• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

事故時の措置

最終更新日 2017年3月23日

 以下の事故が発生した場合、人の健康及び生活環境に係る被害のおそれがあるときは、さらなる流出防止のための応急措置を実施するとともに、事故の状況・応急処置の概要を市に届出なければなりません。

  • 特定事業場から、有害物質を含む水が流出・地下浸透、若しくは排水基準を超過するおそれのある水が流出した場合
  • 指定事業場※から、有害物質又は指定物質を含む水が流出・地下浸透した場合
  • 貯油事業場から、油を含む水が流出・地下浸透した場合

※指定事業場:有害物質(28物質)を貯蔵・使用する施設や、今回新たに規定された指定物質(56物質)を製造、貯蔵、使用若しくは処理する施設(指定施設)を設置している事業所

水質汚濁防止法改正関係Q&A

このページの担当

環境政策課
TEL:0258-24-0528  FAX:0258-24-6553
メール:kankyo@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。