• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 救急・消防 > 消火器の使用期限について

トップ > くらし・手続き > 救急・消防 > 消火器の使用期限について

消火器の使用期限について

最終更新日 2018年3月20日

使用期限をご確認ください。

  • 消火器は、材質等に基づいて使用期限が定められています。
  • 消火器本体に使用期限が表示してあります。

業務用消火器

 「設計標準使用期限」と表示されています。
 使用期限は、おおむね10年です。

住宅用消火器

 使用期限(期間)は、おおむね5年です。
 ※住宅用消火器は薬剤の詰め替えができない構造となっていますので、期限の過ぎたものは買い替え若しくは適切に廃棄していただく必要があります。

使用期限を過ぎた消火器は速やかに更新してください。

 使用期限を過ぎたものは、破裂による人身事故の危険があります。放置せず、速やかに新しい消火器に取り替えてください。特に、腐食、傷、変形がみられる場合や、高温多湿な場所や潮風の当たるところに保管している消火器は、使用期限内でも操作に支障が生ずる場合がありますので、直ちに交換することをお勧めします。

消火器は圧力容器であるという認識を忘れないこと。

消火器は、本体容器内に充填された消火薬剤を圧力により放射し、消火を行なう容器です。

 消火薬剤を有効に放射するためには強い圧力が必要です。このため消火器の容器は、圧力に十分耐えられるよう国の定める規格により高い安全率をみて製造され、また本体容器の内外面には耐食及び防錆の加工を施しています。

消火器の中には、消火薬剤と圧縮されたガスの入った容器を内蔵した「加圧式」と、消火薬剤と圧力を封入した「蓄圧式」の2種類があります。

 「加圧式」の場合、消火器のレバーを握ると、内蔵された容器から本体内に圧縮された圧力が充満し、本体容器に強い圧力が掛かります。腐食の進んだものや傷等があるものは破裂のおそれがありますので、ご注意ください。

「消火器の使用期限について」の画像

このページの担当

消防本部 予防課
TEL:0258-35-2190  FAX:0258-36-8320
メール:syoyobou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。