• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡造形大学公立大学法人化 > 「長岡造形大学公立大学法人化検討報告書」を長岡市に報告(平成24年11月28日)

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡造形大学公立大学法人化 > 「長岡造形大学公立大学法人化検討報告書」を長岡市に報告(平成24年11月28日)

「長岡造形大学公立大学法人化検討報告書」を長岡市に報告(平成24年11月28日)

最終更新日 2021年4月1日

 長岡造形大学の公立大学法人化(以下、公立化)の是非を議論してきた、有識者による長岡造形大学公立大学法人化検討委員会(委員長・丸山智長岡商工会議所会頭)は「同大学の公立化は望ましい」という報告書を取りまとめ、市に答申しました。
 これを受け、本市は、平成26年4月の公立大学法人移行を目指し、手続きを進めていきます。

長岡造形大学公立大学法人化検討報告書 PDFファイル (PDF 2,872KB)

20121128-01.jpg
20121128-02.jpg

特別に適用される公立大学法人制度

 同大学は、市民や産業界からの大学設置を求める声を受け平成6年、市が建物などを整備し学校法人が運営する公設民営の大学として開学しました。これは当時、政令指定都市以外に市立大学の新設が認められていなかったためです。
 その後にできた公立大学法人制度※が公設民営の大学にも特別に認められるようになり、全国に7つある同様な大学のうち4大学が既に公立大学法人に移行しています。

※公立大学法人制度…公立大学を対象に民間の手法を取り入れながら自立的、弾力的、効率的な運営に転換する制度として平成16年4月に施行された。公設民営大学が公立大学法人化した場合、国の支援(地方交付税)が新たに受けられる。

大学改革と経営状況により判断

 検討委員会では今後の厳しい大学間競争を見据え、公立化について広く市民の理解を得るための前提条件として、

1. 抜本的な大学改革に取り組んでいること
2. 経営基盤が確立しているとともに、大学に対する市の負担が国の支援(地方交付税措置額)を原則超えないこと

の2つを挙げて検証。さらに市全体の発展や利益を考え合わせた結果、公立化は望ましいと結論を出しました。

公立大学法人化で魅力をUP ~ 時代の要請や地域の期待に応える大学へ

 長岡造形大学は、公立大学法人化を含む大学改革により「ニーズに基づく学科・履修コースの再編と授業料の減額」「さらなる地域貢献活動」「企業との製品共同開発」「第3者評価委員会や市議会による運営チェック」などを実行し、時代の要請や地域の期待に応える大学を目指していきます。

20121128-03.jpg
▲プロダクトデザイン学科で
モーターバイクをデザインする学生

企業が求める世界水準の専門知識と
技術を身につけた人材を育てます。
20121128-04.jpg
▲企業との製品共同開発演習
さまざまな産業との共同研究・開発に
取り組むなど、産学連携の強化を図ります。
20121128-05.jpg
▲子どもたちにものづくりの楽しさを
体験してもらう「こどもものづくり大学校」

子どもから大人まで、教育・生涯学習を通して
市民に開かれた大学を目指します。
20121128-06.jpg
▲学生と地域住民との協働作業
「越後みしま 竹あかり街道」

魅力あるまちづくりのため、積極的に地域に入り、
さらなる地域貢献活動を実施します。

このページの担当

政策企画課
TEL:0258-39-2204  FAX:0258-39-2475
メール:info@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。