• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 産業・ビジネス > 入札・契約 > お知らせ > 総合評価方式による一般競争入札以外の工事における低入札価格調査の導入(試行)について

トップ > 産業・ビジネス > 入札・契約 > お知らせ > 総合評価方式による一般競争入札以外の工事における低入札価格調査の導入(試行)について

総合評価方式による一般競争入札以外の工事における低入札価格調査の導入(試行)について

最終更新日 2018年6月15日

 総合評価方式による一般競争入札以外の工事のうち、機器費の割合が大きい工事の一部について、低入札価格調査を試行的に導入します。

対象工事

機器設備費を有し、一般競争入札に付する工事のうち、市が指定する工事

低入札価格調査制度について

(1)入札時に提出を求める工事費内訳書

直接工事費における機器設備費について、機器費とそれ以外(機器据付費等)を区分した様式で提出を求めます。

(2)失格基準

公共工事の品質確保の観点から、入札時に提出された工事費内訳書において直接工事費から機器費(諸経費調整該当品)を除いて算出した額【比較対象額】が、市の設計金額において同様に算出した金額の100分の90【基準額】に満たない場合は、失格とします。

失格基準の具体例 PDFファイル (PDF 61KB)

(3)調査基準価格

現行の「長岡市建設工事低入札価格調査取扱試行要領」に基づき、予定価格の100分の70に設定します。

長岡市建設工事低入札価格調査取扱試行要領 PDFファイル (PDF 160KB)

(4)調査方法

  1. 落札候補者(予定価格の制限の範囲内で最低の価格で入札した者(失格者を除く。))の入札金額が上記(3)の調査基準価格に満たない場合は、落札決定を保留します。
  2. 低入札価格調査委員会において、落札候補者の契約内容に適合した履行の可否を決定します。(調査の結果、契約内容に適合した履行が困難であると認められた場合は、次順位者を落札候補者とします。)

その他

入札公告において、本制度対象工事である旨、失格基準及び調査基準を明示します。

このページの担当

契約検査課
TEL:0258-39-2210  FAX:0258-39-2276
メール:keiyaku@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。