背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ポスト
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2023年09月01日 私が選ぶ!推しポイント♪

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2023年09月01日 私が選ぶ!推しポイント♪

【広報な毎日】私が選ぶ!新しい互尊文庫の推しポイント♪

投稿日 2023年9月1日

 大学生2人が今週、広報・魅力発信課の仕事を体験しました。
 2人はミライエ長岡の互尊文庫(休館日でした)で取材に挑戦。それぞれおすすめポイントを紹介してくれます。

「取材に挑戦」の画像

 今日は鷲頭さんの記事。ぜひご覧ください!


「鷲頭さん」の画像

 7月22日にオープンしたミライエ長岡には、互尊文庫が移転しました!新しいスタイルに生まれ変わった互尊文庫を、ミライエ長岡に初めて訪れたインターンシップ生が紹介します。

「明るく開放的な空間」の画像

 館内に入ってまず目に入るのは、明るく開放的な空間!館内北側にはカウンター席があり、ワークスペースとして利用できます。

「南側には子ども向けの本や雑誌が」の画像

 南側には子ども向けの本や雑誌が置かれており、親子で一緒に過ごすことができます。館内はおしゃべり・飲食OKなので、家族や友達とにぎやかに過ごすこともできますよ♪

「思わず本を手に取りたくなるような空間」の画像

 互尊文庫は、「くらす」「はたらく」「ひらめく」の3つのエリアテーマのもと、思わず本を手に取りたくなるような空間となっています。

「館内中央の本棚は時事ネタや旬の本が」の画像

 館内中央の本棚では、市民が気になる時事ネタや旬の本などを、ユニークなテーマに分けて本棚に並べており、いつ来ても新鮮な情報に出会うことができます!
 互尊文庫には“新しく入った本は6か月間貸出を行わない”という珍しい特徴が。職員の杉田さんは「いろいろな人が本を手に取り触れることで、少しでも多くの人がひらめきを得られるようにしたい」と理由を教えてくれました。
 ゆっくり本を読みたい人も、家族で図書館に行きたい人も、勉強に集中したい学生も…。
 みなさんのサードプレイスとして、暑い夏を互尊文庫で過ごしませんか?
 ★詳しくはこちら

このページの担当

広報・魅力発信課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp