長岡市ウェブサイトはこちら

長岡市水道局

文字サイズ

お知らせお知らせ

トップページ > お知らせ > 水道管を冬の凍結から守りましょう!

水道管を冬の凍結から守りましょう!

最終更新日 2018年12月21日

 水道管は、気温がマイナス4℃以下になると凍結しやすくなります。
 凍結した場合、水が出なくなるだけでなく、水道管が破裂して漏水することがあります。
 凍結させないよう、早めに対策を行いましょう。

凍結しやすいところ

屋外にある水道管
  • むき出しになっている
  • 風当たりの強いところにある
  • 北向きにある

 次の凍結予防をしましょう。
① 水道管に保温材を巻きます。(古い毛布やタオルでも代用できます)
 じゃ口のある場合は、じゃ口も包んでください。
② 保温材が濡れないよう、ビニールテープを隙間なく下から巻きます。

屋外にある水道管
給湯器本体、給湯器まわりの給水管・給湯管

 一般的な給湯器には、凍結防止機能がありますが、ブレーカーを落とすと機能しません。長期間留守にするなどブレーカーを落とす場合は、水抜きをしましょう。

空き家・長期不在のお宅 ご近所でお声がけください!
ご不在中の漏水にご注意ください!

 冬季間は、空き家や長期不在のお宅では漏水が発生しやすくなります。
 給湯器や宅内の配管から漏水した場合、漏水分の水道料金や修理費等はお客様ご負担となります。
 月に数回の掃除だけであまり水道を使用しない場合、旅行等で長期間お留守になる場合は、次の漏水予防をしましょう。

① 水道の止水栓を閉める。(止水栓は主に水道メーターボックス内にあります)
② すべてのじゃ口を開ける。
③ じゃ口から水が出なくなったら、すべてのじゃ口を閉める。(止水栓は閉めたまま)
止水栓の閉め方 矢印方向に動かすと止まります

【お問い合わせ先】
長岡市水道局 業務課 検針係 TEL:0258-35-1618

漏水を見つけることができます 水道メーターをご確認ください!

 すべてのじゃ口を閉めて、水道メーターのパイロットを確認してください。(右写真参照)
 パイロットがわずかでも動いていたら漏水しています!
漏水を見つけることができます 水道メーターをご確認ください!
 工事事業者が修理するまでの間、水道メーターボックス内の止水栓を閉めると漏水を止めることができます。
 積雪などで、メーターが確認できない場合は、外のじゃ口、立上り管、給湯器まわりを確認してください。
止水栓の閉め方 矢印方向に動かすと止まります

宅地内での漏水修理

 修理費はお客さまのご負担となります。長岡市指定の水道修理業者に修理を依頼してください。
長岡市指定給水装置工事事業者

じゃ口や水道管が凍結してしまったら

 じゃ口や水道管にタオル等をあてて、上からぬるま湯(お風呂の温度程度)をゆっくりかけてください。
※熱湯はかけないでください。破裂やひび割れの原因になります。
※凍結防止のために、水を細く出しておくことも有効ですが、必要以上に出さないようご協力ください。

漏水・凍結のお問い合わせ先

お住まいの地域担当部署電話番号
長岡、越路(岩塚、塚山地区を除く)、山古志、川口業務課 検針係0258-35-1618
小国、越路(岩塚、塚山地区)小国営業所0258-95-2440
栃尾栃尾営業所0258-52-5826
三島、与板、和島、寺泊与板営業所0258-72-2259
このページの担当
業務課 TEL:0258-34-1412 FAX:0258-36-4432
メール:gyomu@m2.nct9.ne.jp
©2021 Nagaoka City Waterworks Bureau all rights reserved.