• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2019年05月10日 下水道イノベーションへ

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2019年05月10日 下水道イノベーションへ

【広報な毎日】下水処理場の小型化で、低コスト・省エネの全国モデルへ!

投稿日 2019年5月10日
0

「中之島浄化センター」の画像1

 長岡発の下水道イノベーションを目指し、4月から実証研究を進めている「小規模下水処理場を対象とした低コスト・省エネルギー型高濃度メタン発酵技術」。

「中之島浄化センター」の画像2

「中之島浄化センター」の画像3

 中之島浄化センター内に完成した施設で報道向けの説明会を開催しました。

「産学官が連携して研究を進めていきます」の画像1

「産学官が連携して研究を進めていきます」の画像2

 この技術は、長岡市、(株)大原鉄工所、長岡技術科学大学など6者が、昨年4月に国の「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に採択されたもので、
・施設の建設費や維持管理費を約40%減
・汚泥処理のための電力費を約30%減
・汚泥の搬出処分量を約20%減
に向け1年間、実際の規模で検証を行います。
 全国に約2,200カ所ある下水処理場のうち約4分の3が、この研究の対象となる施設。モデルケースとして長岡から全国、世界に広げるため、産学官が連携して研究を進めていきます。

0

このページの担当

広報課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp
最新記事を見る
過去の記事
  • シェア
  • ツイート
  • 送る