• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

心肺蘇生とAED

最終更新日 2017年4月1日

みなさんの周囲で突然人が倒れたら、救命処置ができますか?
心臓や呼吸が止まった人の治療は1分1秒を争います。救急車が到着する8.6分間(全国平均時間)に“あなた”にはするべきことがあります。

救急蘇生法 PDFファイル (PDF 941KB)

心肺蘇生の手順

  1. 「安全を確認」
     倒れている人に近づく前に周囲の安全を確認しましょう。
  2. 「意識の確認」
     倒れている人へ呼びかけを行い、反応があるか確認しましょう。
  3. 「協力者へ依頼」
     周りに助けを求め、119番通報とAEDの手配をお願いしましょう。
  4. 「呼吸を確認」
     倒れている人が普段どおりの呼吸をしているか確認しましょう。
  5. 「胸骨圧迫」
     倒れている人に普段どおりの呼吸がない場合、あるいはその判断に自信が持てない場合は、胸の真ん中にある胸骨の下半分を、重ねた両手で強く(約5センチ)、早く(1分間に100~120回の早いテンポ)、絶え間なく(30回)圧迫しましょう。
  6. 「人工呼吸」
     30回の胸骨圧迫を行ったら、直ちに気道確保し、人工呼吸を2回行いましょう。
  7. 「胸骨圧迫と人工呼吸の継続」
     救急隊到着まで胸骨圧迫30回、人工呼吸2回を継続して行いましょう。

AEDの使用手順

 AEDは、電源を入れると、音声メッセージと点滅するランプで、あなたが実施すべきことを指示してくれます。落ち着いて指示に従いましょう。

あなたの勇気ある行動が、命を救います!!

このページの担当

消防本部 警防課
TEL:0258-35-2169  FAX:0258-36-8320
メール:syokeibou@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。