• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

今月の交通安全情報

最終更新日 2017年4月3日

春の全国交通安全運動

運動の重点

子供と高齢者の交通事故防止

ドライバーは、歩行中や自転車に乗っている子どもや高齢者を見かけたら、減速・一時停止をするなど、「思いやりのある運転」を実践しましょう。

歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(自転車については、特に自転車安全利用五則の周知徹底)

シートベルトを着用せず、交通事故に遭った場合、車外放出やほかの同乗者に衝突する危険性があります。
シートベルト・チャイルドシートは、交通事故の衝撃から命を守ってくれる「命綱」であるという認識を持ち、確実に着用しましょう。

自転車安全利用五則
1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
2 車道は左側を通行
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4 安全ルールを守る
5 子どもはヘルメットを着用

後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

新潟県での6歳未満全体のチャイルドシート使用率は49.0%で全国ワースト3位です。
抱っこやそのまま着座では、急ブレーキや衝突の際、車外放出などの重大な事故になる危険性があります。

飲酒運転の根絶

「飲酒運転は重大な犯罪である」と認識し、飲酒運転を絶対に許さない環境を家庭や職場で作り、市民総ぐるみで飲酒運転を根絶しましょう。また、アルコールは簡単には抜けません。二日酔いでの運転にならないよう注意しましょう。

横断歩行者の保護(新潟県重点)

新学期は、道路の横断に不慣れな新入学生など小さな子どもが多く見られます。ドライバーは横断歩道等では歩行者が優先であることを認識し、歩行者の横断を妨げないようにしましょう。
歩行者は、明るい服装を心がけ、夜光反射材を活用するなど、ドライバーに自らの存在を知らせましょう。

このページの担当

市民活動推進課
TEL:0258-39-2206  FAX:0258-39-2258
メール:siminkatudou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。