• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡版イノベーションの推進 > 令和2年度「NaGaOKaオープンイノベーション(長岡版オープンイノベーション事業)」

トップ > 市政 > 計画・事業 > 長岡版イノベーションの推進 > 令和2年度「NaGaOKaオープンイノベーション(長岡版オープンイノベーション事業)」

令和2年度「NaGaOKaオープンイノベーション(長岡版オープンイノベーション事業)」

最終更新日 2021年6月11日

 ICT等の技術や新しい考え方などを活用して長岡市がもつ課題を解決するために、民間事業者の皆様から解決アイデアを募集し、実証実験に取り組む事業です。

更新状況

  • 【NEW】令和2年度に募集した2テーマについて、実証実験の結果を公表しました
  • 今年度募集した2テーマについて、事業者を採択し、実証実験を開始しました
  • テーマ「中山間地域に住む高齢者の見守り支援」についての提案募集を締め切りました
  • テーマ「中山間地域に住む高齢者の見守り支援」についての提案募集を開始しました
  • テーマ「学校生活における外国人児童・生徒への支援」についての提案募集を締め切りました
  • テーマ「学校生活における外国人児童・生徒への支援」についての提案募集を開始しました
  • 令和元年度事業の報告書を公開しました(詳しくはこちら

各事業の報告書

  • テーマ① スマートウォッチを活用した高齢者の見守り支援|リマークジャパン株式会社(PDF 9,885KB)
  • テーマ② 多言語映像通訳を活用した外国人児童生徒への学校生活支援|東日本電信電話株式会社 新潟支店(PDF 1,759KB)

採択事業者及び実証実験の概要

テーマ① スマートウォッチを活用した高齢者の見守り支援

採択事業者 リマークジャパン株式会社
実証実験概要
  • スマートウォッチで計測した高齢者の活動量等を高齢者同士、集落支援員、保健師、看護師、遠方の家族がスマートフォンのアプリ上で共有し、活動量の著しい低下など不調の予兆を把握し訪問や声かけ等を行う仕組みが、見守りとして機能するか検証する。
  • あわせて、アプリ上に示される活動量等のランキングが、高齢者の運動・活動を促進し、健康増進に寄与するか検証する。
実験期間 1月下旬~3月上旬
「スマートウォッチを活用した高齢者の見守り支援」の画像

テーマ② 多言語映像通訳を活用した外国人児童生徒への学校生活支援

採択事業者 東日本電信電話株式会社 新潟支店
実証実験概要
  • 外国人児童生徒が在籍する小・中学校にて、児童生徒同士、または児童生徒と教員・スクールカウンセラー・相談員等とが会話・面談等を行う場面で多言語映像通訳を利用し、効果的な活用シーンを模索するとともに、その有効性を検証する。
  • あわせて、学校にいる教員と自宅にいる外国人児童生徒の保護者との連絡において、多言語映像通訳が実用可能であるかを検証する。
実証実験期間 2月上旬~3月中旬
「外国人児童生徒への学校生活支援」の画像1
「外国人児童生徒への学校生活支援」の画像2

事業の概要

長岡市が提示する課題に対して、民間事業者の皆様からICT等を活用した解決に向けたアイデアを募集します。採択された事業者の方には、長岡市の支援を受けながら実証実験を実施していただき、課題に対する有効性や地域特性との適合性などを検証していただきます。検証結果や市民・関係者の評価、費用対効果等を踏まえ、長岡市は本格導入に向けた検討を進めます。

応募に当たっては「長岡版オープンイノベーション事業募集要項」をよくご確認ください。

提案を募集する課題

現在募集中の課題はありません。

募集を終了した課題

課題①【学校生活における外国人児童・生徒への支援】
※詳細は「提案依頼書」および「募集要項」をご確認ください。

課題②【中山間地域に住む高齢者の見守り支援】
※詳細は「提案依頼書」および「募集要項」をご確認ください。

補助金について

採択された事業者の皆様が実証実験に取り組むにあたり、事業経費の一部に対して補助金を交付します。事業採択後、補助金の交付を希望する事業者は別途補助金交付申請書類を作成し、ご提出ください。

補助対象経費

機器等調達・改良費、機器運搬費・設置費、旅費・交通費、施設等使用料、謝金、安全対策費、広告宣伝費

補助金額

補助対象経費相当額(30万円を上限とする)

※詳細については募集要項、長岡版オープンイノベーション事業補助金交付要綱及び長岡市補助金交付規則をよくご確認ください。
※すでに一般に販売・賃貸等に供している自社の製品・サービスを用いて実証実験を行う際、長岡市が別途直接調達する場合があります。その際、使用料等の相当額を補助対象経費の総額(30万円を超える場合は30万円)から差し引いた額を補助対象経費の額とします。

(例|補助対象経費50万円のうち、機器利用料等10万円の支払いをうける場合)
補助対象経費の総額 30万円 ― 機器利用料等 10万円 = 20万円 ← 補助対象経費の額

様式等

  • 長岡版オープンイノベーション事業補助金交付申請書類一式(ZIP 75KB)
  • 長岡版オープンイノベーション事業補助金交付要綱(PDF 155KB)

このページの担当

デジタル行政推進課
TEL:0258-39-2205  FAX:0258-39-2281
メール:itp@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。