• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 地域委員会 > 小国地域委員会 > 平成21年度第6回 小国地域委員会会議録

トップ > 市政 > 地域委員会 > 小国地域委員会 > 平成21年度第6回 小国地域委員会会議録

平成21年度第6回 小国地域委員会会議録

最終更新日 2010年3月15日

会議名 第6回地域委員会
開催日時 平成22年2月4日(木曜日)
午後4時から午後5時20分
開催場所 小国支所 3階大会議室
出席者名 ○委員(14名)
田辺英夫   委員長
安澤 功   副委員長
安澤總夫   委員
五十嵐 元  委員
板屋 忠   委員
稲波忠昭   委員
今井賢市   委員
今井則子   委員
鈴木一英   委員
鈴木京子   委員
角山徳郎   委員
山崎豊士   委員
山崎八重子 委員
山田晴美   委員

○長岡市
山崎地域政策監 田中地域振興戦略部総括副主幹 村山支所長
広田地域振興課長 宮川市民生活課長 板垣産業課長 大橋建設課長
小川診療所事務長 田中地域振興課地域振興・防災係長
丸山地域振興課主任 大矢地域振興課主事
松田おぐにコミュニティ検討委員長

○傍聴人 (一般 1 名  報道 1 社 )
欠席者名 なし
議題 議題
1.当面の諸課題について
・仮称・小国総合センター整備について
・オフトーク放送の廃止について
・地域コミュニティ検討委員会の状況について
・地域委員長・副委員長会議の開催結果について

その他
1.今後の地域委員会の予定について
審議結果の概要 議題
1.当面の諸課題について審議。
・仮称・小国総合センター整備についてについて説明。
質疑・応答
・オフトーク放送の廃止について説明。
質疑・応答
・地域コミュニティ検討委員会の状況について説明。
質疑・応答
・地域委員長・副委員長会議の開催結果について説明。
会議資料
(印刷用)
第6回小国地域委員会会議録 (PDF 28KB)

審議の内容

(別紙次第及び資料に沿って議事を進行した。以下要点を記す。)
1.開会
2.あいさつ
・田辺委員長
・山崎地域政策監
3.議題
(1)当面の諸課題について
・仮称・小国総合センター整備について
支所長、山崎地域政策監が、仮称・小国総合センター整備について説明。
山崎豊士委員  各関係団体とは、どこまで協議が進んでいるのか。
支所長  例えば、老朽化した延命荘は、この仮称・小国総合センターが決まる前から協議が進んでいる。また、2つの公民館分館については、地域での利用を検討してもらっている。このように、各分野で徐々に進めている。
・オフトーク放送の廃止について
地域振興課長が、オフトーク放送の廃止について説明。
稲波忠昭委員  ケーブルテレビ地域チャンネルは、何チャンネルか。また、3月末廃止だが、料金はどうなるのか。
地域振興課長  ケーブルテレビ地域チャンネルは、アナログ10チャンネルである。オフトーク通信利用料は、3月分で終了となる。
山崎豊士委員  機器撤去については、支所から業者へきちんと指示してほしい。
地域振興課長  しっかりと指示していきたい。
・地域コミュニティ検討委員会の状況について
地域振興課長、松田おぐにコミュニティ検討委員長が、地域コミュニティ検討委員会の状況について説明。
稲波忠昭委員  三島地域のコミュニティセンターは1ヶ所か。また、社会福祉部会と児童育成部会の運営方法についてお聞きしたい。サブセンターがある場合、市からの補助はどうなるのか。
松田検討委員長  三島地域のコミュニティセンターは1ヶ所である。また、社会福祉部会と児童育成部会について、三島地域の場合は、社会福祉協議会と公民館はコミュニティセンターに入っていない。サブセンターについては、これから検討する。
稲波忠昭委員  社会福祉部会は老人会が主体になり、児童育成部会は子どもが主体になると思う。コミュニティセンターが1ヶ所になった場合の、送迎方法をお聞きしたい。
地域振興課長  メイン会場は小国地域の中心部であるが、事業によっては学校施設等を借りて、その会場へ出前のように行って、ソフト面でサービスを展開する方法を考えている。
稲波忠昭委員  放課後、お年寄りと子どもが集まって交流するのも、主な活動になると思うので、ぜひ送迎について考えてほしい。送迎が確保できない場合は、サブセンターを検討課題としてほしい。
山崎豊士委員  様々な部会があるが、かなり専門的なことが求められると思う。
松田検討委員長  ここに示したものは、仮のものである。具体的な内容は、これから検討する。三島地域の場合は、スタッフはいるが、支所1階のコーナーで事務をしている。今後、支所1、2階をコミュニティセンターとして利用し、支所業務は3階で行うらしい。三島地域は、5~6年掛けて、ようやくここまで決まった。小国地域はこれからである。いただいた意見を参考にして、今後協議を進めていきたい。
鈴木一英委員  NPO法人化はできるのか。
地域振興課長  コミュニティの一部の団体として、NPO法人があると考えている。
鈴木一英委員  内閣で寄付行為に対する税遇措置が考えられている。企業からの寄付があれば、運営も助かるのではないか。
地域振興課長  コミュニティは、地域住民が自分たちで作っていくものである。運営方法についても、行政が指示するのではなく、これから検討して合意形成していく。
・地域委員長・副委員長会議の開催結果について
委員長が、地域委員長・副委員長会議の開催結果について説明。
その他
(1)今後の地域委員会の予定について
地域振興課長が、今後の地域委員会の予定について説明。
・産業課長が、おぐに雪まつりについて説明。
・建設課長が、長岡市都市景観賞について説明。
・地域振興課長が、平成22年4月1日付け組織変更案の概要について説明。
山崎豊士委員  直売所については2年間で結論が出る予定だったが、先ほどの分科会で、来年度にはある程度出来る可能性があると聞いた。2年もかけると効果が出ない恐れがあるため、繰り上げて行ったほうがよい。次回まで検討してほしい。
今井賢市委員  今回の大雪で、豪雪対策本部が設置されなかった理由をお聞きしたい。
支所長  今回は、除雪能力を超えた雪が降った。除雪が間に合わず、多くの苦情をいただき、大変ご迷惑をおかけして申し訳なかった。豪雪対策本部は設置しなかったが、あらゆる対策は行った。豪雪対策本部の設置基準は、災害の発生が予測される事態かどうかであると思う。今回は、各総代に注意を呼びかけたり、交通状況の問い合わせにすぐ対応できるようにしたり、出来る最大の努力は行っていたので、ご理解いただきたい。
今井賢市委員  豪雪そのものが災害であるという視点で、取り組んでいただきたい。幸い人身事故は無かったが、出勤できずに2日間仕事を休んだ人がいた。また、ある集落では、除雪にかかった財政的な負担がかなりあったそうだ。以上を踏まえて、今後の対応をお願いしたい。
支所長  ご意見は受け止めたので、今後しっかり対応していきたい。
山崎豊士委員  原小屋集落では、大型除雪機を持っている人に呼びかけて、集落経費を1時間につき2千円程払い、集落内の道路除雪をしてもらった。さらに集落の防災除雪機を活用して、雪庇落としと除雪を行った。支所は人員が減らされ、出来ることには限界があるので、集落で出来ることはしたほうがよいと思う。
角山徳郎委員  小国地域で使用されている水道管は、耐震管かどうか。
支所長  確認して、次回報告したい。
委員長  以上で閉会とする。

このページの担当

小国支所地域振興課
TEL:0258-95-5905  FAX:0258-95-2282
メール:ogn-chiiki@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。