• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2019年08月15日 旧法末小、43年の時を超え

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2019年08月15日 旧法末小、43年の時を超え

【広報な毎日】43年の時を超えて。旧法末小のタイムカプセルを開封

投稿日 2019年8月15日
0

「タイムカプセルの開封式」の画像

 小国地域の法末小学校の児童が昭和51年に創立100周年を記念して作ったタイムカプセルの開封式が、当時の校舎だった自然の家やまびこで行われました。
 タイムカプセルは当初、20年後に開封する予定でしたが、昭和63年に閉校したこともあり、存在を忘れ掛けられていました。しかし、発起人の法末集落の総代・内山英機さんが在校生だったことと、令和元年、そして集落の全員避難を余儀なくされた中越大震災から15年の節目ということで開封を企画。同集落で活動する地域おこし協力隊の2人も実行委員として協力しました。

「1人ひとり名前入りの封筒が」の画像

 当時の在学生33人のうち19人が集まり、地域の人も見守る中、ついにタイムカプセルを開封。ドキドキで中を見るとそこには1人ひとり名前入りの封筒が。

「思い出話に花を咲かせていました」の画像

 書道作品、将来の夢や故郷への思いなどをつづった作文、自宅や友達との写真のほか、おもちゃなども収められていました。
 43年の時を超えて再開した子どものころの自分に、懐かさもあり、ちょっぴり恥ずかしさもあり。みんなが当時に戻ったように思い出話に花を咲かせていました。

0

このページの担当

広報課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp
最新記事を見る
過去の記事
  • シェア
  • ツイート
  • 送る