• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡市原子力安全対策室 > 市町村による原子力安全対策に関する研究会 PAZ・UPZ会議を開催しました(平成28年11月2日)

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡市原子力安全対策室 > 市町村による原子力安全対策に関する研究会 PAZ・UPZ会議を開催しました(平成28年11月2日)

市町村による原子力安全対策に関する研究会 PAZ・UPZ会議を開催しました(平成28年11月2日)

最終更新日 2016年11月7日

 11月2日、「市町村による原子力安全対策に関する研究会」は、関係機関の連携を強化し、広域避難の実効性を高めるため、上越市直江津学びの交流館において会議を開催。PAZ・UPZの8市町村や国・県の実務担当者など35人が参加しました。
 会議では最初に、市町村担当者が福井県、佐賀県、福島県の原子力防災訓練の視察結果を報告しました。その後、事故時に避難する上越市・糸魚川市、魚沼市・湯沢町、新潟市・村上市の3方面ごとのグループに分かれて、地図を使い、PAZ・UPZ避難者の避難経路の確認と避難退域時検査場所の検討を行いました。
 各グループからは、「お互いの避難経路を確認することができた」、「降雪期を含めて、避難退域時検査の渋滞発生を抑える工夫が必要」などの意見が報告されました。
 研究会では、今後も市民の安全・安心のために、関係機関と連携し、原子力安全対策にしっかりと取り組んでまいります。

市町村担当者が福井県、佐賀県、福島県の訓練視察を報告
▲市町村担当者が福井県、
佐賀県、福島県の訓練視察を報告
グループワーク①
▲グループワーク①
上越市・糸魚川市方面へ避難経路の確認と
避難退域時検査場所を検討
グループワーク②
▲グループワーク②
魚沼市・湯沢町方面へ避難経路の確認と
避難退域時検査場所を検討
グループワーク③
▲グループワーク③
新潟市・村上市方面へ避難経路の確認と
避難退域時検査場所を検討

このページの担当

原子力安全対策室
TEL:0258-39-2305  FAX:0258-39-2309
メール:gen-an@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。