• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 児童ポルノ事件、被害の7割は女子中高生

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 児童ポルノ事件、被害の7割は女子中高生

児童ポルノ事件、被害の7割は女子中高生

最終更新日 2019年1月16日

最近の社会情勢

  • 全国の警察が摘発した児童ポルノ事件のうち、被害が判明した18歳未満の子供の約7割が中学生と高校生を占めています。また、そのうち自分の裸などを自ら撮影した「自画撮り画像」を送ってしまったのは約4割です。
  • 被害者は、SNS(ツイッター、LINEなど)を使って被害に遭っており、その多くはスマートフォンなどの契約時に「フィルタリング」(有害情報の閲覧を制限する機能)を利用していませんでした。
  • 長岡市内でも全国の事例と同様、女子中高生が、SNSを通じて知り合った犯人に裸などの「自画撮り画像」を送り、児童ポルノ事件の被害に遭っています。

防犯ポイント

フィルタリングサービスで有害サイトをシャットアウト!

保護者の方は、子どもにせがまれても安易にフィルタリングを解除しないでください。本当に必要なサイトやアプリがある場合には、フィルタリングのカスタマイズサービスを利用しましょう。SNSの利用を制限したい場合でも、カスタマイズサービスの利用が有効です。

個人情報の取扱いに注意しましょう!

インターネット上では、名前や年齢、性別などプロフィールを偽ることができます。
SNSで知り合った人に自分の名前などの個人情報を安易に教えるのは危険です。また、インターネット上に個人情報を掲載するとストーカー被害に遭う危険性もあります。

信用している相手でも自分の下着姿や裸の写真を送らないようにしましょう!

一度インターネット上に写真が掲載されると不特定多数の人に繰り返しコピーされ、完全に削除することは困難です。SNSもインターネットを利用しています。注意しましょう。

リンク先(新潟県警察ホームページ)

このページの担当

市民課 防犯交通係
TEL:0258-39-2206  FAX:0258-39-2258
メール:bouhan@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。