• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

農村女性への支援

最終更新日 2019年4月1日

 農山漁村において、女性は生産活動や地域活動等の担い手として重要な役割を担っています。
 今後も農産物加工等による企業化や、経営パートナーとしての役割発揮及び地域の活性化に活躍が期待されていることから、農業・農村の担い手としての女性の地位向上を図り、女性が誇りを持って農業経営や地域社会へ参画できる条件整備を進めることが重要な課題になっています。

 市では、農村女性グループの活動支援や、家族経営協定の締結などを推進しています。
 また、農村女性のリーダー的存在として、 県から認定された農村地域生活アドバイザーが県から認定され、直売所や農業体験などを通じた消費者との交流活動などを行っています。

家族経営協定とは

 市内の農家のほとんどを占める家族経営農業において、経営主と妻、後継者、その他家族がお互いの地位や役割を明確にし、近代的な家族経営を実現するために、就業条件や経営の役割分担、収益の配分、経営委譲及び一般生活等に関して家族で話し合い、取り決めたルールのことです。
 これを明文化し、立会人を交えた締結式などで署名・捺印し、お互いに遵守するのが一般的です。
 これにより、それまでの男性中心の農村社会ではあいまいだった、農業に従事する女性の権利などが明確化され、農村女性の地位向上に結びつくとされています。

農村地域生活アドバイザーとは

 農村地域において農業に従事し、生活及び地域社会活動等を意欲的に実践している女性を県が認定するもので、農村女性の能力発揮による、地域の活性化の促進を目的としています。
 2019年3月現在で、新潟県全体で1,096人が認定され、うち長岡市では長岡地域20人、越路地域5人、三島地域7人、中之島地域7人、小国地域6人、山古志地域3人、栃尾地域10人、与板地域6人、和島地域10人、寺泊地域6人、川口地域6人が活動しています。

各地域の活動の様子

「豚汁のふるまい」の画像
▲長岡地域
「田植えまつり」「ふれあいまつり」での
豚汁のふるまい
jyosei02.jpg
▲越路地域
「漬物講習会」
jyosei03.jpg
▲三島地域
直売所での野菜の直売
jyosei04.jpg
▲中之島地域
東京、横浜でのPRイベント
jyosei05.jpg
▲小国地域
雪まつりでの「小国のごっつお」提供
jyosei06.jpg
▲山古志地域
子どもたちへ郷土料理の伝承
jyosei07.jpg
▲栃尾地域
米粉を使ってのお菓子づくりの研究
jyosei08.jpg
▲与板地域
「与板いきいきフェスティバル」きのこ汁のふるまい
jyosei09.jpg
▲和島地域
小学校料理クラブで「笹団子」づくり指導
jyosei10.jpg
▲寺泊地域
「親子クッキング」
jyosei11.jpg
▲川口地域
米粉を使っての料理の研究

このページの担当

農水産政策課
TEL:0258-39-2223  FAX:0258-39-2284
メール:nousei@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。