• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡市原子力安全対策室 > 実務担当者研修会を開催しました。(平成27年1月27日)

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡市原子力安全対策室 > 実務担当者研修会を開催しました。(平成27年1月27日)

実務担当者研修会を開催しました。(平成27年1月27日)

最終更新日 2015年1月27日

 1月27日、アオーレ長岡において市町村の実務担当者を対象にした『原子力災害時の防護措置を学ぶ研修会』が開催されました。研修会は、市町村による原子力安全対策に関する研究会の主催で、内閣府と新潟県から講師を招き行われました。
 研修会は、国や県から、原子力災害時の屋内退避・避難・受け入れに関して正しい知識を学び、柏崎刈羽原発での事故に備えた対策を強化することを目的に開催。市町村と県の実務担当者など約50人が参加しました。
 まず、内閣府政策統括官(原子力防災担当)付 参事官(地域防災・訓練担当) 杉本孝信氏と、参事官補佐(地域防災・訓練担当)來住正人氏から「地域防災の充実に向けた取り組み」についてご講演いただきました。その後、新潟県防災局及び福祉保健部の担当職員から、新潟県における取り組み状況についてご講演いただきました。
 参加者からは、「川内地域の避難計画をまとめるにあたり時間を要したところは」や「川内地域への支援として国が取り組んだことは」などの質問があり、内閣府の担当者から「いかに精緻な情報を集めるかがポイント。地域の情報をしっかり集めることに時間をかけた。現場である市町村とコミュニケーションを取ることが大事。」との説明がありました。
 今後も市民の安全・安心のために、研修会を適宜開催するなど、原子力安全対策にしっかりと取り組んでまいります。

代表幹事の森長岡市長あいさつ
▲代表幹事の森長岡市長あいさつ
杉本参事官から「地域防災の充実」について説明
▲杉本参事官から
「地域防災の充実」について説明
内閣府に質問する市町村職員
▲内閣府に質問する市町村職員

関連資料

次第 (PDF 90KB)
出席者名簿 (PDF 159KB)
地域防災の充実に向けた取り組み (PDF 4,386KB)
川内地域の緊急時対応(全体版) (PDF 13.9MB)
住民等の防護対策について (PDF 164KB)
要配慮者の避難・屋内退避体制の取組状況等について (PDF 491KB)
安定ヨウ素剤の配布等について (PDF 1,694KB)

このページの担当

原子力安全対策室
TEL:0258-39-2305  FAX:0258-39-2309
メール:gen-an@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。