• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 市政 > 計画・事業 > RPAソフトウェア試験導入

トップ > 市政 > 計画・事業 > RPAソフトウェア試験導入

RPAソフトウェア試験導入

最終更新日 2019年1月17日

試験導入について

長岡市は、「長岡版イノベーション」を推進するため、新しい技術や発想を積極的に採り入れながら、業務の改善・再構築に取り組んでいます。その一環として、市職員が行う事務作業へのRPA※の導入可能性を検証するため、ソフトウェアの試験導入を実施しました。

実施期間 平成30年9月~11月
実施内容 市職員が行う事務作業へのRPAの導入可能性を検証するもの
対象業務 9課36業務
ソフトウェア WinActor
成果
  • 6課25業務の自動化が可能であることを検証
  • 25業務合計で、2,028時間の人手による作業をRPAに代替可能と推計
  • 時間外勤務の減少、政策立案など付加価値の高い業務へのシフトのほか、職員のスキルアップや業務改善マインドの醸成など副次的効果も得られるものと推定

※RPA|Robotic Process Automation
あたかも透明人間が操作するように、PC上の定型作業を自動化するソフトウェア。業務の処理手順を並べた「シナリオ」を作成するだけで、基幹システムや各種ソフトウェア、クラウドサービスなど様々なアプリケーションを横断して自動処理する。

成果報告会について

RPAソフトウェア試験導入の成果について庁内向けの報告会を開催し、試験導入に携わった若手職員が事例を報告しました。

日時 平成31年1月10日(木曜日)13:30~14:30
会場 アオーレ長岡西棟1階 市民交流ホールA
参加者 250名
内容
  1. イノベーション推進監挨拶
  2. RPAおよび試験導入の概要
  3. 成果報告
    (1)健康課|健診データの処理
    (2)保育課|総合行政システムおよび財務会計システム入力
    (3)市民税課|住民税賦課事務
  4. 市長講評
「成果報告会」の画像1
「成果報告会」の画像2

このページの担当

イノベーション推進担当
TEL:0258-39-2364  FAX:0258-39-2475
メール:innovation@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。