• くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 観光
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 「私は大丈夫。」本当に大丈夫ですか?

トップ > くらし・手続き > 防犯・交通安全情報 > 「私は大丈夫。」本当に大丈夫ですか?

「私は大丈夫。」本当に大丈夫ですか?

最終更新日 2019年1月17日

平成30年中の長岡市内における特殊詐欺被害発生状況

家族や警察官等になりすました詐欺電話による「オレオレ詐欺」は、65歳以上の高齢者がだまされてます。

平成30年12月末現在、長岡市内では5件の「オレオレ詐欺」被害が発生しましたが、いずれも65歳以上の高齢者が被害者です。あなたの年金等が狙われています。

未払い料金があるので「訴訟」を起こす等の詐欺メールや詐欺ハガキによる「架空請求」は、20代~50代がだまされています。

平成30年12月末現在、長岡市内では11件の「架空請求」被害が発生しましたが、そのうち9件は、20代~50代が被害者です。

犯人にだまされた被害者の心理

「オレオレ詐欺」の場合

  1. 家族だから電話の声を聞けば大丈夫。
  2. 身内のトラブルを助けたいという心理が働く。
  3. 身内のトラブル等恥ずかしい話を周りに相談したくない。
  4. 警察や公的機関を名乗る者からの電話だから、信用できる。

「架空請求詐欺」の場合

  1. 「訴訟」の文字に不安。
  2. 訴訟になると家族に迷惑がかかるという心理になる。
  3. 動揺しているため、犯人の指示に従ってしまう。

防犯ポイント

「オレオレ詐欺」の場合

  • 高齢者の家族が別居している場合、家族の近況を連絡し、「オレオレ詐欺」の手口を話題にしましょう。
  • 犯人は、自分の声を残すことを嫌います。在宅時も留守番電話設定!
    「あなたの声を録音します」とアナウンスする防犯機能付き電話機も有効です。
  • 「携帯電話番号を変えた」というフレーズが出たら、自分が把握している番号に電話をかけてみましょう。あなたの家族が電話にでるはずです。
  • 犯人は、警察や公的機関の信用を逆手に取ります。本当に警察や公的機関からの電話なのか、折り返し警察などに確認をしましょう。
    警察への問い合わせは「#9110」。

「架空請求詐欺」の場合

  • 不安になったら、1人で悩まず家族や警察にすぐに相談しましょう!
  • 犯人に連絡したら思うツボです。巧みな話術でだまされます。連絡を取らず無視しましょう。

【リンク先】新潟県警察本部

このページの担当

市民課 防犯交通係
TEL:0258-39-2206  FAX:0258-39-2258
メール:bouhan@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。