• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

ほだれ祭

栃尾エリア

最終更新日 2016年4月1日

ほだれ祭

 栃尾にはいたるところに石仏や道祖神があります。母が子を抱き、父が合掌のもの、男女が抱擁しているものなどの双体、あるいは三体の道祖神、如意輪観音、馬頭観音、庚申像(塔)など古くから人々に信仰された神々です。ほだれ様も道祖神の1つで御神木の大杉の横に陽根型の御神体が祀られています。この御神体は高さ2.2m、重さ600kgで、新潟県はもちろん日本で一番大きな道祖神かと思われます。
 「ほだれ」とは男性の局部という説もありますが、稲の「穂垂れ」…つまり豊かな実りを形容する言葉であるとも言われています。

<祭りの始まり>
 祭りの原型は、すでに江戸時代の昔からあったと言われています。当時御神体は石で出来た陽根型のもので、祭りの日には御神体前の広場に村中の者が集まり、若い衆の法螺貝や太鼓に合わせて大数珠をくり、村中を巡りました。

<祭りの様子>
 ほだれ様の横にそびえる大杉(樹齢800年)に、200kgの大しめ縄が奉納されるとお祭りスタートです。大数珠くり、お神酒鏡開き、初嫁厄払い、五穀豊穣祈願などの神事が行われた後、いよいよほだれ様の登場です。ほだれ様は年に一度この日に祠から外に出され、初嫁を乗せて神輿のように担がれます。参拝者は「縁結び」「子宝」「安産」「子の健やかな成長」「五穀豊穣」「商売繁盛」「無病息災」「家内安全」…などの様々な願をかけ、ご利益にあやかろうとほだれ様に手を延ばします。
 この他参拝者には富くじ、福餅の餅つきのほか、栃尾名物あぶらげや栃尾てまりなどのお土産コーナー、地酒、甘酒、カジカ酒などの美味コーナーが用意されています。

ほだれ祭
ほだれ祭
所在地 長岡市来伝(らいでん)【地図
開催日時 毎年3月第2日曜日
会場 下来伝(しもらいでん)地内
アクセス 関越道長岡ICまたは北陸道中之島見附ICから国道8号~351号~290号 経由50分
問合せ 栃尾観光協会
 TEL:0258-51-1195
 E-mail:info@tochiokankou.jp
詳細 栃尾観光協会ホームページ

このページの担当

栃尾支所商工観光課
TEL:0258-52-5827  FAX:0258-52-3990
メール:tco-shoukou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
ご意見がありましたらご記入ください。
その他 回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。また、個人情報は記入しないでください。