背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ポスト
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2023年07月08日 摂田屋・宮内の魅力向上!

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2023年07月08日 摂田屋・宮内の魅力向上!

【広報な毎日】摂田屋・宮内で連携!まちの魅力向上へ

投稿日 2023年7月8日

 摂田屋・宮内地区は、日本酒をはじめ、しょう油やみそづくりが盛んな「発酵・醸造のまち」です。両地区で、歴史ある2つの施設がリニューアルしてお披露目されました。

「宮内地区では秋山孝さんの作品を展示」の画像

 宮内地区では、長岡出身のグラフィックデザイナーで昨年1月に亡くなった秋山孝さんの作品を展示・収蔵する「秋山孝ポスター美術館長岡」が再オープン。

「旧北越銀行宮内支店だった建物」の画像

 大正時代に建築され旧北越銀行宮内支店だった建物は、国の登録有形文化財です。平成21年に秋山さんが美術館として開館し、多くのファンと共に運営してきました。昨年市へ寄贈され、今回のリニューアルで観光案内やカフェなどの機能を新設。新たな観光拠点として、長岡の魅力をPRしていきます。

「摂田屋地区では修復した庭園の池に錦鯉を放流」の画像

 摂田屋地区の「旧機那サフラン酒製造本舗」では、修復した庭園の池に錦鯉を放流しました。

「唯一無二の世界観が表れています」の画像

 庭園は、大正末期から昭和初期にかけて創業者・吉澤仁太郎が造園。浅間山の溶岩を使うなど、唯一無二の世界観が表れています。

「この池に錦鯉が泳ぐのは約60年ぶり」の画像

 この池に錦鯉が泳ぐのは約60年ぶり。修復には長岡技術科学大学と長岡工業高等専門学校の学生の技術が活かされ、錦鯉のすみよい環境を作っています。
 磯田市長は「地域全体の魅力を多くのみなさんに知ってもらうきっかけにしたい。宮内駅から商店街を通り、摂田屋までの散策を楽しんでほしい」と期待を込めました。

「秋山孝ポスター美術館」の画像

 秋山孝ポスター美術館では、秋山さんの晩年のポスター作品と野鳥の彫刻を展示中。再オープンを記念して、摂田屋・宮内地区の対象スポットを巡るデジタルスタンプラリーも実施しています。歴史的な建造物やすてきなお店がいっぱいのまちに、ぜひお越しください♪

このページの担当

広報・魅力発信課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp