• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 産業・ビジネス > イノベーション > 3大学1高専×企業家がコラボする活動拠点オープン

トップ > 産業・ビジネス > イノベーション > 3大学1高専×企業家がコラボする活動拠点オープン

3大学1高専×企業家がコラボする活動拠点オープン

最終更新日 2018年9月5日

 平成30年4月13日(金)に開催した「産業ビジネス交流館・NaDeC構想検討ワーキング」において、旧大和長岡店1階に開設するNaDeC構想先行実施施設について、下記のとおり開館日及び施設名等を決定しました。また、引き続きNaDeC構想※を推進していくこと、NaDeC BASEを運営することを決定しました。

Webサイト

開館日

開館時間

平日:午前9時~午後8時
土曜日:午前10時~午後8時
日曜・祝日:午前10時~午後6時
※休館日:年末年始(12/29~1/3)

施設名

「NaDeC BASE」(ナデックベース)

~「BASE」の意味 ~
(人の)本拠地, ホームグラウンド;(会社の)本社;(行動の)拠点, 基地, 出発点;(政治などの)支持基盤;(経済活動の)基盤

「NaDeC構想推進コンソーシアム」の設立

NaDeC構想※の提案を実施していくため、先行実施施設の開館を契機に、3大学1高専(長岡技術科学大学長岡造形大学長岡大学長岡工業高等専門学校)・商工会議所・市の6団体によるコンソーシアムを設立しました。
6月2日(土)の開館イベントでは、3大学1高専・商工会議所・市の6団体の長から「NaDeC構想推進協定」に署名いただく予定です。

※NaDeC(ナデック)構想
平成29年11月、大手通坂之上町地区市街地再開発事業(仮称)の「人づくり・産業振興」の拠点における機能や事業について、3大学1高専から提案を受けた構想。
NaDeCは、長岡(Nagaoka)の中心市街地を核として、3大学1高専の位置を線で結ぶと三角すい(Delta Cone)の形となることから、その頭文字を取ったもの。

主なスペースと機能

施設レイアウトイメージはこちら PDFファイル (PDF 111KB)

「オープンコラボスぺース」の画像

○オープンコラボスぺース
 原則として、3大学1高専及びながおか・若者・しごと機構の活動、産業界との連携につながる活動に使用する。
【主な利用】
・3大学1高専の教員や学生との連携・交流
・起業やイノベーション関係の講座やセミナー
・産学連携の成果の展示や発表
・企業との共同研究や打ち合わせ、商談  など

○コワーキングスペース
 企業の打ち合わせやテレワークなどでフリーに使えるワーキングスペース。
 公衆無線LAN(Wi-Fi)あり。

○ものづくり工房
 3Dプリンター、レーザーカッター、電動工具など40種類(スタート時)
 ※当面の間、3大学1高専の利用に限定します。

○ながおか・若者・しごと機構事務室
 プリン長岡で展開していた若者を中心とした事業の実施

○産学連携コーナー
 市内の産学官金の異業種が共同で取り組むプロジェクトの成果などを展示。

所在地

新潟県長岡市大手通2丁目3番地1(旧大和長岡店ビル1階)

「所在地」の画像

このページの担当

産業イノベーション課
TEL:0258-39-2402  FAX:0258-36-7385
メール:sangyou-seisaku@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。