• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 食品ロスを減らすために、できることからはじめませんか?

トップ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 食品ロスを減らすために、できることからはじめませんか?

食品ロスを減らすために、できることからはじめませんか?

最終更新日 2017年4月1日

食品ロスとは

 食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。
 日本の食品ロスは、年間632万トン※と試算され、そのうち302万トンは一般家庭から排出されています。
 食品ロス量から日本人一人当たりの食品ロス量は、お茶碗約1杯分(約136グラム)の食べ物が毎日捨てられている計算になります。※農林水産省及び環境省「平成25年度推計」(消費者庁作成 食品ロス削減:啓発用パンフレット/基礎編(平成28年11月版)より抜粋)
 大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが必要です。
 食べ物や生産者への感謝を忘れずに「もったいない」を意識をして、食品ロスを減らしましょう。

家庭でできる!食品ロス削減のポイント

買い物は必要なものだけ

値段が安いからといって食材を買い過ぎたり、在庫があるのを忘れて同じ食材を買ってしまったりすることは、結局使い切れずに食材を捨ててしまう原因になります。
食品の在庫を確認し、必要な分だけを買うようにしましょう。

「消費期限」「賞味期限」を正しく理解

燃やすごみに出された手付かずの食品の例
▲燃やすごみに出された
手付かずの食品の例

「消費期限」は、「食べても安全な期限」のため、それを過ぎたものは食べないほうが安全です。
「賞味期限」は、「おいしく食べられる期限」ですから、すぐに廃棄せず、見た目や臭いなどで個別に判断することも大切です。

上手に調理して食べ切る

野菜などの皮は厚むきせずに調理し、料理は食べられる量だけ作りましょう。もし、残ったら別の料理に活用するなど、食べ切る工夫をしてみましょう。

料理レシピサイト「クックパッド」内の「消費者庁のキッチン」
食材を無駄にしないレシピはこちら

残さず食べよう!30・10運動

宴会編

宴会編

乾杯後30分間は、席を立たずに料理を楽しみましょう。
お開き前10分間は、自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。
☆幹事さんのアナウンスが大切です。
 宴会開始時と終了10分前に、料理を残さず食べるように幹事さんが呼びかけましょう。

新潟県の取り組み「残さず食べよう!にいがた県民運動」協力店

このページの担当

環境業務課
TEL:0258-24-2837  FAX:0258-24-6553
メール:kankyogy@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。