• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > 産業・ビジネス > 雇用 > 「ひとり親」の就労をご支援ください

トップ > 産業・ビジネス > 雇用 > 「ひとり親」の就労をご支援ください

「ひとり親」の就労をご支援ください

最終更新日 2020年8月12日

 母子家庭の母等や父子家庭の父(「ひとり親」)は、子育てと生計の維持を一人で担っていることから、就職に当たっては、労働条件での制約を受けたり、困難を伴うことが少なくありません。
 事業主の皆様には、ひとり親の就労をご支援いただきますようお願いいたします。助成金制度がありますので、ぜひご活用ください。
 また、業務を外部発注される場合は、母子・父子福祉団体等の活用をご検討ください。

ひとり親の雇用促進にご協力ください

ひとり親の優先的な雇用にご配慮いただき、最寄りのハローワークや「母子家庭等就業・自立支援センター」に求人情報の提供をお願いします。

ひとり親を雇用する事業主が活用できる助成金(令和2年度)~国の制度~

●特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)
ハローワークなどの紹介で、ひとり親を継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に、賃金の一部に相当する額が助成されます。

●トライアル雇用助成金
ハローワークなどの紹介で、ひとり親を一定期間(原則3カ月)試行雇用する事業主に、対象者1人あたり月額最大5万円(最長3カ月間)の助成金が支給されます。

●キャリアアップ助成金の加算
正社員化コースを実施する際に、対象労働者がひとり親の場合に助成金が加算されます。

母子・父子福祉団体等への業務発注にご協力ください

母子・父子福祉団体とは、「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に基づく、ひとり親家庭及び寡婦の福祉の向上を目的とした団体です。
母子・父子福祉団体等を活用することで、地域に密着した事業運営ができ、社会貢献へとつながりますので、積極的な発注をお願いします。

母子・父子福祉団体等で行っている事業の例

①育児・子育て関連
(託児サービス、親子のふれあい交流、児童の訪問援助)

②講習会・セミナー・相談会の運営・開催
(パソコン教室の運営・講習会、地域の学習教室、就職準備・離転職セミナー、養育費相談、キャリアカウンセリング相談、日常生活の相談、法律相談)

③店舗・自動販売機の設置
(自動販売機の設置、売店の管理運営、カフェの運営)

④施設の運営管理
(清掃、職員寮などの管理、児童館の運営管理)

⑤地域の安心確保
(地域の見守り、市民共働型の自転車利用適正化事業)

⑥事務委託
(資料・パンフレットなどの封入・配送、会議の議事録作成)

⑦地方自治体からの受託による事業
(母子家庭等就業、自立支援センターの運営、日常生活支援事業の実施、自立支援プログラムの策定、母子生活支援施設の運営、母子福祉センターの管理運営、母子家庭等就業支援講習会の実施、在宅就業支援、面会交流支援など)

これらは、全国の母子・父子福祉団体等で行っている事業の例です。
各地で実施している事業については、(一財)全国母子寡婦福祉団体協議会にお問合せください。

このページの担当

産業支援課
TEL:0258-39-2228  FAX:0258-36-7385
メール:syougyo@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。