• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

2013年9月インタビュー

最終更新日 2017年4月1日

  • 日本語
  • English
  • 中文

翻訳

「エルハム・ヌスラト」の画像
名前エルハム・ヌスラト
国籍 バングラデシュ

Q.自己紹介をよろしくお願いします。
A.私はエルハムです。バングラデシュの出身で今、長岡技術科学大学の博士課程の3年生です。よろしくお願いします。

Q.エルハムさんはいつ日本に来ましたか?
A.2008年9月に日本に来ました。

Q.大学は?
A.長岡技術科学大学の修士課程からです。
 今は博士課程の3年生です。
 8月に卒業し、9月から東京で仕事です。

Q.どんな企業に勤めるんですか?
A.企業はITサービス企業です。

Q.ちなみに大学では何を専攻していましたか?
A.経営情報システム工学専攻です。情報システムすることと経営システムを作ることです。

Q.バングラデシュのもので日本に紹介したいものがあれば教えてください。
A.バングラデシュの正月のお祭りを紹介したいと思います。お正月は「ポヒラ・ボイシャック祭」といって4月14日から始まります。これはバングラデシュ独自の年の数え方です。

Q.ポヒラ・ボイシャックでは何をしますか?
A.友達たちや家族と一緒に出かけて遊びます。また、お祭りでは伝統的な食べ物の出店や歌、伝統的な踊りを楽しめます。

Q.長岡の第一印象を教えてください。
A.長岡の第一印象は、大花火だと思います。
 私はフェニックスが一番好きな花火だと思います。

Q.バングラデシュでも花火をあげたりするんですか?
A.花火は、結婚式では少しずつあるけど、長い時間花火はしません。

Q.バングラデシュではどんな言葉を話しますか?
A.私たちはベンガル語を話します。

Q.ベンガル語で「こんにちは」はなんと言いますか?
A.「アッサラーム・アライクン」です。これは、イスラム教の言葉で、80%の人がムスリム(イスラム教徒)です。

Q.では、「ありがとう」をベンガル語で教えてください。
A.「ありがとう」はベンガル語で「ドンノバッド」です。

このページの担当

国際交流センター
TEL:0258-39-2714  FAX:0258-39-2715
メール:kouryu-c@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。