背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ポスト
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2023年07月13日 7.13水害から19年

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2023年07月13日 7.13水害から19年

【広報な毎日】7.13水害から19年、教訓を次の世代へ

投稿日 2023年7月13日

「メモリアルイベントを開催」の画像

 平成16年(2004年)7月13日の水害で3人が犠牲となった中之島地域で、メモリアルイベントが開催されました。

「地域住民約40人が黙とう」の画像

 刈谷田川の堤防が決壊した午後0時52分のサイレンに合わせ、会場の’04(ラブフォー)中之島記念公園に集まった地域住民約40人が黙とうをささげました。

「ひまわりの種をまきました」の画像

 イベントを主催したのは、花植えなどで公園の管理をしている中之島ラブフォー隊。この日に満開になるよう、中之島中央小学校の児童とひまわりの種をまきました。
 会長の原田敏さんは「災害が忘れ去られないためにも、地域のみなさんと一緒に地道な活動を続けていきます」。磯田市長は「自然災害が激甚化する昨今、当時の教訓を語り継ぐことの大切さを改めて感じている。災害時にしっかりと情報発信をしていくので、市民のみなさんも命を守る行動を意識してほしい」と語りました。

「献花台には花や折り鶴が」の画像

 献花台には市民が花や折り鶴を手向け、災害が起きないようにと祈りを込めていました。

このページの担当

広報・魅力発信課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp