• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 産業・ビジネス > エネルギー・環境ビジネス > 長岡パワーエレクトロニクス研究会

トップ > 産業・ビジネス > エネルギー・環境ビジネス > 長岡パワーエレクトロニクス研究会

長岡パワーエレクトロニクス研究会

最終更新日 2022年9月22日

長岡技術科学大学(長岡技大)は、パワーエレクトロニクス(パワエレ)に関する研究室を7つ持ち、パワエレを学ぶ学生が100人を超え、関連のベンチャー企業が「ながおか新産業創造センター(NBIC)」に2社進出するなど、国内最大のパワエレ研究拠点です。
こうした長岡技大の強みを活かし、長岡市は、長岡技大、市内パワーエレクトロニクス関連企業と、令和4年7月20日に「長岡パワーエレクトロニクス研究会(会長:伊東淳一長岡技大教授)」を設立しました。
研究会では、「人材(学生)の集積」と「企業の集積」の好循環により、市内でのパワエレ産業の集積・振興を目指します。

「設立総会の様子」の画像
▲設立総会の様子

パワーエレクトロニクスとは

パワーエレクトロニクス(パワエレ)は、効率よく電気を変換したり制御する技術のことです。エアコンや冷蔵庫、パソコン、スマートフォンなど、電気を使うあらゆる機器に必要不可欠な技術です。電力を消費する機器の効率を高めることは発電に係るエネルギーを削減することにつながり、二酸化炭素の排出削減にもつながります。
長岡技大は、電力変換、モーター、制御理論など、パワエレに関するほぼすべての基本技術を複数の教員がカバーしており、日本最大の研究組織となっています。

このページの担当

産業イノベーション課
TEL:0258-39-2402  FAX:0258-36-7385
メール:sangyou-seisaku@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。