• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

DVとは

最終更新日 2020年4月1日

DVとは?

 配偶者などが相手を思い通りにコントロールし、支配するために暴力という手段を選ぶことで、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。さまざまな形の暴力が含まれます。

  1. 身体的暴力:殴る、蹴る、物を投げつける など
  2. 精神的暴力:大声で怒鳴る、殴る素振りをして脅す、無視する、バカにする など
  3. 性的暴力:性行為を強要する、避妊に協力しない など
  4. 社会的暴力:外出を禁止する、メールや電話を監視・制限する など
  5. 経済的暴力:借金を重ねる、生活費を渡さない など
  6. 子どもを巻き添えにした暴力:子どもに暴力をふるう、子どもに暴力を見聞きさせる、子どもを介して貶める、脅しの材料につかう など

長岡市の現状(平成27年度市民意識調査より)
 身体的暴力を受けたことがある・・・11人に1人
 精神的暴力を受けたことがある・・・7人に1人
 ※DV被害に遭うのは女性だけではなく、少数ですが男性の場合もあります。

被害者の「がまん」が、子どもへの虐待につながることも

 DV被害者の多くが20~40代の子育て世代の女性。子どもたちが家庭の中でDVに巻き込まれている可能性があります。

  • 子どもが、家庭内の暴力を目撃し、日常的に緊張感や恐怖感を経験している。
  • 子ども自身が、DVで行き場をなくした母親からの虐待を受ける。

 子どもが受けるダメージは、その後の長い人生に悪影響を及ぼすと考えられます。DVによって破壊されている家庭環境の中で子どもを育てることは、児童虐待にあたります。

配偶者暴力防止法(DV防止法)とは?

 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」といい、DVの被害者を守り、自立を支援するための法律です。
 事実婚や、別居中の配偶者からの暴力にも適用されます。また、外国人被害者にも適用されます。

DV相談窓口

 秘密は厳守しますので、安心してご相談ください。相談は無料です。
 ※命の危険を感じたら・・・すぐに110番へ!

相談窓口 相談・支援内容 相談時間 電話番号
長岡市配偶者暴力相談支援センター DVの相談、カウンセリング、被害者の安全確保や自立に向けたサポートなど

リーフレットはこちら
WORD(161KB)
PDF(408KB)
月・火・木・金曜日
午前10時~午後5時(受付は午後4時30分まで)
水曜日
午前10時~午後7時30分(受付は午後7時まで)
土曜日
午前9時~午後4時(受付は午後3時30分まで)
33-1233
(相談専用)
新潟県女性福祉相談所 離婚や男女問題、DV被害の相談や被害者の保護、自立のための情報提供 平日
午前8時30分~午後5時15分
(緊急保護の相談や受入は24時間)
025-381-1111
長岡警察署 生活安全課
(長岡・越路・山古志・栃尾地域)
DVに伴う事件相談、DV被害者の安全の確保、関係機関の紹介など 午前9時~午後5時15分 38-0110
見附警察署 生活安全課
(中之島地域)
63-0110
柏崎警察署 生活安全課
(小国地域)
0257-21-0110
与板警察署 生活安全課
(三島・和島・寺泊・与板地域)
72-0110
小千谷警察署 生活安全課
(川口地域)
83-0110
子ども・女性電話相談
(県中央福祉相談センター)
子育てや女性にかかわる問題の相談 毎日
午前9時~午後10時
025-382-4152

このページの担当

人権・男女共同参画課
TEL:0258-39-2746  FAX:0258-39-2747
メール:will@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。