL:0258-39-7508  FAX:0258-39-5222
メール:kenkou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。