• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡市原子力安全対策室 > 第10回市町村による原子力安全対策に関する研究会(平成26年2月20日)

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡市原子力安全対策室 > 第10回市町村による原子力安全対策に関する研究会(平成26年2月20日)

第10回市町村による原子力安全対策に関する研究会(平成26年2月20日)

最終更新日 2014年2月20日

 2月20日、アオーレ長岡において第10回市町村による原子力安全対策に関する研究会が開催されました。第10回研究会では、2月3日、新潟県から示された「原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針(案)」について議論し、方向性について了承しました。
 会議でははじめに、新潟県危機管理監の飯沼克英氏から「原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針(案)」についてご説明いただきました。出席者からは、「どの避難道路を使うべきか指示をしてほしい」「透析患者など特別な対応が必要な方への個別対応を今後図っていくことが必要ではないか」、「スクリーニングポイントは、県有施設を含めてあらかじめ指定したほうが良い」などの意見が出ました。その後、事務局から「風向きなど気象を考慮し、すばやく避難」について説明がありました。風向きを考慮した避難は、これまで研究会で議論を重ねてきた方針で、風と直角方向など放射性物質を避ける方向への避難することにより、移動距離と避難時間の短縮を図ることが可能になります。
 市町村研究会は、今後も国、新潟県等と検討を進め、原子力安全対策にしっかりと取り組んでまいります。

第10回市町村研究会の様子
▲第10回市町村研究会の様子
飯沼危機管理監から「行動指針(案)」について説明
▲飯沼危機管理監から「行動指針(案)」について説明

関連資料

次第 (PDF 54KB)
出席者名簿 (PDF 92KB)
【資料No.1】原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針(概要) (PDF 293KB)
【資料No.2】原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針(案) (PDF 6,033KB)
【資料No.3】原子力災害に備えた新潟県広域避難の行動指針(Ver.1)(案)策定時の課題 (PDF 464KB)
【資料No.4】平成25年度県地域防災計画の主な修正ポイント (PDF 126KB)
【参考資料】風向きなど気象を考慮し、すばやく避難 (PDF 499KB)

このページの担当

原子力安全対策室
TEL:0258-39-2305  FAX:0258-39-2309
メール:gen-an@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。