• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 観光 > 歴史・文化 > 神社・仏閣 > 木喰上人作 観音像

トップ > 観光 > 歴史・文化 > 神社・仏閣 > 木喰上人作 観音像

木喰上人作 観音像

長岡エリア

最終更新日 2017年4月1日

木喰上人作 観音像

 木喰上人(1718-1810)は甲斐国(現山梨県)に生まれ、22歳で出家し、45歳のとき木喰戒を受け、56歳で廻国修行の旅に出て、仏像千体彫刻を発願しました。
 宝生寺木喰仏は、文化元年(1804)夏、この地を訪れた上人が境内の銀杏の巨木を伐り倒して彫り上げました。
 像は深い笑みをたたえた微笑仏で、大衆供養を本願とし、廻国と造像に専心しながら87歳を迎えた上人晩年の秀作で、保存状態も極めて良好です。

 小国町の真福寺で仁王の巨像を彫り上げた木喰上人は、文化元年の5月下旬宝生寺を訪れ、境内の銀杏を切り倒して7月13日までの間に西国 33観音を造立しました。
 これら諸仏は、平均像高が90センチメートル近くもあり実に堂々とした像容で、澄んだ微笑みの表情もよく、木喰微笑仏中傑出した作例です。 また、保存状態も極めて良好です。
 現存する30体以上の群像は、他に小栗山観音堂の33観音・上前島金毘羅堂の秩父34所観音・南鯖石安住寺の非母33観音の3例しかなく、その意味でも貴重な存在です。
 木喰上人は文化7年(1810)93歳で生涯を閉じました。


文化財指定
<種 別> 県指定有形文化財彫刻
<指定日> 昭和42年3月25日
<所有者(管理者)> 宝生寺 長岡市白鳥町486 0258-46-4768
所在地 長岡市白鳥町486番地【地図
アクセス JR長岡駅大手口からバス25分
駐車場 有り

このページの担当

観光企画課
TEL:0258-39-2344  FAX:0258-39-3234
メール:kanko@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。