背景色
文字サイズ
音声読み上げ
  • 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ポスト
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 新型コロナウイルス > ワクチン接種について > 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

トップ > くらし・手続き > 新型コロナウイルス > ワクチン接種について > 新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

最終更新日 2023年12月29日

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

新型コロナウイルスワクチン接種後に、ごくまれに心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。

  • 特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。
  • 10代・20代の男性では、モデルナ社のワクチンよりファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられました。
  • 接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを接種したことを伝えてください。
  • 小さなお子様の保護者の方は、接種後4日程度の間に、お子様に、胸の痛みを訴える、ドキドキすると訴える、息苦しそうにしている、むくんでいる等の症状が見られる、または、食欲や活気がない等普段と違う様子が続くようであれば、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを接種したことを伝えてください。
  • 接種の予約の際には、このことを踏まえ接種するワクチンの種類を確認の上ご判断ください。
  • (出典 厚生労働省 ワクチン接種後の心筋炎や心膜炎についてのQ&A
  • 厚生労働省 乳幼児のワクチン接種についてのQ&A)

このページの担当

保健医療課
TEL:0258-39-2383  FAX:0258-39-2282
メール:hokeniryou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
なお、いただいた御意見については、確認まで1週間程度かかりますので、回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。