• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 子育て・教育 > 子育て > 長岡市要保護児童対策地域協議会

トップ > 子育て・教育 > 子育て > 長岡市要保護児童対策地域協議会

長岡市要保護児童対策地域協議会

最終更新日 2017年4月1日

 長岡市では、児童虐待の防止、早期発見・早期対応、再発防止のため、地域の関係する各機関が連携して虐待から子どもたちを守るために「長岡市要保護児童対策地域協議会」(児童虐待防止の地域ネットワーク)を設置しています。
 地域の医療・保健・福祉・教育などの関係機関が連携し、地域ぐるみで子どもの笑顔と安全を守ります。

あなたの「もしや!?」が子どもを救う

 あなたの身の周りに、「もしかしたら、虐待を受けているのでは!?」「良くわからないけれど、ちょっと心配な親子…」など、と思われるような方はいらっしゃいませんか?

子どものサイン 保護者のサイン
●衣服などが不潔
●不自然な傷・あざ・火傷がある
●表情が乏しい
●攻撃的な行動が目立つ
●子育てに疲れ、イライラして子どもにあたる
●子どもが怪我や病気でも受診させない
●相談相手や友人がなく、孤立している
●子どもとの関わりが乏しい

 当協議会では、児童虐待にかかわるご相談や通報をお受けします。秘密厳守、外部には漏れることはありません。匿名でも結構です。
 少しでも気になることがありましたら、下記の連絡先に連絡をお願いします。もし、虐待でなかった場合も責任は問われません。あなたの勇気が、子どもだけでなく家族を救います。


長岡市要保護児童対策地域協議会(子ども家庭センター内
相談日:月曜日~金曜日 8:30~17:15
「0258-39-0889」の画像

「児童相談所全国共通ダイヤル」の画像

●詳しくは下記の専用サイトをご覧ください。
 ⇒児童相談所全国共通ダイヤル 専用サイト
●もしくは0258-35-8500(長岡児童相談所)まで

児童虐待とは・・・

 児童虐待は大きく4つに分けられますが、これらが重複して起きていることが少なくありません。

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など
⇒初めは軽微な傷やけがでも、時間の経過に伴い虐待行為がエスカレートしていく危険性が高いため、発見時点での児童・生徒の安全及び継続的な安全の確保が重要です。

性体的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など
⇒児童・生徒の告白により発見された場合、対応には細心の注意が必要です。重篤な児童虐待であり、児童相談所の早急な対応が必要です。

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
⇒他の虐待に比べ、親の子どもに対する困り感や関心などが少ないため、その介入については、地域の関係機関とともに息の長い支援が必要です。

心理的虐待

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス(DV)) など
⇒心理的虐待が単独で見られる場合には、他の虐待と比べて、保護者側の虐待に対する認知の改善や、支援が難しくなることが考えられます。

このページの担当

子ども家庭センター
TEL:0258-36-3790  FAX:0258-39-7860
メール:kodomocen@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。