• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2018年09月13日 火焔型土器を聖火台に!

トップ > 市政 > 広報 > 広報な毎日~花火のまちから~ > 2018年09月13日 火焔型土器を聖火台に!

【広報な毎日】火焔型土器を聖火台に!林文科大臣に要望

投稿日 2018年9月13日
0

「「火焔型土器」の採用を要望」の画像

 長岡市を含む県内5市1町で構成する信濃川火焔街道連携協議会と花角県知事が、林芳正文部科学大臣を訪れ、東京五輪・パラリンピックの聖火台デザインへの「火焔型土器」の採用を要望しました。
 同協議会の会長を務める磯田市長は「オリンピックは文化の祭典でもあり、“日本”を発信する上で日本文化の源流である縄文は欠かせない」と述べ、花角知事も「火焔型土器はその象徴として聖火台にふさわしい」とアピール。林大臣も熱心に耳を傾け、理解を示しました。

「宮田亮平文化庁長官とも面会」の画像

 磯田市長は宮田亮平文化庁長官とも面会し、要望書を手渡して協力を要請しました。
 ※8月に馬高縄文館を視察した宮田長官。火焔型土器を「未来性を感じるデザイン」と語る、はこちら

0

このページの担当

広報課
TEL:0258-39-2202  FAX:0258-39-2272
メール:inf-prd@city.nagaoka.lg.jp
最新記事を見る最新記事を見る
過去の記事
  • シェア
  • ツイート
  • 送る