• 総合メニュー
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 産業・ビジネス
  • 市政
  • シェア
  • ツイート
  • 送る

悪質商法とは

最終更新日 2017年4月1日

 悪質商法は、一言でいえば人の弱みにつけこんで、言葉たくみに高額な商品等を売りつける商法です。
 その手口は実にさまざまで、街で声をかけたり、訪問販売やダイレクトメール、電話勧誘等があります。「金が儲かる」「美しくなる」「無料」等の甘い言葉で相手のペースに巻き込まれ、気がついたときには契約書にサインさせられてしまうのです。

架空請求 覚えのない情報料や未納料金などをハガキなどで請求してくるもの。法律事務所や公的機関名と思わせる名を語るケースが多い。
点検商法 点検をすると言って家に上がり込み、「シロアリがいる」「布団にダニがいる」などと不安をあおって新たな契約をさせます。
-事例-
「近所で床下の工事をしている。あいさつ代わりに床下を無料点検する」と業者が訪れたので見てもらった。「湿気で柱が腐りそうだ。ちょうど床下換気扇を持っているので、今日なら通常の半額で工事をする」と言われ契約し、すぐに工事をしてもらった。後で知り合いの大工さんにみてもらったが、柱に異常はないと言われた。
かたり商法 公的機関や有名企業の職員かのように装い商品等を売りつける。
振り込め詐欺 家族や弁護士を装い、交通事故・痴漢などを理由に示談金などの名目で、すぐ必要だからと、お金を振り込ませる。電話で「おれおれ」と息子を装う事が多かったので「おれおれ詐欺」とも言われた。
ワンクリック詐欺 メールに添付されているURLをクリックすると突然「登録されました」等と表示され不当な料金を請求される。無料サイト等にアクセスして、いきなり登録になるケースもあります。
フィッシング詐欺 金融機関やオンラインショップ等からのメールを装い、氏名・住所・口座番号・クレジットカード番号・パスワード等を返信させたり、偽りのホームページのフォーム等にこれらの個人情報を入力させ、金銭を騙し取る行為。
ネットオークション詐欺 代金を振り込んだのに商品が届かず連絡も取れなくなる。匿名での取引もあることから個人情報を悪用し、他人になりすまして参加し詐欺をはたらくケースもあります。
無料商法 「無料」をセールストークに人を集めて高額な契約をさせる。
アンケート商法 「アンケート調査」を口実に近づき「このままではシミ・シワになる」等と不安をあおって化粧品などを売りつける。
資格商法 電話で「受講すれば資格が取れる」等と勧誘し、講座や教材を契約させる。さらに以前の契約者に対して「生涯学習になっている」等と言い新たに請求する二次被害が多い。
-事例-
職場に執拗に勧誘電話があり、資格取得講座の契約をした。数年後また電話があり、「以前の契約は生涯継続。終わらせたいなら登録抹消料を払う必要がある」と言われ承諾した。業者から届いた契約書面は、資格教材の申し込み書になっていた。
マルチ商法 儲かるからと販売組織に誘い、商品を契約させ、それぞれが加入者を増やせばマージンが得られるという商法。勧誘時の話と違って思うように加入者を増やせず商品のローンや在庫を抱えることになる。
-事例-
大学の友人に誘われ、ネットワークビジネスの説明会に行った。「月に100万円の収入」という夢のような話を聞き加入した。学生ローンで借金をして健康食品を購入したが、加入者は見つからず在庫を抱え、借金の返済もできない。おまけに「怪しい商売をしている」とうわさが立ち、友人関係が壊れてしまった。
催眠(SF)商法 「新商品を紹介する」等と言って人を集め、閉め切った会場で生活用品等を無料で配り、得した気分にさせ、最後に高額な商品を契約させる。
-事例-
スーパーマーケットの開店セールに出かけた。店の近くで「プレゼントがありますよ」と声をかけられ、仮設テントに行った。中では「早い者勝ち」と台所用品が配られ、我先にと手を挙げているうちに興奮状態になった。「最後は今日の一番のお勧め。高級羽毛布団50万円がたったの30万円」とのかけ声に思わず契約してしまった。翌日返品しようとしたが、もう仮説テントはなかった。
内職商法 「資格・技術を身につけて在宅ワークで高収入」等と勧誘し、実際は材料や高額な機械を売りつけるもの。ほとんど収入は得られない
-事例-
「パソコン内職をしませんか」と電話がきた。「パソコン検定に合格すれば仕事を紹介する。教材で勉強すれば、誰でも合格する。内職した収入で教材代を支払えば負担もない」と言われ60万円の教材をクレジット契約した。勉強したが、難しくて検定に合格できない。教材代だけが毎月引き落とされているうえに、業者と連絡が取れなくなった。
ネガティブ・オプション 商品を一方的に送り付け、受け取った以上支払わなければならないと勘違いして支払うことを狙った商法。代金引換郵便を利用した例もある。
-事例-
福祉団体を名乗るところから、注文した覚えのないハンカチセットが届いた。「寄付のお願い・一口3000円」とあり、そのままもらっておくのも気が引けたので、お金を振り込んだが、その福祉団体は実在していないことが分かった。
キャッチセールス 駅や繁華街の路上で呼びとめ、喫茶店や営業所に誘い込み契約書にサインするまで帰れない雰囲気にして商品等を契約させる。
-事例-
駅前で「無料でエステを体験してみませんか」と声をかけられ、店について行った。肌を診断されて「年齢の割りに肌の状態が悪く、このままでは大変なことになる。でも、この美顔器と化粧品を使えば大丈夫。クレジット払いなら月1万円の支払いで買える」と言われ、契約してしまった。家に帰り契約書を見たら総額30万円の契約だった。支払える自信がない。
アポイントメントセールス 電話で「景品に当たった」等と言い呼び出して商品等を契約をさせる。
-事例-
「抽選で当ったので、プレゼントを取りに来て」と電話がきた。事務所に出向いたところ、アクセサリーを勧められた。断わって帰ろうとしたが、3人の男性に囲まれて5時間も説得され、このままでは帰れないと思い契約してしまった。
デート商法 出会い系サイトやメールを使い異性間の感情を利用し、断りにくい状況で商品等を契約させる。契約後はたいがい連絡が取れなくなる。
-事例-
知らない男性から、間違いメールが何度も来た「あて先が違います」と返信したことがきっかけで交際へと発展。何度かデートしているうちに、「仕事の売り上げが悪くて困っている絵画の即売会があるから協力してくれないか」と頼まれ、50万円の絵画を契約した。両親に「お前はだまされている」と怒られたが、彼のことを信用しており、解約すると嫌われそうで怖い。

悪質商法は、年々巧妙化してきて、さらに新しい手口もでてきます。必要のないものは、毅然とした態度で断りましょう!あいまいな態度はトラブルのもとです。

このページの担当

消費生活センター
TEL:0258-32-0022  FAX:0258-39-5050
メール:syohi_c@city.nagaoka.lg.jp

このページに関するアンケート

質問:このページの情報は役に立ちましたか。
情報の内容   
質問:このページは見つけやすかったですか。
見つけやすさ   
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか。
たどり着き    
質問:長岡市ホームページはどれくらいの頻度でご覧になりますか。
頻度   
このページの内容の改善についてご意見がありましたらご記入ください。
その他 記載いただいた御意見は、参考とさせていただきます。
回答が必要な内容に関しましては、上記担当部署へ直接お問い合わせください。