• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

表町2丁目の被害状況

最終更新日 2021年3月5日

撮影時期:昭和20年(1945) 所蔵:長岡戦災資料館

before after

白線を左右に動かすと白黒とカラーを見比べることができます

無差別爆撃 色彩奪う

 8月1日の長岡空襲では、米軍のB29爆撃機125機が投下した焼夷(しょうい)弾が約1時間40分にわたって雨のように降り注ぎ、市街地の約8割が焼失した。写真の表町地区は、円形に描かれた爆撃目標地の中心点に近かった。建物は焼け落ち、がれきの山が広がる。着色しても、黒や茶色が目立つ荒涼とした光景だ。
 通りにがれきはなく、長袖姿の男性たちが行き来していることから、9~11月と推測される。右奥の塔のある特徴的な建築物は長岡六十九銀行(現北越銀行)。赤れんが造りの建物が焼け残り、左には白壁が剝がれたような土蔵が写っている。
 空襲当時、表町地区から1、2キロ離れた所に住んでいた今泉恭子さん(81)によると、住宅跡のがれきは住人が取り除くしかなかったため、犠牲者の住宅などはしばらく片付かなかったという。「自分の気持ちを反映してか、当時の風景は暗かったような印象だ。片付けて疎開先に戻って、を繰り返す日々だった」と苦労を語った。

(新潟日報 令和2年12月6日朝刊13面より)

注意事項

  • 当ページの免責事項や、各種権利および義務の取り扱いについては、こちらをご参照ください。
  • 使用・展示等の2次利用に関するご相談は、庶務課までお問合せください。

このページの担当

庶務課
TEL:0258-39-2203  FAX:0258-39-2275
メール:syomu@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。