• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 地域委員会 > 和島地域委員会 > 平成26年度第1回 和島地域委員会会議録

トップ > 市政 > 地域委員会 > 和島地域委員会 > 平成26年度第1回 和島地域委員会会議録

平成26年度第1回 和島地域委員会会議録

最終更新日 2021年4月1日

会議名 第1回 和島地域委員会
開催日時 平成26年5月23日(金) 18:30~19:30
開催場所 和島保健センター
出席者名 【委員】
    池浦隆太郎 委員
    大矢準一   委員
    清野精研  委員
    菊地和昭  委員
    久須美初男 委員
    小林純子   委員
    小林教子  委員
    小林 博  委員
    島倉 茂  委員
    関川たづ子 委員
    竹内嘉秀  委員
    羽鳥仁一  委員
    早川奈保子 委員

【長岡市】
    渡邉地域振興戦略部長
    腮尾地域振興戦略部40万都市推進・地域振興担当課長
    安達地域振興戦略部主任
    八子和島支所長
    清水市民生活課長
    小方産業建設課長
   事務局
     堀田地域振興課長
     早川係長
     菊地主査
     小林主任
(傍聴人0、報道0)
欠席者名 中村義久  委員
議題 1 平成26年度長岡市地域コミュニティ事業補助金について
審議結果の概要 【議題】
1村岡城址の歴史を守る会の代表が『村岡城址とホタル舞う保内郷の地域づくり事業』について説明を行い、審議の結果、実施が承認された。
会議資料 第1回和島地域委員会次第(PDF 113KB)
地域コミュニティ事業申請書(資料1)(PDF 2,179KB)
地域の宝の磨き上げについて(資料2)(PDF 1,165KB)
和島支所主要事業について(資料3)(PDF 890KB)
地域交流促進事業について(資料4)(PDF 966KB)

審議の内容

【開会】
支所長 (あいさつ)
地域振興戦略部長 (あいさつ)
【議題】
委員長  それでは、議題(1)平成26年度長岡市地域コミュニティ事業補助金について事務局から説明願います。
地域振興課長  平成26年度長岡市地域コミュニティ事業は1件、村岡城址の歴史を守る会から申請がありました。事務局におきまして事業内容、対象経費など1次審査を行い、要件を満たしていることを確認しております。このあと申請団体からプレゼンテーションしていただき、質疑応答、審査をお願いいたします。今回は、1団体からの申請ですので挙手による多数決により決定いただきたいと思います。
委員長  それでは、申請団体から説明をお願いいたします。
コミュニティ事業説明者 (資料に基づき説明)
委員長  それでは、質疑に入ります。
委員  里山マップの印刷部数をお聞かせください。
コミュニティ事業説明者  1,000部印刷を予定しています。
委員  6月8日のツアーは何人位の参加があるのでしょうか。
コミュニティ事業説明者  新潟交通のくれよんのツアーですが、現在24名の申込があります。
委員長  他にないようでしたら休憩後、採択に入ります。
委員長  それでは採決に入ります。この事業に賛成される方は挙手願います。
(全員挙手)
委員長  この事業は承認されました。
 つづきまして、(2)地域の宝の磨き上げ事業について、説明をお願いします。
(地域振興部から地域の宝の磨き上げ事業について説明)
委員長  それでは、質疑に入ります。地域の宝の磨き上げ事業について、質問等がありましたらお願いいたします。
委員  地域の宝の定義で「全地域」とは、何を指しているのか。お聞かせください。
地域振興戦略部課長  和島地域全体を言っております。
委員長  今まで、ふるさと創生基金で各集落の入口に各地域のキャッチフレーズを入れた看板設置等の事業を行ってきました。今回の地域の宝の磨き上げ事業は、全く新しい事業を探し磨き上げることもいいが、今まで行った事業をさらに磨き上げることもいいと思うが、いかがでしょいうか。
地域振興戦略部課長  今まで行ってきた事業も成果は上がっていると思われますが、さらに磨き上げるパワーアップする事業と考えております。
委員長  今後、磨き上げ事業が決定し、事業の詳細を検討していきますが、それらの事業に伴う整備費等の予算については、どのようになるのでしょうか。
地域振興戦略部課長  作業といたしましては、来年度の予算要求時期までに地域の宝を絞り込み事業計画を行う上で、予算も伴ってくると思われます。
委員長  今年度は地域委員会の予算が増えていますが、地域の宝を検討するための予算なのでしょうか。
地域振興戦略部課長  昨年より、3回分ほど多くなっていますが、地域の宝の磨き上げ事業検討のための予算です。
委員  「5検討の手法」の中で地域委員会における議論を通して、「地域の宝」を磨き上げ、事業主体となりうる「地域住民組織」等との調整とあるが、詳しく説明ください。
地域振興戦略部課長  地域の宝を地域委員会で掘り起こし、事業に実際携わる団体と話し合い・協議を行いながら事業を決定しなければならないと思っております。
地域振興戦略部長  進め方についてですが、はじめに、「地域の宝」の定義の基づいて地域委員会で何点か事業を上げていただき、それらの活動団体から地域委員会に来ていただき、活動の状況、今後の活動希望等を地域委員会と議論を重ねていただきたいと思います。話し合っていく中で、活動人員や磨き上げに伴う予算が必要となる場合が出てくると思われます。5から10年のスパンで事業計画を組み立てて、地域の宝の磨き上げ事業を実施していきたいと考えます。
支所長  合併してから、歴史・魅力ある和島をどのように発信していくか、試行錯誤を重ねながら、色々な活動を推進してまいりました。その中で、長岡市地域コミュニティ事業補助金申請団体の村岡城址の歴史を守る会や住雲園の管理を行ってきました住雲園を守る会、はちすば通りの和島島崎地区まちづくり協議会等で和島特有の特色ある資源を合併から整備し盛り上げてまいりました。これらの活動は、今後10年・将来に向けて、和島特有の資源を重点的に特色を出して磨きをかけていける事業であると思います。地域委員の皆様には、これらの活動を踏まえ、どのような資源が和島地域の宝になるのか検討いただきながら、事業を決めていただきたいと思います。実際の事業内容は、直接活動している団体の考えや意向を聞きながら進め、来年度予算要求し、事業を進めていきたいと考えております。
委員  支所長から今現在活動している団体を例に挙げられましたが、和島地域全体となると、先ほどの例は各地域の活動で和島地域全体の活動ではないように思われます。和島地域全体の事業となると昨年、花いっぱいフェア和島サテライトを和島で開催いたしました。和島地域全体の盛り上がりを絶やさず、和島地域を花でいっぱいにし、花いっぱいを磨き上げ、地域の宝として作り上げていこうという事業はいいのでしょうか。
地域振興戦略部長  地域特有の個性が凝縮され、他の地域にない事業であればいいと思いますが「花いっぱい」は他の地域でも行われいます。取り組むのであれば、和島地域独自の色をださなければならないと思います。
委員  事業の数ですが、進めたい事業が5事業あれば5事業でもいいのでしょうか。
支所長  先ほどの事務局の説明ですと2から3事業だと思います。
地域振興戦略部長  5から10年をかけて行う事業ですので、時間・予算等を考えると2から3事業が妥当と思います。
委員  支所長が村岡城址・住雲園・はちすば通り3つの例を上げられましたが、新たな宝を作り出し、単独で磨き上げることは、大変難し事だと思います。この3つの宝を基に3事業の中に含まれそうな新たな事業があれば事業を合体し、地域委員会で検討を重ね、3事業程度の和島地域の宝として決定したらいいと思います。
委員  確認ですが、これまで取り上げられていない新たな事業でも和島地域特有のものであれば、とりあげてもいいのでしょうか。
地域振興戦略部課長  取り上げてもよろしいです。
委員長  その他、質問等はありませんか。
 ないようでしたら、続きまして、4報告(1)平成26年度和島支所主要事業について事務局の説明をお願いいたします。
(平成26年度和島支所主要事業について、各担当課長が説明)
委員長  続きまして、(2)地域交流促進事業について、事務局の説明をお願いいたします。
(地域交流促進事業について、地域振興課長が説明)
委員長  続きまして、5その他について、事務局の説明をお願いいたします。
(良寛史跡清掃、良寛墓前法要について、担当課長等が説明)
委員長  本日は以上をもちまして閉会いたします。大変ご苦労様でした。

このページの担当

和島支所地域振興・市民生活課
TEL:0258-74-3112  FAX:0258-74-2791
メール:wsm-chiiki@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。