• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2018年10月05日 長岡の秋の風物詩、始まる

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2018年10月05日 長岡の秋の風物詩、始まる

【広報な毎日】長岡が発祥の消雪パイプ!点検がスタート

投稿日 2018年10月5日
0

「消雪パイプの点検作業」の画像

 長岡の秋と言えばこの光景。雪国の冬を支える消雪パイプの点検作業が始まりました。

 作業を開始した坂之上町1丁目の市道は、昭和36年に全国で初めて消雪パイプを設置した場所で、ここから全国に普及が進みました。

 市内にある消雪パイプは、国・県・市に私有を加えると約940km(直線距離で東京~鹿児島間に相当!)。ちなみに、道路の消雪パイプを発明したのは、米菓“柿の種”で知られる浪花屋製菓の創業者・今井與三郎さんです。

 くみ上げる地下水の温度は冬でも約13~14度と暖かく、冬の安全・快適な足元をサポートしてくれます。

 パイプ内の汚れの除去やノズルの調整を行う点検作業は12月上旬までに完了予定です。市民のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

0

このページの担当

広報課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp
最新記事を見る最新記事を見る
過去の記事
  • シェア
  • ツイート
  • 送る