○長岡リリックホール条例

平成8年3月29日

条例第7号

(設置)

第1条 本市は、市民による自主的な芸術文化活動への支援を行うとともに、優れた音楽、演劇、舞踊等を鑑賞することができる場を提供し、もって市民文化の発展に寄与するため、ホールを設置する。

(名称及び位置)

第2条 ホールの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

長岡リリックホール

長岡市千秋3丁目1356番地6

(使用の許可)

第3条 長岡リリックホール(以下「リリックホール」という。)を使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、リリックホールの管理上必要があると認めたときは、前項の許可に条件を付すことができる。

(使用の不許可)

第4条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗に反するおそれがあるとき。

(2) リリックホールの管理上支障があるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めたとき。

(使用料)

第5条 リリックホールの使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

2 前項の使用料は、前納とする。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

3 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(使用料の減免)

第6条 市長は、特に必要があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(特別の設備)

第7条 使用者は、リリックホールの使用上特別の設備をしようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(目的外使用等の禁止)

第8条 使用者は、施設又は附属設備を許可を受けた目的以外に使用し、又はこの権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用許可の取消し等)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、使用の許可を取り消し、又は使用の制限若しくは使用の停止を命ずることができる。

(1) 偽りその他不正な手段により使用の許可を受けたとき。

(2) 第4条各号の規定に該当するに至ったとき。

(3) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

2 前項の場合において、使用者に損害があっても、市長は、その責めを負わない。

(原状回復の義務)

第10条 使用者は、リリックホールの使用を終了したときは、直ちに使用した施設(第7条の設備を含む。)を原状に復さなければならない。前条第1項の規定により使用の許可を取り消され、又は使用の制限若しくは使用の停止を命ぜられたときも、同様とする。

2 使用者が前項の義務を履行しないときは、市長が代わってこれを行い、その費用は、使用者から徴収する。

(損害賠償)

第11条 使用者は、使用者又は入場者が故意若しくは過失によりリリックホールの施設、設備、器具等を破損し、又は滅失したときは、市長が定める額を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第12条 市長は、リリックホールの管理に関する業務を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 第1条の設置目的を達成するための事業に関する業務

(2) リリックホールの使用の許可に関する業務

(3) リリックホールの利用料金に関する業務

(4) リリックホールの規律の確保に関する業務

(5) リリックホールの施設及び設備の維持及び管理に関する業務

(6) 前各号に掲げる業務のほか、リリックホールの管理及び運営に必要な業務

(指定管理者の管理基準)

第13条 前条第1項の規定により指定管理者にリリックホールの管理を行わせる場合(以下「指定管理者に管理を行わせる場合」という。)における開館時間、休館日その他リリックホールの管理及び運営に必要な事項は、規則で定める基準に従い、施設の利用形態、使用者の利便等を勘案して、市長の承認を得て指定管理者が定める。

2 市長は、前項の規定により指定管理者が開館時間等を定めたときは、速やかにこれを告示するものとする。

(利用料金)

第14条 指定管理者に管理を行わせる場合は、使用者は、第5条第1項の規定にかかわらず、利用料金を指定管理者に納入しなければならない。

2 前項の利用料金は、指定管理者の収入とすることができる。

3 利用料金の額は、別表に定める額の範囲内において指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定める。

4 指定管理者は、市長が定める基準に従い、利用料金を減額し、又は免除することができる。

5 第5条第2項及び第3項の規定は、利用料金について準用する。この場合において、これらの規定中「市長が」とあるのは、「指定管理者が、市長が定める基準に従い」とする。

(読替規定等)

第15条 指定管理者に管理を行わせる場合における第3条第4条第7条及び第9条の規定の適用については、これらの規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」とする。

2 指定管理者に管理を行わせる場合において、この条例及びこの条例に基づく規則に定めるもののほか、リリックホールの管理及び運営に関し必要な事項は、指定管理者が市長の承認を得て定めることができる。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成8年規則第23号で平成8年8月1日から施行)

(指定管理業務の開始等に伴う特例)

2 指定管理者がリリックホールの管理に関する業務を開始する場合において、当該指定管理者が当該業務を開始する日前に、リリックホールに関し当該指定管理者以外のものに対して行われた申請等又は当該指定管理者以外のものが行った処分等は、当該指定管理者に対して行われた申請等又は当該指定管理者が行った処分等とみなす。

3 前項の規定は、指定管理者のリリックホールの管理に関する業務の終了に伴い第12条第1項の規定を適用しなくなった場合に準用する。

附 則(平成10年12月22日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成11年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 改正後の別表の規定は、この条例の施行の日以後に行う使用の許可に係る使用料から適用し、同日前に行う使用の許可に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成17年9月27日条例第171号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月25日条例第86号)

この条例は、寺島町に係る字の区域変更の届出に関する地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第2項の規定に基づく新潟県知事の告示の効力の生ずる日から施行する。

附 則(平成19年3月30日条例第29号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(適用区分)

2 改正後の別表の規定は、施行日以後に行う使用の許可に係る使用料又は利用料金から適用し、施行日前に行う使用の許可に係る使用料又は利用料金については、なお従前の例による。

別表(第5条、第14条関係)

リリックホール使用料

ア コンサートホール

使用区分

種別

午前

午後

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

営利、営業又は宣伝を目的とする場合

平日

準備

33,400

57,600

82,800

本番

47,500

82,800

118,800

土曜日

休日

準備

43,200

75,600

108,000

本番

61,500

108,000

154,800

営利、営業又は宣伝を目的としない場合

入場料金等の最高額が6,000円を超えるとき

平日

準備

22,300

38,400

55,200

本番

31,600

55,200

79,200

土曜日

休日

準備

28,800

50,400

72,000

本番

41,000

72,000

103,200

入場料金等の最高額が3,000円を超え、6,000円以下のとき

平日

準備

16,700

28,800

41,400

本番

23,700

41,400

59,400

土曜日

休日

準備

21,600

37,800

54,000

本番

30,700

54,000

77,400

入場料金等の最高額が3,000円以下のとき

平日

準備

11,100

19,200

27,600

本番

15,800

27,600

39,600

土曜日

休日

準備

14,400

25,200

36,000

本番

20,500

36,000

51,600

備考

1 「準備」とは、準備又は練習のためにコンサートホールを使用する場合をいう。

2 「本番」とは、準備以外でコンサートホールを使用する場合をいう。

3 「休日」とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

4 「入場料金等」とは、その名称を問わず、1回の入場に対して徴収する1人当たりの対価をいう。

5 実際に使用した時間が各使用区分に定める使用時間に満たない場合でも、時間割計算は行わない。

6 使用区分欄に定める時間を超過して使用した場合は、所定の使用料に、超過時間1時間につき当該使用料の時間割計算による額の120パーセントに相当する額(その額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加算する。この場合において、超過時間に1時間に満たない端数があるときでも1時間として計算する。

イ シアター

使用区分

種別

午前

午後

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

営利、営業又は宣伝を目的とする場合

平日

準備

27,000

46,800

64,800

本番

37,800

64,800

93,600

土曜日

休日

準備

34,500

61,200

86,400

本番

48,600

86,400

122,400

営利、営業又は宣伝を目的としない場合

入場料金等の最高額が6,000円を超えるとき

平日

準備

18,000

31,200

43,200

本番

25,200

43,200

62,400

土曜日

休日

準備

23,000

40,800

57,600

本番

32,400

57,600

81,600

入場料金等の最高額が3,000円を超え、6,000円以下のとき

平日

準備

13,500

23,400

32,400

本番

18,900

32,400

46,800

土曜日

休日

準備

17,200

30,600

43,200

本番

24,300

43,200

61,200

入場料金等の最高額が3,000円以下のとき

平日

準備

9,000

15,600

21,600

本番

12,600

21,600

31,200

土曜日

休日

準備

11,500

20,400

28,800

本番

16,200

28,800

40,800

備考

1 「準備」とは、準備又は練習のためにシアターを使用する場合をいう。

2 「本番」とは、準備以外でシアターを使用する場合をいう。

3 「休日」とは、日曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日をいう。

4 「入場料金等」とは、その名称を問わず、1回の入場に対して徴収する1人当たりの対価をいう。

5 実際に使用した時間が各使用区分に定める使用時間に満たない場合でも、時間割計算は行わない。

6 使用区分欄に定める時間を超過して使用した場合は、所定の使用料に、超過時間1時間につき当該使用料の時間割計算による額の120パーセントに相当する額(その額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加算する。この場合において、超過時間に1時間に満たない端数があるときでも1時間として計算する。

ウ 練習使用

使用区分

種別

午前

午後

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

コンサートホールステージ又はシアターステージ

4,400

7,400

10,600

備考

1 この表は、音楽、演劇又は舞踊の練習のみのためにコンサートホールステージ又はシアターステージを使用する場合に適用する。

2 実際に使用した時間が各使用区分に定める使用時間に満たない場合でも、時間割計算は行わない。

3 使用区分欄に定める時間を超過して使用した場合は、所定の使用料に、超過時間1時間につき当該使用料の時間割計算による額の120パーセントに相当する額(その額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加算する。この場合において、超過時間に1時間に満たない端数があるときでも1時間として計算する。

エ その他

使用区分

種別

午前

午後

夜間

午前9時から正午まで

午後1時から午後5時まで

午後6時から午後10時まで

楽屋(コンサートホール用)

第1楽屋

750

1,000

1,000

第2楽屋

750

1,000

1,000

第3楽屋

750

1,000

1,000

第4楽屋

1,200

1,600

1,600

第5楽屋

1,200

1,600

1,600

第6楽屋

1,800

2,400

2,400

第7楽屋

1,800

2,400

2,400

楽屋(シアター用)

第1楽屋

750

1,000

1,000

第2楽屋

750

1,000

1,000

第3楽屋

1,200

1,600

1,600

第4楽屋

1,200

1,600

1,600

第5楽屋

1,200

1,600

1,600

第6楽屋

1,200

1,600

1,600

スタジオ

第1スタジオ

2,200

3,700

5,300

第2スタジオ

1,500

2,200

3,100

第3スタジオ

1,500

2,200

3,100

第4スタジオ

1,500

2,200

3,100

第5スタジオ

1,500

2,200

3,100

第6スタジオ

1,100

1,700

2,500

第7スタジオ

1,100

1,700

2,500

第8スタジオ

1,100

1,700

2,500

第9スタジオ

1,100

1,700

2,500

第10スタジオ

1,100

1,700

2,500

附属設備

規則で定める額

備考

1 第1スタジオを練習目的以外で使用する場合の使用料は、この表に定める額の300パーセントに相当する額とする。

2 実際に使用した時間が各使用区分に定める使用時間に満たない場合でも、時間割計算は行わない。

3 使用区分欄に定める時間を超過して使用した場合は、所定の使用料に、超過時間1時間につき当該使用料の時間割計算による額の120パーセントに相当する額(その額に10円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)を加算する。この場合において、超過時間に1時間に満たない端数があるときでも1時間として計算する。

長岡リリックホール条例

平成8年3月29日 条例第7号

(平成19年4月1日施行)