• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > AIと証言による白黒写真のカラー化 > 昭和30年の長岡駅前・大手通り

トップ > 市政 > 計画・事業 > AIと証言による白黒写真のカラー化 > 昭和30年の長岡駅前・大手通り

昭和30年の長岡駅前・大手通り

最終更新日 2021年3月5日

撮影時期:昭和30年(1955) 所蔵:長岡市広報課

before after

白線を左右に動かすと白黒とカラーを見比べることができます

大手通り再生 急ピッチ

 長岡空襲から10年がたった1955年。長岡駅前と大手通りは復興を遂げ、戦災の爪痕が見当たらない。近代都市をイメージして街路を拡幅し、現在の街並みの原型ができた。駅前広場には平和像(現在は平和の森公園に移転)が設置され、市民の慰霊と平和への願いを象徴した。
 県内で唯一の大規模爆撃を受けた長岡は、近隣自治体の支援も受けて急ピッチで復興が進められた。長岡市史によると、空襲翌年の46年には住宅の半数近くが再建された。53年、全国の戦災都市で最速となる復興都市計画事業の完工式を行い、55年には一部の清算事業などを除き、全事業が終了した。
 駅前広場は、緑や池がある憩いの場となり、通り沿いには大きな商業用看板が並ぶ。バスや自動車が行き交い、街には活気が戻っている。大手通りの近くに住んでいて空襲を体験した今泉弥さん(86)は「区画整理のため、せっかく建てたバラックを動かすことが当たり前にあった。よく10年で復興がまとまったと思う」と感慨深げに語った。

(新潟日報 令和2年12月6日朝刊13面より)

注意事項

  • 当ページの免責事項や、各種権利および義務の取り扱いについては、こちらをご参照ください。
  • 使用・展示等の2次利用に関するご相談は、庶務課までお問合せください。

このページの担当

庶務課
TEL:0258-39-2203  FAX:0258-39-2275
メール:syomu@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。