長岡市ウェブサイトはこちら

長岡市水道局

文字サイズ

水質水質

トップページ > 水質 > 安全にお使いいただくために

安全にお使いいただくために

最終更新日 2021年4月1日

 朝一番の水は、飲み水以外にお使いください。

朝一番などの水道水の使用方法について

 水道管に鉛管が使用されているご家庭では、長時間水道を使用しなかった場合にわずかですが鉛が溶けだしていることがあります。通常の使用では健康上問題ありませんが、朝一番や長時間留守にした後に水を使う場合は、念のためバケツ1杯程度の水道水は、洗濯や掃除などの飲み水以外の用途にお使いになることをお勧めします。また、鉛管が使用されていないご家庭でも、長期間水道を使用しない場合には、消毒用の塩素が少なくなっている可能性がありますので、同様の扱いをお願いします。

鉛製引込管使用の経過について

 鉛管は錆が発生せず、柔軟性に富み、加工・修繕が容易であることから各家庭への引込管に使用されてきました。しかし、漏水が多発することや他の材質の施工性が向上してきたことから鉛管の使用を止め、ポリエチレン管を採用しています。

鉛製引込管解消に向けての取組みについて

 水道局では皆様に水道水をより安心してご使用いただくために、鉛製引込管の解消に向け、次の工事を行うときに「鉛管の使用例」で図示している「水道局負担の工事範囲」の箇所を順次ポリエチレン管に入替えています。

  • 本管の入替え工事のとき
  • 公道部分で鉛管が漏水し、修理するとき
  • 鉛管の入替え工事のとき
  • 同口径で入替える場合は工事費の全額が水道局の負担となりますが、口径を変更される場合は、工事費の一部がお客様の負担となります。

 平成6年度から公道部分の鉛製引込管について入替を行っていますが、令和元年度末で約80件(長岡地域)が残っています。
 早い時期の鉛製引込管の解消を目指してまいりたいと考えています。なお、宅地内の鉛管は個人の財産であるため、お客様の負担で工事を行っていただくことになります。

鉛管の使用例 鉛管が使用されている可能性のあるところは次のとおりです。

鉛管の使用例 鉛管が使用されている可能性のあるところは次のとおりです。
  • わずかですが、止水栓からメーターまで全て鉛管の場合があります。
  • 略図ですので、実際と異なる場合があります。
  • 鉛管に関するお問い合わせは水道局又は各営業所へお願いします。
このページの担当
工務課 TEL:0258-35-0017 FAX:0258-36-4434
メール:komu-nagaoka.ws@m2.nct9.ne.jp
©2021 Nagaoka City Waterworks Bureau all rights reserved.