• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 観光 > イベント・祭り > 米百俵まつり

トップ > 観光 > イベント・祭り > 米百俵まつり

米百俵まつり

長岡エリア

最終更新日 2018年7月25日

「第17回米百俵まつり」クラウドファンディング大募集!

「第17回米百俵まつり」の画像

米百俵まつり実行委員会では、長岡開府400年、戊辰戦争から150年を迎えた今、初めてのプロジェクト「クラウドファンディング」を実施しています。
(※クラウドファンディングとは、アイデアやプロジェクトを、専用のインターネットを通じて世の中に呼びかけ、共感した人から広く資金を集める方法です。)

このプロジェクトで実現したいこと

戊辰戦争で焼き尽くされた長岡に、三根山藩から届けられた百俵の米。
時の大参事 小林虎三郎は人材育成の大切さを説き、この救援米を配らずに売って資金を作り国漢学校の整備に充てました。
米百俵まつり実行委員会は、今なお長岡の地に根付くこの「米百俵の精神」を、お祭りとして楽しみながら次世代へ伝え「ふるさと長岡」を盛り上げていきたいと考えています。

資金の使い道

ご支援いただく資金は「米百俵まつり」のメイン行列を飾る中高校生の時代衣装代等に、充てさせていただきます。
まつりを楽しみにしている子どもたちが1人でも多く参加し、長岡愛を育み、地域を盛り上げていくために皆様からのご支援、ご協力をお願いします。

リターンについて

ご支援いただく金額に応じて、①返礼型 ②参加型 ③企業PR型の3パターンをご用意しております。

其の壱【返礼型】

「1,000円の返礼品」の画像
「5,000円の返礼品」の画像
▲1,000円の返礼品
…長岡藩の旗印“五間梯子(ごけんばしご)”を
あしらった米百俵のまち、長岡のオリジナル
“合格(五角形)鉛筆”です。※返礼は1本。
▲5,000円の返礼品
…藩士を奮い立たせる牧野家の家訓入り
オリジナル「常在戦場」タオル
「10,000円の返礼品」の画像
「50,000円の返礼品」の画像
▲10,000円の返礼品
…長岡藩を支えた戒めの杯
満つれば欠く…。
十分に注ぐと空になる、ほどほどを伝える杯。
▲50,000円の返礼品
…「長岡うまい米コンテスト」上位20位に
選ばれた生産者の米だけを厳選。
「ながおかこしひかり『金匠』」30Kg(10Kg×3)を、
平成30年度の新米でお届けします。

其の弐【参加型】

「10,000円の参加型返礼」の画像
▲10,000円の参加型返礼
…米百俵まつりのメイン、時代行列を部隊の
最前列の指定席で観覧出来ます。(2名様分)
「50,000円の参加型返礼」の画像
▲50,000円の参加型返礼
…米百俵まつりを衣装着用で満喫。
(1人分、自由散策)
子ども用、大人用を選択します。
写真撮影もご自由に!!

其の三【企業PR型】

「企業PR型返礼」の画像

◀ 10,000円の企業PR型返礼
…ご芳名のぼり旗1本を作製して、米百俵まつり会場に設置します。
◀ 50,000円の企業PR型返礼
…ご芳名のぼり旗10本を作製して、米百俵まつり会場に設置します。

※上図はイメージです。
時代行列のメイン行進時に出演者が芳名旗を掲げて行進。企業PRアナウンスあり。イベント終了後は、協賛者様にお送りします。
企業PR型ですが、もちろん個人でのご支援も可能です。

求む!長岡開府400年を飾る長岡藩主たち!

 今年の米百俵まつりは、10月6日(土曜日)に開催します。
 越後長岡時代行列では、大手通りをメイン会場に総勢約500人が時代装束を身につけ、勇壮に行進します。戦国時代から戊辰までを再現する行列の中で、ひときわ輝く「配役」を広く一般公募します。

 今年は、長岡開府400年の節目の年。戊辰戦争長岡城奪還時の長岡藩の隊編成を忠実に再現した越後長岡時代行列は注目度大!
 今年の一般公募枠は計6つです。詳しくは応募チラシをチェック!

募集例(昨年の公募)

「初代牧野家藩主と姫」の画像
▲初代牧野家藩主と姫。
決定者には旅行券の副賞も!
「大河ドラマの主人公」の画像
▲大河ドラマの主人公。
大手通りを勇壮に行進します。注目度抜群!

※このほか虎千代・虎御前、鬼児島弥太郎、牧野忠訓公姫君、お船の方を募集します。

応募チラシに記載の応募条件を確認の上、ふるってご応募ください。メールで応募の場合は必要な情報(①希望の配役、②応募者の氏名、③年齢、④住所、⑤電話番号)を直接記載し送信してください。※虎千代・虎御前、牧野忠成公と姫君を希望の場合は、2人の氏名・年齢をお知らせください。

詳細については応募チラシをご覧ください。

募集期限:8月23日(木)、オーディション:9月2日(日)
※オーディションの詳細は、応募者に別途通知します。

米百俵まつり「米百俵リレー」参加者募集

「米百俵リレー」の画像

 10月6日(土)に米百俵ゆかりの地である新潟市西蒲区巻地域と岩室地域から大手通りまでの間を走り継ぐ「米百俵リレー」を開催します。
 参加者には、オリジナルTシャツをプレゼント!!
 「米百俵の精神」の継承者として、巻と長岡を結ぶ親善大使としてリレーに参加してみませんか?

一般コース 35人程度
【応募資格】
市内在住または通勤・通学している中学生以上
(1kmを6分30秒以内で走ることの可能な人。)
【走行距離】
平均3km(最長4km)
親子コース 親子20組40人
【応募資格】
市内の小学3年生以上とその保護者。
【走行距離】
1.5km程度

※いずれのコースも参加料は無料です。
※応募者多数の場合は、抽選となります。

申し込み・問い合わせ

8月31日(金)までに、参加者募集チラシの記載の募集資格などを確認の上、参加申込票をダウンロードし、必要事項を記載したものを米百俵まつり実行委員会事務局(観光事業課内)へ持参するか郵送してください。
募集チラシはアオーレ長岡や各支所にもあります。

「米百俵リレー」の画像

beyond2020プログラムに認定されました。

 内閣官房が主催する日本文化の魅力発信と2020年以降を見据えたレガシー創出のための文化プログラム「beyond2020プログラム」に、米百俵まつりが認定されました。
 長岡開府400年の節目の年。米百俵まつりは、日本文化の魅力を発信するだけでなく、多様性・国際性に配慮した取り組みも推進していきます。

「beyond2020プログラム」のロゴマーク

5月7日、米百俵チャリティー金贈呈式を行いました

 米百俵まつり実行委員会は、毎年秋に開催される米百俵まつりで、「未来を担う子どもたちの育成」などを目指してチャリティー金を募り、次世代の人材育成に力を注いでいる市内の団体に贈呈しています。
 このたび、昨年10月7日に開催した「第16回米百俵まつり」で寄せられたチャリティー金の贈呈式をまちなかキャンパス長岡にて開催しました。
 チャリティー金として御協賛くださった皆様には、返礼品としてとれたての「新米」を差し上げています。
 この「お米」の提供は、長岡市農業者担い手ネットワークを中心に平成15年から続いており、今回は200人を超える農家の皆さんをはじめ、市内の小学校や旧三根山藩(旧巻町、旧和室村)から温かい御協力をいただき、その総量は約1,500kgとなりました。
 ご提供いただいた新米は「平成の米百俵」として、米百俵まつり実行委員会から、人材育成に力を注いでいる市内の4団体に贈呈されました。

お米を提供くださっている長岡市農業者担い手ネットワークの高橋副会長

「高橋副会長」の画像

 お米を提供くださった長岡市農業者担い手ネットワークの高橋副会長から贈呈式にお越しいただき、ご挨拶をいただきました。
 現代に受け継がれる長岡の米百俵の精神は、“平成の米百俵”として、多くの人たちから支えられ、長岡の未来を担う次世代に活かされています。

※新米は長岡市の小学校、三根山藩ゆかりの巻の峰岡自治会、岩室の新谷自治会からもご提供いただいております。

贈呈を受けた市内の人材育成団体

「人材育成団体」の画像

左から
①NPO法人 ネットワーク・フェニックス 土田代表
②NPO法人 市民協働ネットワーク長岡 羽賀代表
 ・米百俵まつり 牧野実行委員長
 ・長岡市農業者担い手ネットワーク 高橋副会長
③NPO法人 米百俵スクールプロジェクト 今井代表
④公益財団法人米百俵財団 金澤事務局長

第17回(平成30年)米百俵まつり開催決定!!

平成30年は長岡開府400年。
本年度も米百俵まつりを盛大に開催します。

日時:平成30年10月6日(土)午前11時30分から
会場:長岡市大手通周辺ほか

詳細は決まり次第更新いたします。

長岡が誇る米百俵の精神と、歴史と伝統をまつりに学ぶ一日。

次世代を担う子どもたちから、故郷「長岡」を知ってもっと好きになってもらうためのイベントが盛りだくさん!
イベントの詳しい内容は平成29年度米百俵まつりチラシ(PDF 3,670KB)をご覧ください。
※チラシは昨年のものです。

目的

「米百俵まつり」の画像

 長岡が誇る「米百俵の精神」をテーマに、秋の収穫祭と併せて誕生したお祭りです。
 今からおよそ150年前の北越戊辰戦争で、旧幕府軍側の最前線で勇猛果敢に戦い抜いた長岡藩。その激戦で多くの命を奪われ、まちを焼き尽くされ、さらには「賊軍」の汚名を着せられながらも、長岡の先人たちは立ち上がり、着実な復興を成し遂げました。
 まちの再建の大きな礎となったのは「質朴剛健」の長岡人の気質であり、当時の長岡藩大参事・小林虎三郎が人材育成の重要性を説いた「米百俵の精神」です。今日まで長岡の地に深く根付くこの「精神」を、次世代を担っていく子どもたちへ、さらには日本全国、世界各国のみなさんへと伝える米百俵まつりへ、どうぞ揃ってお出かけください。

米百俵まつり

会場 大手通周辺【地図
日時・日程 平成30年10月6日(土) 午前11時30分~午後5時
主な内容 【越後長岡時代行列】
戊辰戦争長岡城奪還時の長岡藩隊編成を忠実に再現した市民ら約500人が、市内各地から大手通りへ向けて行進・集結しパフォーマンスを行います。また、華やかな牧野家参勤交代や殿様や姫、奴さん、そして長岡の風土「米百俵の精神」が生んだ郷土の先人も登場します。
※時間・場所は、変更になる場合があります。
問合せ 米百俵まつり実行委員会(事務局:長岡市観光事業課)
長岡市大手通2-6フェニックス大手イースト長岡市役所大手通庁舎6F
TEL (0258)39-2221 FAX (0258)39-3234

メインステージでの主な演出(予定)

長岡藩と西軍の合戦シーン

「長岡藩と西軍の合戦シーン」の画像

 長岡城を守る長岡藩士と西軍の合戦シーンや伊東道右衛門の奮戦の様子などを再現します。

米百俵の儀

「米百俵の儀」の画像

 三根山藩から贈られた米百俵が、大八車に載せられて登場。
 長岡藩主に扮した人物が受け取る儀式です。

戯曲「米百俵」の寸劇

「戯曲「米百俵」の寸劇」の画像

 戯曲「米百俵」の寸劇。山本有三の戯曲「米百俵」のクライマックスシーンを再現。米百俵の精神をわかりやすく上演します。

米百俵の精神が生んだ、郷土の先人の紹介

「米百俵の精神が生んだ、郷土の先人の紹介」の画像

 米百俵の精神が生んだ、郷土の先人の紹介。ステージ上にて、長岡の風土・米百俵の精神が生んだ先人を、仮装した人物が登壇し紹介いたします。
例:山本五十六、堀口大学、小野塚喜平次、斎藤博、井上円了など

米百俵リレー

米百俵リレー(巻→長岡)

「米百俵リレー」の画像

 戊辰の役敗戦後に、三根山藩(現在の新潟市西蒲区巻・岩室)から百俵の米が贈られたという史実に基づき、巻から長岡までを巻、岩室、長岡からの参加者がリレーします。

ホコ天イベント

「ホコ天イベント」の画像

周辺市町村のイベント・物産展

 長岡藩にゆかりのある県内外の市町村(巻、岩室など)のPRおよび特産品販売などが行われます。

フリーマーケット

 一般市民から募集したフリーマーケットを開催します。

長岡および周辺市町村の和太鼓競演

 長岡市の悠久太鼓と、周辺市町村の太鼓団体の演奏を、メインステージ・大手通りにて行います。

米百俵囲碁まつり

「米百俵囲碁まつり」の画像

 囲碁に親しんでもらうため、初級講座(無料)や対局などを行います。

米百俵チャリティーイベント

 長岡市農業者担い手ネットワークをはじめ、巻、岩室などから寄付いただいた米をチャリティー用として販売します。集まったお金は次世代の人材育成に役立てられます。
 市内の小学校の子ども達が育てた学校田のお米も含まれています。
 平成28年度のチャリティーの様子はこちら
 平成29年度のチャリティーの様子はこちら

猿回しステージ

「猿回しステージ」の画像

 親子連れをはじめ、多くの方々から楽しんでもらうため、猿回しショーを行います。

●先人カードを探せ!
 米百俵まつりの会場に隠された「先人カード」を探して集めよう!
 長岡の風土が生んだ先人たちのカードが全部で23種類。さあ、コンプリートできるかな?

「先人カードを探せ!」の画像

●米百俵のまち長岡クイズ
 長岡の偉人や歴史を楽しく学べるクイズを実施

●郷土の先人紹介ブース
 長岡の風土が生んだ先人たちの功績をわかりやすく紹介します。
 写真撮影ブースで記念撮影もできます。

「郷土の先人紹介ブース」の画像

このページの担当

観光事業課
TEL:0258-39-2221  FAX:0258-39-3234
メール:matsuri@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。