• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2014年12月03日 終戦70年真珠湾で長岡花火

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2014年12月03日 終戦70年真珠湾で長岡花火

【広報な毎日】終戦70年の来年8月15日、真珠湾で長岡花火を打ち上げます

投稿日 2014年12月3日
0

記者会見の様子

 長岡市と姉妹都市の米国・ホノルル市は、太平洋戦争終結70年を迎える来年、次の世代を担う青少年交流を中心に両市民が参加する記念事業を実施することを東京都内で正式に発表しました。
 記念事業は、両市関係者による「長岡ホノルル日米友好記念事業委員会」が主催。「未来志向」を基本理念とし、日米間のさらなる友好と世界に向けて平和の大切さを発信する平和交流記念事業を実施します。

山本五十六の展示

 両市の青少年を相互に招いて歴史や文化を学ぶワークショップや「青少年平和交流サミット」の開催、真珠湾にあるパールハーバービジターセンターと長岡戦災資料館、山本五十六記念館の3館合同シンポジウム、長岡造形大学とハワイ大学の交流事業、市民が主体の文化やスポーツなどでの交流事業を行います。
 (↑上の写真は、パールハーバービジターセンター内の山本五十六の展示。五十六が置かれた状況などを詳しく紹介しています)

来年8月15日真珠湾で長岡花火を打ち上げます

 そして、来年8月15日、日米開戦の舞台となった真珠湾で、互いの国の戦没者の慰霊と世界平和への願いを込めて長岡花火を打ち上げます。

真珠湾での長岡花火は2日間打ち上げます

 真珠湾での長岡花火の打ち上げは2日間。終戦の日、8月15日(ホノルル時間14日)に白一色の花火「白菊」3発を、両国の戦没者への慰霊と世界平和を祈って打ち上げます。そして16日(ホノルル時間15日)は未来志向の花火。白菊3発に加え、両市の発展や次代を担う子どもたちの成長を願って大型花火5台を打ち上げます。真珠湾内フォード島の上空に、20分間にわたって、フェニックス花火、天地人花火など約2,000発が大輪の花を咲かせます。

長岡花火は着実にホノルル市民の共感を得ています

 ホノルルでの長岡花火の打ち上げは、2012年3月に姉妹都市になってからこれまでに3度実現。戦没者の慰霊と世界の恒久平和を祈る長岡花火は着実にホノルル市民の共感を得ています。
 (↑花火の写真は今年3月ワイキキ沖で打ち上げた1枚目「白菊」3発、2枚目「フェニックス花火」

ハワイ日米協会の名誉会長・エドウィン・ホーキンスさん

 会見で森市長は「真珠湾で打ち上げる意味を青少年にきちんと伝えることが一番の目的です。そして、一地方都市でも世界の平和に貢献できるということは市民の誇りにつながると思っています。長岡花火の意味が世界に通じるということが市民は誇りになると思います」と述べました。
 委員で、ホノルル市長からの親書を携え会議に出席したハワイ日米協会の名誉会長・エドウィン・ホーキンスさんは「米国の花火は独立記念日などにお祝いで打ち上げますが、長岡の花火は慰霊の意味が込められていることだという理解は広がっています」と話しました。

退役軍人から話を聞く長岡市の中学生

 会見には委員会の顧問で作家の半藤一利さんも同席。「日米開戦はお互いをよく知らないことで起こりました。交流を深めお互いをよく知ることによって、特に若い人たちに平和の大切さがわかってもらえると思います。長岡とハワイは共に戦争の痛みと苦難を体験しています。それゆえに未来を担う子どもたちに平和の大切さを教え伝えたいというホノルル市長のメッセージに私も同感です」と語り、歴史背景から両市の取り組みの意義を高く評価しました。
 (↑上の写真は、今年1月パールハーバービジターセンターで退役軍人から話を聞く長岡市の中学生)

今回の発表は日本記者クラブで行いました

 今回の発表は、世界に向けて平和の大切さをより広く発信しようと日本記者クラブ(東京都千代田区)で行いました。終戦70年記念事業に込めた想いを多くのみなさんと共有することで、その波及効果はますます高まります。
 市政だより1月号では、3月のホノルルフェスティバルと、8月の市民訪問団の募集記事を掲載する予定です。市はホノルル市とともに委員会幹事会などを開き準備を進めていきます。(M)
     ◇     ◇
★記者会見資料はこちらから

0

このページの担当

広報編集課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp
最新記事を見る最新記事を見る
過去の記事
  • シェア
  • ツイート
  • 送る